久々PCオーディオ&デスクトップオーディオのお話です。昨年秋に新しいPCオーディオシステムを一式組んだものの、自分が望むレベルのクオリティに達することが出来ずカテゴリ休止中の私・・・。一番問題となっているのが肝心のデジタルアンプの音質クオリティです。
Trends Audio TA-10.1
現在使用しているのはTrends AudioのTA-10.1。香港トレンドオーディオ社の超小型デジタルアンプで、アメリカでは大絶賛されモデファイしたシッョプモデルなども色々と発売されています。ただ、ここの音質が色々組み合わせてみるとどうも私の要求するクオリティに達していないみたい。個人輸入に走らないでNuforce ICONにでもしておけば良かったと微妙に後悔・・・。Nuforce ICONでしたらブログ記事としてもTrends Audioよりは皆さん興味がおありでしょうし(^^;

そんなこんなで公開保留となってしまっているデスクトップPCオーディオですが、いい加減どうにかしませんと!という事で、他に良さそうな超小型プリメインアンプが無いか探しています。気になっているのは上記のICONに加え、わふーの管理人さんにも勧められた国産メーカー、ラステーム・システムズ(RASTEME)のRSDA302P/RSDA302U。
ラステームRSDA302P

・デジタルアンプICにはSTmicro社のSTA328(DSP+パワーデジタルアンプ)を実装。
・入力電圧は11V〜25Vのワイドレンジで車載にも最適。
・光入力はもちろんですが、ライン入力も入力後すぐにデジタル変換されノイズが入ることは無いのでクリアな音質で出力されます。
・高性能24bit A/Dコンバータ採用でダイナミックレンジをアップ
・アナログアンプに比べて発熱を軽減。(デジタルアンプ効率:90%)
・電源ON/OFF時のポップ音はほとんど発生しません。
・BASS(低音)、TREBLE(高音)のトーンコントロール搭載
・ラウドネス機能で小さい音量でも音に広がりが出ます。
・入力レベルが小さい時などには入力ゲインの増幅が可能。
・13mmのスピーカー端子で太めのスピーカーケーブルでも接続可能。
・車のシガーライターから電源を供給することで車内やAC電源が取り難い場所での使用も可能です。

RSDA302P/RSDA302U両モデル共にアナログライン入力を備えますが、デジタル入力についてはRSDA302Pは光デジタル入力、RSDA302UがUSB端子です。単体DAコンバーターなどでも私はUSB入力専用モデルよりSPDIFの光/同軸デジタル入力付のモデルを選んでいますが、これはUSB入力のみの製品はピュアオーディオに組み込めない(比較できない)からです。
ワイヤーワールド オーディオグレードUSBケーブル

反面S/PDIFでしたらパソコンからもピュアオーディオ系のCDプレーヤーやDVDプレーヤー、DVDレコーダーその他諸々のデジタル出力を装備したオーディオ・ビジュアル機器と接続が可能です。→光デジタルケーブルの箱庭レビューはこちら。PCが同軸/光デジタル出力を備えていない場合は、デジタル出力を備えたサウンドボードを増設するか、ノートパソコンなどではTrends Audio UD-10.1(紹介予定)のように、USB→SPDIF変換が可能なDDコンバーターを噛ませれば既存のオーディオ用DACに接続が出来ます。
iconicon
ONKYO SE-200PCI LTD 音楽再生品質を極限まで高めた10周年記念リミテッドエディションicon

RSDA302P/RSDA302Uはデザインが無骨でプロ用機器のようでしたのでスルーしていたのですが、調べてみると随分評判良いみたいです。アナログを経由せず、PCやCDプレーヤーの光デジタル端子から出力されたIPDIFデジタルデータをそのまま入力して増幅する全く無駄のない増幅方式が特徴。要するにDAC/ADCをパスしてしまおうという発想です。
ラステームRDA-212
そして、先日発売されたばかりのデジタルステレオアンプRDA-212。

・アナログ入力の最大30W+30W(4Ω時)デジタルパワーアンプ
・トロイダル電源と大容量コンデンサ(30000uF)により常に安定した電源を供給し、重厚な低音・張りのある中音・伸びのある高音を実現。
・電源整流回路にはショットキーバリア・ダイオードを採用することでS/Nノイズが少なく高音質で力強いサウンドを実現。
・定格出力でのフル出力連続ドライブが可能。
・オーバー・リミッター・インジケーターを搭載しているので、歪みのないクリアな音を楽しめます。
・4段階(0dB/+6dB/+12dB/+16dB)のゲインコントロールにより、プリメインアンプとしても使用可能です。
・電源投入時のPOPノイズがほとんど発生しません。
・左右バランス調整機能、ミュート機能搭載。
・アンプ出力部には閉磁路構造・無酸素銅(OFC)平角線使用の
デジタルアンプ専用コイルを使用し、音質の向上を図っています。
・RCAピンジャック、スピーカー端子(バナナプラグ対応)には音声劣化が少ない金メッキ部品を採用。
・4層基板の採用で、ノイズなどの影響を極力抑えます。

業務用モデルっぽい今までのラステーム製品と違ってデザインがコンシュマーオーディオっぽく洗練されました。最初にPhile-webで見た瞬間MARANTZのプリメインアンプかと思いました(爆) よくよく見るとW:210×D:210×H:44mmとデスクトップに於けるコンパクトサイズですが、まぁデスクトップアンプとしてはかなり大きいかしら? RDA-212は既存のデジタルアンプとは異なり大容量コンデンサーやトロイダルトランスなどアナログ的アプローチでの高音質化を随所に見ることが出来ます。私は古い考え方の人ですのでこれは嬉しい♪そもそも中級デジタルアンプの最高峰ONKYO A-1VLだって巨大なトロイダルトランスや大容量コンデンサーが左右チャンネルそれぞれ対称に入っているのです。新型RDA-212のこういったピュアオーディオ的なアプローチは大歓迎♪惜しむらくはせっかくのデジタルパワーアンプですのに何故かデジタル入力を備えていない点ですが、これってRSDA302P/RSDA302Uとの差別化からなのかな〜?あるいは両方使えって事かっ!?

ラステーム製品は現在↓の直販のみの取り扱いです。

デジタルにしか出せない音がある。………【デジックオーディオ】
ピュアオーディオRANKING←デスクトップオーディオに期待クリック♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加