img_503040_32582698_0デンマークの作曲家、カール・ニールセン。1865年生まれの年代的には後期ロマン派〜印象派に属する作曲家。個人的には概ねロマン派だと思います(一部現代音楽っぽいのもある)。

デンマークでは最も有名な作曲家であり、現在のデンマーク100クローネ紙幣にその肖像が描かれていたりします。

クラシック界隈では割とたまに交響曲の録音があったりしますが、比較的マイナーな部類の作曲家です。という事で、管理人はニールセンの名前は知っていても、曲はほぼ知りません。頭に浮かばない。CD持ってない。そんな感じですので、いくらなんでもクラヲタ的に一通り揃えておきたいな〜と思ってたら、90年代後半〜2000年代に、ダグラス・ボストック指揮、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団で録音されたニールセンの交響曲全集と協奏曲、歌曲、ピアノ曲などが10枚組み超ありえない廉価BOXセットとして2011年10月20日に発売されるのを見つけました。  
icon
icon 交響曲全集、管弦楽曲集、協奏曲集、ピアノ作品集、他 ボストック&ロイヤル・リヴァプール・フィル、エランド、他(10CD)
icon
全部セットで、元々のばら売り1枚価格すら大きく下回る凄まじいバジェット価格ですので、この機会にサクッと入手してみようかな〜と。
TOWER RECORDSはこちら   ■MP3で試聴→Amazon.co.jp

音楽的完成度となると、定評有るブロムシュテット盤(1987年デジタル再録音)や、バーンスタインの録音が良いのかもですが、↑の単発プレスのmp3試聴音源を聴いた感じ、音質もなかなかクリアでそんなに悪く無さそう。オケとしての上手い下手は兎も角、牧歌的な情景をイメージしやすい英国の地方オーケストラの雰囲気が曲想にマッチしてる。

オーケストラとしての迫力とキレ、テクニカルで明快な立体的構成などは当然ブロムシュテット/サンフランシスコ響が音楽的には数段格上なのですが、個人的にはボストック/リバプール響のニュアンス豊かで穏やかなオーケストレーションも好みだったり。

それから教則的な意味のコレクションとして、新しいスコアで録音されている点もポイントかな。ブロムシュテット盤のニールセン交響曲全集は、DECCAで録音された87年盤と、若い頃EMIで録音した70年代盤があるみたいですね。→ニールセン:作品選集(限定盤)
icon
 
TOWER RECORDS試聴>>>Nielsen: Symphonies no 1-3no 4-6

試聴音源だけでも、カール・ニールセンの曲ってメロディラインや曲の構成が比較的分かり易いですよね。その分、若干映画音楽的だったりして浅薄に受け取る向きがあるのかもですが。。。マーラーみたいな光と陰の精神性が強い音楽とも違う、聴いていて純粋に楽しめるといいますか、ネガティブ方向の嫌な感じが殆どしなさそうですので、普段聴き流すにも良さそう・・・みたいな♪

《石田工房 デンマークのがんこ親父カール・ニールセンについて 》
《石田工房 ニールセン 交響曲第4番「不滅」》
(↑とても読みやすい解説で勉強になりました。好きな指揮者という事もあって、最後に紹介されてる★5つのCHANDOSのロジェストヴェスキー盤が一番欲しいかも・・・高いけど(笑)

同じ指揮オケで魔法のランプで知られているニールセンの劇付随音楽アラジン(アラディン)MP3で試聴してみたら、これはもう凄くロシアン(爆) 音質も大変素晴らしいですし、あまり演奏されない曲目ですしコレは隠れた名盤の類ではないかと思います。)
Symphonies Nos.4 & 5
カール・ニールセンのシンフォニーをSACDで聴きたい場合、サー・コリン・デイヴィス指揮LSOの録音が現在進行形です。
iconicon ニールセン作品集第1集〜管弦楽作品集(交響曲全集、管弦楽曲集) ショーンヴァント、ダウスゴー、デンマーク国立放送響(3CD+1SACD+2DVD)
icon
《デンマークのオケとショーンヴァント指揮によるこちらも廉価で面白そう。(CD三枚+SACD一枚+DVD二枚)って凄い組み合わせ(笑) CDの交響曲はナクソスで出ている音源と同じかな?演奏の水準としては最初に紹介したボストック指揮リバプール響と似たような感じかも。》

※カール・ニールセンのCDを探す
HMV JAPANiconAmazon.co.jp楽天市場
TOWER RECORDSYahoo!オークション

ピュアオーディオランキング←たまにクリック支援お願いしま〜す♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加