皆さん、カーオーディオの音質がバッテリーで大きく変わることをご存じでしょうか?

数日前のことです。病院の帰りにいつもの様に行き付けのガソリンスタンドで給油。ここは24時間営業でガソリン自体は地域最安のセルフシステムながのですが、昼間は整備クルーが多く、色々なピットメニューがあるサービスの良いのスタンドです。夏にはG'ZOXというボディーコーティングをフルコースでしてもらい、それ以降、月に一回のG'ZOXコーティング専用メンテナンス洗車をお願いしています。

店内は割と居心地の良い小綺麗なカフェスタイルになっていて、作業を待つ間、パスタやエスプレッソを注文し、残った事務仕事を片付けるのがいつものスタイル。洗車やメンテは案外時間がかかるので、待ち時間が有効に過ごせる環境は大切。

給油の後、手洗い洗車の依頼と此処まではいつも通りだったのですが、今日に限っていつもに比べ、ピットからなかなか車が出てこない。どうしたのだろ〜?と思っていたら、店内に整備担当のお兄さんが来て一言。

"エンジンがかかりません、バッテリーが上がってしまったようです(´Д`;)"

・・・ありゃま。

ところで車のバッテリー交換したのはいつだったっけ?
メンテはこまめにする方なので、そんな大昔である筈はありません。ボンネットを確認したところ、どうやらバッテリーに交換日が記載されていて、交換から1年と8ヶ月目のようです。国産の某有名メーカーのもので、整備手帳の中にはしっかり2年6万kmの保証書も入ってましたが、保証期間2年を待たずしてあっさりご臨終されたようです(-_-;)

10年近く車に乗っていて、バッテリー上がりを経験したのは今回が初めて。お逝きになったのがたまたまガソリンスタンド内で助かりました(^^;そうでなければまたJAFを呼ぶ羽目になっていたかもです・・・(実は別件では何度もお世話になっていたり)

今回上がってしまったバッテリー、いわゆる廉価な標準クラスのもの。先代の車の時からバッテリーはボッシュ(重い・でかい・高い)と決めたいたのですが、確か前回の交換時に丁度手持ちが少なく、フロントの軽量化だとか理由を付けて、ボッシュより2回り小さい(自動車メーカーの純正サイズ)、価格も半額程度のモノを入れていました。

しかし、どうやらそれがまずかった。。。
当時バッテリー交換して直ぐに気がついた点が、
カーオーディオの音質が妙な感じになったこと。。。
普通、劣化したバッテリーを交換した場合、電圧が回復する分、ボリュームが上がって聞こえたり、音質がそれなりに良くなるのですが、なんというか、高域がなまった感じのたるい音になった。

こんなもんかなー???と怪訝に思いながらも、まぁ音質のためだけにバッテリーを直ぐに乗せ換えるのもアレですので、とにかくそのまま使っていたわけです。数ヶ月して次ぎに異変が起きたのがナカミチ車載CDプレーヤー。元々CD-R再生には対応していないモデルで、車載用にマランツ CD-R630で作っているコピーディスクの場合、演奏中に時々音飛びを起こすことがあったのですが、その症状が日を追う毎に酷くなり、最近では再生中にストップ/リピート状態になってしまうCD-Rが多数発生する始末。こうなるとまともに聴く気になりません。お陰で最近は無意識にFMばかり聴くように・・・(汗)そんなこんなで、そろそろピックアップの寿命が来たかな〜などと漠然と考えていた所です。

話をスタンドに戻します。

私:それで、バッテリーはおいくらですか?

整備のお兄さん:○千円くらいです。

私:や、安いですね。でも、またバッテリーが上がるとイヤですので、一番高いグレードのはおいくらになります?


どうも店長に確認しに行ったのか暫く待たされた後、
説明を要約すると該当するサイズのハイグレード品の在庫がなく、取り寄せると価格は○万○千円(注:定価!)とのこと。流石にこれは幾ら何でも高すぎる。。。

オートバックスではBOSCH製がその半額ですよ〜?と話したところ、再び事務室に確認に行き、2割引くらいには出来ますとの事。どちらにしろ、今直ぐには安物しか入れられないのですが。(また安物入れるなら保証書提示して新品交換の方がお得だしぃ・・・)

ちょっとお値段が話にならないので内心参ったなと思ったのですが、このピット担当の彼はとても感じのいい人。独ボッシュのバッテリーが買える近隣のカー用品店まで走るために、エンジンをかけるだけならタダでやってくれるとの事で、ブースターケーブルを持ってきてエンジン始動してくれました(*^-^*)。

その足で直ぐさま近所のスーパーオートバックスに車を入れ、エンジンをかけたまま店内に赴き事情を説明。無事に昔使っていたものと同じ、ボッシュのMEGA POWERバッテリーへ交換して貰えました。(確か以前のモノはSRXだかSRXXという名前で少し容量が少なかったです。)
BOSCH(ボッシュ) MEGA POWER(メガパワー)バッテリー MP-90D26R
作業終了のサインをしてピットでおもむろにエンジン始動。
まず、ヘッドライトの明るさが違う。ちなみにCATZのギャラクシーホワイトを入れてます。ピットからの出足のトルクも一段増した感じでスムーズ。これはかなりイイ感じ♪

そしてCD-Rを再生。元はグラモフォン、イーヴォ・ポゴレリチのハイドンピアノソナタ集。いや、この時までバッテリーによる音質劣化がある事はすっかり忘れていたのですが、出てきた音にびっくり!!!今までと全然違うじゃないですかぁ♪

まず音色が違います。、そうこれは懐かしい音色・・・
2年前まで当たり前に聴いていたあの音です。透明度の高い高域、低域の厚み、音像のしっかりとした骨格と構築の豊かさ、細部の動きが手に取るように判り、ついつい音楽に意識が引き込まれていく生き生きとした音の動き。今まで気付かずに如何にしょぼい音を聴き続けていたのかを、今更ながら思い知らされました(滝汗)

そして、驚いたことがもう一つ。このCD-Rはここ最近ずっと、ある決まった2ヶ所で延々リピート状態に陥っていたのですが、全く音飛びの兆候を起こす事無く、問題無く1枚を再生し切りました。その他の音飛びCD-Rでも同じ。要するに、ナカミチのピックアップが弱っていたのではなく、バッテリーが弱って電圧が不安定になっていた結果、CDプレーヤーのサーボトラッキング能力まで不安定にしていたようです。これで音飛びにイライラすることなくまた以前のようにCDを楽しめそうです。

たかがバッテリー、されどバッテリー。保証期間だから未だ大丈夫なんてなめてかからない方が良いです。更に寿命超過なんてもってのほか。安全面のみならず、少しでもカーオーディオの音質にこだわるなら、皆さんも是非ハイグレードクラスのバッテリーを入れてみて下さいませ♪

それから少なくとも2年に一度の定期交換を忘れずに!JAFの緊急出動要請に於ける圧倒的第一位が今も昔もバッテリー上がりなのですから。

最後に、検索していて気がついたのですが、楽天Yahoo!ショッピングでは、同じボッシュバッテリーがオートバックスイエローハットの更に半額近い値段で買えるのね!うぐぅ・・・_| ̄|○
次はバッテリーが上がる前にちゃんと自分で作業やります。しくしく。
Haydn: Klaviersonaten 19 & 46
B000001GGBFranz Joseph Haydn Ivo Pogorelich


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(注:私のは独輸入盤ですが、大変高音質で演奏も秀逸。こんなハイドンの解釈も私は好き。明るくBGMにおすすめ♪)

ピュアオーディオRANKING←クリックするが良い♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
カーオーディオ に参加中!