2011/6/17日のベストオブクラシックはアンドレア・グリミネルリ(グリミネッリ)"Andrea GRIMINELLI"フルート・リサイタルでした。グリミネッリはルチアーノ・パヴァロッティに見出されたというフルート奏者で、この人も同じイタリア人のジャンルカ・カシオーリと競演したCDを出しています。昨日書いた庄司紗矢香さんもですが、ジャンルカ・カシオーリとのデュオでしたら一枚手元に置いておきたい一枚かも。

シューベルト:しぼめる花の主題による変奏曲←《試聴できます。高音質♪》

グリミネッリの透明感が高くポジティブで力のあるフルート。頭の上をスーッと突き抜けていく爽快感と洗練された現代的で明快な解釈、前向きで芯の強いフルートは、先日のデュフォー&ロジェのデュオ・リサイタルよりもわたしにはずっと聴き応えがありました。ただまぁ、良い意味で説得力はあるけれど、演奏が明確すぎて陰の部分が足りなすぎる気もする。。。←単になにかケチを付けないと気が済まないだけかな?(^^;
 アンドレア・グリミネルリ フルート・リサイタル  
                             太字はBSクラシック倶楽部での放送分                           
・プーランク作曲 フルート・ソナタ
・ポップ作曲 リゴレットの主題による幻想曲
モルラッキ作曲 ロッシーニの“エジプトのモーゼ”による幻想曲      
フランク作曲 バイオリン・ソナタ イ長調(フルート版)
ビゼー作曲=ボルヌ編曲 カルメン幻想曲
モンティ作曲 チャールダーシュ
・エンニオ・モリコーネ作曲 映画“ミッション”から ガブリエルのオーボエ
・リムスキー・コルサコフ作曲 くまばちは飛ぶ
                     アンドレア・グリミネルリ(fl)相沢吏江子(p)

・モーツァルト 弦楽四重奏曲 ニ長調 K.285から 第1楽章
                      フルート アンドレア・グリミネルリ ケラー四重奏団
※ケラー四重奏団員のメンバー 
(バイオリン)アンドラーシュ・ケラー
(ビオラ)ガル・ゾルタン
(チェロ)ユディット・スザボ
ユニバーサルクラシック UCCD-1221

今回の伴奏を担当されていた相沢吏江子(りえこ)さんはニューヨーク在住の日本人ピアニスト。海外レーベルでCD出されてるんですね。ショスタコーヴィッチ&スクリャービンの24の前奏曲【HMV】iconですが、噂によればけっこう内容が良いらしいので聴いてみたいかも。選曲のカップリングが通好みでなかなか素敵・・・。>>>【相沢吏江子 Amazon.co.jpで探す】FM放送の最後に紹介されていたモーツァルト・フルート四重奏曲集。ケラー四重奏団との競演です。これはFMを通してもなかなかの高音質。さすがDECCA。FMチューナー経由ですので保証はしないですけどね♪

7/12日にNHK-BSプレミアムのクラシック倶楽部(朝6:00〜)で、当日のリサイタルの映像収録が抜粋でオンエアされますので、あらためて観てみよっと。観たら印象変わるかも知れませんがそれはご愛敬と言うことで・・・。 その感想は後日追記します。

2011/7/12追記:う〜ん、、、ジャケットは詐欺?(爆)というのは冗談として、若い頃の写真だったのか。ごついオジサマに半端に長い今の髪型は似合ってませんよね。しかしいつものことですが、ハイビジョンのクラシック倶楽部とNHK-FMの音質が違いすぎます。どちらが良いのかはその時の収録内容に拠るのですが、FMはノイズと歪みだらけのアナログ伝送、NHK-BSプレミアムはノイズや歪みが殆ど無いとは云え高圧縮(推定256Kbps以下)のデジタル音源ですからねぇ。

グリミネッリについてはBSデジタルではクリアな反面、音が薄く大人しくなってしまい、肝心のカッチリした実在感が全くもって伝わりにくかったです。何故か今回は東京文化会館小ホールの空間情報がごっそり落ちてる。お陰様で見事につまんない。当日ライブで聴いた人はFMとBSのどちらが生に近いと感じるんでしょうか・・・。どうしようもないのでMARANTZ CDR630でCD-Rに焼き直し、ピュアオーディオグレードのCDプレーヤーで再生してみてもダメですねぇ・・・FMはエアチェック録音していなかったので残念。
《Update2013/8/23》

ピュアオーディオランキング←たまには真面目に投票してみる♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加