今回はお洒落でスタイリッシュなヘッドフォン2機種と、
私が長年愛用しているインナーイヤーホンを紹介します♪

au by KDDIのCMで、妻夫木 聡さんがつけているヘッドホンが、オーディオテクニカ製のATH-EM9RCMギャラリーで動画が見られます

audio-technica ATH-EM9R

ついでに平型ジャックの携帯電話とヘッドホンを接続するための変換ケーブルはこちら。
オーディオテクニカ 変換コード(携帯電話:平型⇔ヘッドホン)AT3A30T/0.6オーディオテクニカ 変換コード(携帯電話:平型⇔ヘッドホン)AT3A30T/0.6

それから、個人的にちっょと気になっているのがドイツ・ゼンハイザーのPX10

抜群の音響性能!!ドイツSennheiser(ゼンハイザー)ヘッドフォン PX10

スポーツをしながら音楽を楽しむ目的で開発されたこちらのヘッドフォンは、抜群の軽さと、激しい動きにも対応する独特のデザインが特に欧米で人気!イヤホン部にスポンジやラバーを使用しないので、汗をかいても気になりません。また、イタリアの有名自転車選手や、アメリカの有名フリークライマーにも愛用されるなど、「お気に入りの音楽をフィットネス時にも使いたいっ!」という方に最適です。ストリートでも活躍するシンプルなデザインは、音楽をスタイリッシュに楽しむことを実現してくれます。

管理人は普段、外出中にモバイルノート パナソニック Let's note"CF-T2"で音楽やネットラジオを聴く時の為に、ドイツSENNHEISERのMX400を使っています。パソコンで音楽?なんて思われるかも知れませんが、パナソニック Let's note"CF-T2"のヘッドフォン出力は意外なくらい音質が良く、下手なポータブルCD/MDプレーヤーやmp3プレーヤー等の携帯音楽プレーヤーの音質を軽く凌駕する品位。しかも音楽データは非圧縮で丸ごとハードディスクに取り込みますので、圧縮音源による音質劣化の弊害もありません。

MX400は、インナーイヤースピーカーとしては割合低価格なモデルですが、音質は流石ゼンハイザー。このクラスでありながら、これ程音質に優れ、聴感バランスが良いインナーイヤフォンを私は他に知りません。1万円を切るクラスの中途半端な音質のヘッドフォンと比べても、遥かにHi-Fiでアダルトなサウンドが得られます。勿論iPod用にもお薦め♪そこらの出来の悪い国産イヤホンとはまるで次元が違う高品位な音がします。

MX400と、上位機種のMX500は既に製造終了で店頭在庫を残すのみ。現在はMX450及びMX550
へ切り替わっているみたいです。

実は私、MXシリーズのような普通のインナーイヤーフォンを装着した場合、耳の形状の問題でしばしば耳から落下してしまうという問題があったりします。基本的に使用中はあまり身動きが出来ません。ですから、通勤/通学で使う場合など、目立つのを覚悟でヘッドホンを持ち歩くか、イヤーフックのあるインナーイヤーホンが必要。冒頭で紹介したaudio-technica製のATH-EM9Rもありますが、デンマークB&Oバング&オルフセンイヤフォン「A8」などは、やや高価ですが音質面でもMX400を凌駕するクリアネスと上質感があり、素晴らしいイヤーフォンですので、ヨーロッパ品質のより高いクオリティほお求めの方々には特にお薦めです♪

予算の制約の中、敢えてゼンハイザー製品の中から探した場合、先に紹介したPX10がやはり良さそう。正規品でもかなり廉価なミニヘッドホンですが、並行輸入品ですと実は↓こんなに安く買えたり・・・(滝汗)
SENNHEISER ゼンハイザー PX10
SENNHEISER ゼンハイザー PX10

携帯音楽プレーヤー用に、iPodに、ノートパソコンに、皆様も一味違うヨーロッパサウンドのミニヘッドフォンを使ってみては如何でしょうか?d(^_-)

 【SENNHEISER MX400〜MX550を検索】
Yahoo!JAPANショッピング
 【SENNHEISER製品を検索】
Yahoo!ショッピング ■楽天市場 ■Joshinwebicon

ピュアオーディオRANKING←爽やかな風のようにクリック♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加