例によってモーニングタイムはNHK-BSハイビジョンのハイビジョン・クラシック倶楽部。今日の演奏は2005年1月22日トッパンホールでの収録。曲目はサン=サーンス(第1番)とラヴェルのバイオリンソナタです。フランス人ヴァイオリニストのルノー・カプソン(キャプソン?カピュソン?、綴りはRenaud Capuçon)って恥ずかしながら詳しく存じ上げなかったのですけれども、

なにこれっ!!!演奏素晴らしすぎますっ♪

出てきたご本人、私とおない年なのですけれども、なんか童顔で可愛いというかちんちくりんのぼうや風。。。(^◇^;) お顔は上品で悪くないのですが、オモシロ系オーラが出ていて、まるでバック・トゥ・ザ・フューチャーのマーティみたいw


表現は・・・カッチリしているのに躍動的、ノリノリの演奏にお客さんブラ〜ボぉ連発!フランス人は歌い方がやっぱり一枚上手だょ〜♪ それから奏法(立ち方)がオーギュスタン・デュメイにやたら似てる気が!?同じフランコ・ベルギー派だからなのかぁ?・・・ぶっちゃけ、コビトデュメイというか(爆)
  
・・・と思ったら、↓こちらのアルバムのシューマン・ピアノ五重奏曲で第2ヴァイオリンを弾いてるのが彼みたいです。


あひゃ、持っているのに気付かなかったでござる・・・orz ちなみに今回のリサイタルは伴奏がパウル・グルダ。ルノー・カピュソンが良すぎて少し霞んでしまっていましたがオーストリアの名ピアニストフリードリヒ・グルダの長男です。


字幕テロップを見ているとオーギュスタン・デュメイに師事・・・な〜る、スタイルが似るワケですね(^^) ついでに名ヴァイオリニストで作曲家のフリッツ・クライスラーが使用していた1721年製のストラディバリウスを愛用???


あれっ???それってたしかデュメイの楽器じゃ〜?とか思ってwWikipediaをみると、デュメイからカピュソンに渡ってるみたい・・・それでは今のデュメイは何を使ってるの〜とか思ったのですが、リサイタル録画時はカピュソンはこのストラディバリ弾きだったのが、2005年12月以降はアイザック・スターンが使っていたガルネリを使っているそうです。む、この録画、クライスラーのストラド+カプソンという事で貴重かも。でもって、今現在デュメイのヴァイオリンは何なのよ〜って気になりすぎて眠れなくなっちゃうので、知ってるエラい人は教えてくれよん?



ついでにこちらは↓ルノー・カピュソンの彼女バイバ・スクリデちゃん。ラトビア人だそ〜です(*^-^*)

今回のクラシック倶楽部で放送されたリサイタルですが、2/21日水曜日午後にNHK BS-Hiで再放送します。ご興味がおありの方はぜひぜひ録画してみて下さいねっ♪
《Last modified 2018/04/10》

ピュアオーディオRANKING←クリックする気ある?♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
クラシック に参加中!