うわ、人がこない〜(涙)一昨日の半分くらいしかアクセスがありません。なんでしょうこれは?・・・orz 主要キーワードでの検索順位は特に変動していない・・・と思ったら、”オーディオ入門”がどうやら弾かれてる。 "初心者さんの為のピュアオーディオ入門"と書いておきながら関連記事を3年前から放り出したまま放置プレイだったりするので仕方ないか・・・ぼちぼ書き直して続きも追加しようとは思っているのですけれども・・・、誰も見に来ないのでしたら別に書かなくても良いよね(謎) そんな感じでオーディオネタを投下する気力が微妙に萎えてしまいましたので、例によって余り読まれないっぽいクラシック音楽に逃避〜d(^^;

◆本日の一枚

レイチェル・ポッジャー(Rachel Podger) モーツァルト ヴァイオリンソナタ集第3巻 ハイブリッドSACD英国輸入盤
Mozart: Complete Sonatas for Keyboard & Violin, Vol. 3 [Hybrid SACD]
Mozart: Complete Sonatas for Keyboard & Violin, Vol. 3 [Hybrid SACD]Wolfgang Amadeus Mozart Derek Adlam Gary Cooper


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『W.A.モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ全集 Vol.3』
【曲目】
  ヴァイオリン・ソナタ 第40番 変ロ長調 K.454
  ヴァイオリン・ソナタ 第13番 ハ長調 K.28
  アンダンテとフーガ イ短調 K.402
  アンダンテとアレグレット ハ長調 K.404
  ヴァイオリン・ソナタ 第3番 変ロ長調 K.8
  ヴァイオリン・ソナタ 第36番 変ホ長調 K.380
【演奏】
  レイチェル・ポッジャー(ヴァイオリン)
  ゲイリー・クーパー(フォルテピアノ)


Rachel Podgerというイギリスの女流バイオリニスト(1968年生まれ)が、モーツァルトのヴァイオリンソナタ全曲録音に挑んでいることは何故か知っていたのですけれど、店頭で見かけるSACDが何せ高い。大体2500円〜3500円もしますので管理人は当然の如くスルーしていたのですが、先日Amazon.co.jpをたゆたっていたら、なんと第3集だけ1000円以下で売られてる♪ 何の間違いか知りませんがそそくさと確保。届いたSACDにはチャンネルクラシックスのカタログがセットになっていて、カタログ抱き合わせの廉価企画盤って事なのかも。。。。とりあえず現状で第6集まで出ているらしいですので既に全集が揃ってるのかしら???

レイチェル・ポッジャー・モーツァルトで、特に何の予備知識も感慨もなく(購入理由がSACDで安いからってだけです・・・)再生してみると・・・飛び出すびっくり高音質に腰が抜けそうになった(笑) いやこれ、本格的なSACDプレーヤーを持っていない私は例によってCDレイヤーをサブシステムのCREEK EVO-CDで再生しているのですが、あまりの高音質にCDレイヤーの音がSACDにしか聞こえません(@_@;)正にオーディオマニアもびっくり♪って奴です。

更にもう一つ驚いたのが、ポッジャーのヴァイオリンがピリオド楽器(古楽器)で、ピアノのゲイリー・クーパーはフォルテピアノだったこと。モダン楽器だと思い込んでいたので・・・(滝汗) 当然ながら調律はバロックピッチ。・・・お陰で最初何の曲か判らなくなったとです(^^; 私、実はあまり古楽器の演奏って好きじゃなかったりします。古楽器の音色は好きなのですが、時に学術的解釈に寄り過ぎて死ぬほど”つまんない”演奏が氾濫していたりする。で、やっぱモダン楽器の演奏と演奏家には古楽器はやっぱり表現力の面で敵わないなぁ・・・なんて僭越ながら思っていたりする訳ですが、この、レイチェル・ポッジャー&ゲイリー・クーパーの演奏はまるで違う。古楽器を自由自在にあやつり、モダン楽器並みの抑揚表現と明るさ、ダイナミックな生命力を生み出しているんです。それでいて全く下品にはなってません。解釈は十分現代的で情緒豊かながら、ピッチが低いことも相まって、爽やかな清涼感さえ漂う何度も繰り返し聞きたくなる演奏になってる。

手持ちのモーツァルト・ヴァイオリンソナタ選集・・・となると、以前に紹介したアンネ・ゾフィー・ムターの選集がありますけれども、こちらは定番で評判の良い演奏ではありますが、録音はドイツグラモフォンにしては鮮度が足りずイマイチ感がありますし、なにより演奏がくどいといいますか、聴いていると脳みそも体の血流も怠くなってくる。モーツァルトなんて適度にピコピコ演奏しておけば人も草花も犬猫も踊り出すような曲ばかりの筈ですが、ムターの演奏は凝りすぎてて自然な流れが遮断されてる気がします・・・ヴァイオリン協奏曲全集の方は悪くないんで、ピアノのランバート・オーキスの演奏が原因かも。とりあえずアコースティックリバイブのRD-1で消磁すると聴けるようになります(汗) ムター/オーキス盤と比べると、誤解を恐れつつ独断と偏見で書いてしまうと、ポッジャー/クーパー盤はほぼ全面的に優れていると思うです。音質も、音楽性も、演奏解釈も!てゆ〜か、もしかしてこれ21世紀の新定番?演奏として君臨して良いんじゃ〜♪ってな素晴らしさでしてよ♪ ちなみに使用されている楽器は、バロック・バイオリンが1739年ジェノヴァ製Pesarinius。フォルテピアノは1795年ウィーン製Anton Walterのレプリカで1987年製だそうです。

モーツァルト・ヴァイオリンソナタ第3集SACDを聴いて管理人はこの2人のファンになりました!他の5枚とRachel Podgerのそれ以外のCDも全部欲しい!のですけれども・・今の価格では高くて手が出ませんわ(T_T)

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集 第25・28・34・35番

モダン楽器でのモーツァルト・ヴァイオリンソナタの演奏で気に入っているのが、オーギュスタン・デュメイ/マリア・ジョアン・ピリスの演奏。2人が録音した他のCDと比べて、テンポが速くあっさりスッキリとした明るい演奏でまとめられています。ついでにこのCDもDGらしい好録音盤。惜しむらくは25/28/34/35番の4曲のみで終わってしまったこと。あんなに価値観が合うと電波飛ばしまくりでしたたのに、離婚されてもうこの2人の息の合ったCDは出ないのでしょうか・・・。

ピュアオーディオRANKING←クリック数が不足していましてよ♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
クラシック に参加中!