コンフェデレーションカップ、サッカー日本代表がギリシャに勝った直後ですが、

こんなF1はじめて観ました!
間違いなく歴史的大事件です!

録画していてヨカッタ〜(爆)

ミシュランタイヤ勢7チーム14台がレーススタート寸前にFIAをボイコット!マクラーレンメルセデス、BMWウィリアムス、ルノー、トヨタ、BARホンダ、ザウバー、レッドブルはフォーメーションラップの後ガレージに直行。レースをスタートして現在周回しているのはブリジストンタイヤのフェラーリ・ミナルディ・ジョーダンの3チーム6台のみ。

アナウンサー曰く史上最低のグランプリ・・・_| ̄|○

ウソだと言ってよバーニィ(爆)

しかし、お客さんがどんどん帰ってしまうようなこんな状態でも、ヌケヌケトップを走るところがミハエル・シューマッハらしくて良い♪(爆) 仲良くルーベンスとランデブーしていて全然飛ばしてないけど、そんなペースでも後ろ2チームはとてもついて行けません。

ジョーダンとミナルディは超本気。だって表彰台ですよ?ジョーダンは時々忘れた頃に表彰台に立っているのでともかく、(昨年のブラジルでフィジケラが優勝など)万年最下位のミナルディにとっては正に奇跡に近い展開(爆)

事の発端は、今回持ち込んだタイヤの安全性が確保できないとして、ミシュランが緊急に空輸したタイヤとのレース前交換許可を要請。ブリジストン側も了承。しかし、FIAは許さなかった・・・。

一体誰が悪いのか?

高いお金払ってチケットを買った観客からするとFIAは最低。ブーイングして帰りはじめてます。アメリカのお客は凄いね。鈴鹿ならたぶん半分以上帰らないな(滝汗)ドライバーからすると、自分たちの安全を優先したチームは英断。

とはいえ、そもそも安全性の確保できないタイヤを持ち込んだのはミシュラン。ラルフの事故(彼は前もここで同じ様な事故で大怪我をしてる)で発覚したのですがタイヤが危険だと認めたところはかなり偉いけれど、これ自体はミシュランのミス。タダで交換を要求するのは筋違いですが、事は安全性、ドライバーの命に関わる重要な問題です。レギュレーション違反だからといって認めないFIAも頭硬すぎ。

このタイヤ交換に関してのレギュレーションには最初から疑問に思っていましたが、例えば、レース中にパンクしても交換して良いのはパンクしたタイヤのみ。レーシングカーのバランスと安全性を考えると、4輪(せめて左右2輪)とも交換するのが最も安全で合理的なはず。危ないタイヤを作ってしまったミシュランが悪いとは云え、何らかのペナルティを覚悟して、レース序盤にミシュラン勢全ての4輪を交換する事が出来なかったのか? わざわざ対策タイヤを緊急空輸でフランスから持ち込んでいるわけですから、タイムロスやペナルティを受け入れてでもタイヤ交換をすべきでなかったのか?フェラーリの独走を許すにしても、ジョーダンやミナルディの遅さは折り紙付き。多少のタイムペナルティは上位チームにとってはハンディにもならないです。レースをそういう形で続ける抜け道が全くなかったのか?

ドライバーの安全性を優先したといえば聞こえは良いですが、タイヤ交換のために序盤数回ピットインするとかして、実はそれなりの形でレースを続けられるにもかかわらず、それもボイコットしたとしたらお客さんにとっての謀反とならないか?何故ブリジストン側が敢えて歩調を揃えてレースをボイコットしないのか?やはりミシュラン側が安全にかこつけて、何か都合の良い事をほざいてないのか?

そして、FIA、わけわからん。まともな話・交渉が出来ない相手らしい。幾らでも解決策があるのにどうしてこうなる? 少なくとも状況的にFIAが安全性を重視している訳ではないのは確か。ルールは毎年意味不明な程変更するし、それで実際タイヤの危険性は増しているし、そのルールを少しでも外すと徹底的に制裁。前回もトップを走るのモントーヤを失格にしたりね(失格にするほどのことか?)まさに杓子定規のお役所体質。どこぞの専制君主とやっていることが一緒。F1の為にはもはやFIAを関係者とファンが力を合わせて潰した方が良いと思う。

色々な意味で今後に一石を投じる興味深いグランプリだ〜。
はてさて、どうなることでしょうか?下手をするとF1という興業自体が無くなりかねない異常事態です。アメリカ人のプライドを傷つけた事を考えたら、来年のアメリカグランプリはもしかすると無くなるかも???

ピュアオーディオRANKING←F1マシン並みの速さでクリックする♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加