管理人は普段、外はともかく家ではイタリア料理中心の食生活(それしか作れない)なのですが、長年気に入って使い続けてきたパスタのブランドが有名なBuitoniでした。大手スーパーや食料品店なら日本中どこでも取り扱っていましたので、日本人なら大抵の人がいつのまにか口にしていると思います。

オーディオアナログ インテグレーテッドアンプ プッチーニ・セッタンタ
プッチーニのレビューはこちら

ブイトーニはイタリア、トスカーナ地方で1827年創業。2世紀近い歴史がある世界的に有名なパスタブランドです。創業者はジュリア・ブイトーニという若い女性。土地を抵当に入れ唯一の財産であった真珠の首飾りを質に入れてパスタの製造器を購入し、パスタの製造を始めたそうです。蝶々夫人、トスカなどオペラで有名な作曲家、プッチーニが愛したパスタとしても知られ、ブイトーニのパッケージにはこの様なことが書かれていました。

「親愛なるBuitoni様。パスタのロングとショートを4〜5kgお送りください。いつも感謝しています。」
1916年ブイトーニに届いた手紙の差出人は「蝶々夫人」などの名曲を生み出したことで知られるオペラ作曲家ジャコモ・プッチーニ。大作曲家も愛したブイトーニのおいしさは、創業から1世紀半以上たった今も変わらずしっかりと受け継がれています。ブイトーニ

ブイトーニはスーパーで売られている廉価なパスタですので、特別なパスタというわけではありませんが、小麦の色味が黄金色で濃く、高温短時間乾燥による独特のつるつるとした食感と飽きの来ない味は、他の銘柄にはかえられない魅力があります。勿論、今でもデュラムセモリナ粉100%のイタリア産パスタ。ここ数年で日本でもメジャーになったイタリア国内シェアNo,1ブランドのバリラもブイトーニと似たようなテイストのパスタですが、私はBarillaよりもブイトーニが好き。バリラは以前、日本製粉が国内でライセンス生産した物があったのですが、あれはまずかった。。。。今でも作ってるのかしら? それから良く売られているディチェコ(DECCECO)は低音長時間乾燥のパスタで、色が薄く透明感があり、表面がザラザラとした食感はブイトーニとは正反対に近いものです。プッチーニ

私はブイトーニのスパゲッティーニが量販店で1kg300〜位のセールがある時に、決まってまとめて購入して、普段使いにしていました。ところが、このブイトーニのパスタが、昨年秋頃から店頭で見かけなくなって来たのです。最初は近所だけかと思っていたのですが、気付くと何処にも見当たりません。調べてみると、どうも輸入元のネスレがブイトーニの国内販売から2007年8月末で撤退したらしく、何ともう手に入れることが出来ないという事態になってるのでした・・・orz
(あくまで販売中止であって・・・倒産とか製造中止ではないと思う)

昨今のユーロ高と小麦の大幅な価格上昇で、輸入商社としては廉価販売での採算が採れなくなったのかもですが、こうも見事に店頭からすっかり消えて無くなるのは誠に悲しい限りです。ディチェコBarillaもそれぞれ美味しいですけど・・・味がかなり違うんですよねぇ。。。値上げでも構わないので取り扱いを続けて欲しかったです。

ブイトーニ No.71 スパゲティーニ 1.6mm 5kg

既に買いだめしておいた分が少なく、補充しようとしたらこの状況。。。焦って楽天市場Yahoo!Shoppingで検索したら、一軒だけBuitoni業務用パッケージを販売されているお店がありました。ただ、取り扱いは1.6mmのスパゲッティーニのみで、1.9mmのスパゲッティ(ブイトーニはこっちの方が美味しい)は無いみたい。。。とりあえず、こちらのお店で緊急確保しましたが、今後はどうなることやら・・・。
プッチーニ:作品集プッチーニ:作品集
フィルハーモニア管弦楽団

ユニバーサル ミュージック クラシック 2005-03-23
売り上げランキング : 4568

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ピュアオーディオRANKING←パスタ大好きみんなでクリック♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
イタリア料理 に参加中!