箱ピュアカテゴリ:クラシック音楽にたゆたふ
箱ピュアカテゴリ:ピアノのお話
SHM-CDなにそれ美味しいの? ぱ〜と1
SHM-CDなにそれ美味しいの? ぱ〜と2
SHM-CDなにそれ美味しいの? ぱ〜と3

iconiconショパン練習曲集 マウリツィオ・ポリーニ1960年録音盤icon>>>TOWER RECORDSはこちら

生まれ持った音楽的才能の無いピアノ科生徒諸君の為にある悪魔の聖典(爆)こと、マウリツィオ・ポリーニのショパン・エチュード集と言えば、1972年にドイツ・グラモフォンからリリースされた、おそらく世間で最も知られているショパン録音の一つですが、今回紹介するのはショパンコンクールに優勝した直後の1960年、18歳の時にアビーロードスタジオで録音され、長年お蔵入りしていた初出音源についてです。

Maurizio Pollini ショパン:12の練習曲 作品10/作品25 試聴音源あり

20世紀のあらゆるショパンの名録音の中で、その頂点に燦然と輝きわたる不滅の名盤中の名盤。戦後ピアノ界史上最大の天才ポリーニが、満場一致でショパン・コンクールに完全優勝しながらも10年もの研鑽(けんさん)による沈黙を経て、ようやく満を持して世に問うた、この完璧なるエチュードの演奏記録は、今もって凄まじい衝撃で聴くものを打ちのめす。

まず冒頭のハ長調のエチュードからして、ヘラクレスのような強靭な筋肉美に目がくらむ。冷徹な外観の奥に燃えさかる炎のような情熱、ほのかな詩情、そして鋼の意志が全曲を貫き、一分の隙も与えない。これを聴き始めたが最後、「別れの曲」「黒鍵」「革命」「木枯らし」を経て最後の「大洋」まで24曲すべて聴き終えるころには、誰もがショックとろうばい、そして感動に飲み込まれてしまうだろう。これほどの完璧さは、もしかすると…狂気寸前のもの?

今にして思えば、1972年のこの録音は、従来の甘くロマンティックでサロン的なショパン観を完全に覆し、クールでたくましい意志の音楽としてのショパンという視点を導入したという意味でも、ピアノ演奏史を塗り替えた画期的演奏だったのではないか。ともかく、万人必聴であることはまちがいない。@林田直樹氏(引用元Amazon.co.jp


news-0002私に云わせると、名盤として確固たる地位を築いた72年DG(ドイツ・グラモフォン)でのエチュード集は、音楽的にショパンらしさからはもっとも遠い場所にある20世紀的解釈のうえに、現代の若いピアニストの技巧レベルからすれば、ゴリゴリ弾き飛ばしているだけのガサツで筋肉質で不愉快な演奏で、既に練習曲の規範としての教則的価値すら失われていると思いますけれども、今回の初出音源は、1960年第6回ショパン国際ピアノコンクールの審査員だったアルトゥール・ルービンシュタインiconに、この場の審査員に、彼より上手いピアニストがいるだろうか?と大絶賛した当時の演奏がそのまま聴ける・・・という意味からも、歴史的な再評価として大変貴重な音源になるのではないかと思います。

Chopin: Arthur Rubinstein Plays Chopin 10CD-BOX
中村紘子女史仲道郁代女史が10代の頃から愛聴していたというアルトゥール・ルービンシュタインの弾くショパン。毎日枕元でレコードが擦りきれるまで聴いていたとか。。。そして僕が初めて自分で買ったCDも、ルービンシュタインのショパン名曲集でした。》ポロネーズ集なんてポリーニがトレースしたとしか思えないくらいそっくりの演奏です。

マウリツィオ・ポリーニは、ショパンコンクール優勝後にピアニストとして約10年の活動空白期間があり、今知られている彼の若い頃のDGでのショパン・エチュード集(練習曲集)その他諸々は、休養ブランクが開けてから改めて収録された30代以降の録音です。私は・・・今このエントリを書きながらも聴いていますが、やっぱりこの演奏が大ッ嫌い(笑) どうしてルービンシュタインはこんな音楽の持つ自然な流れに敢えて逆らったかのような、神聖への冒涜とも云える作為的な演奏を絶賛したのか?とても不思議でした。ですので、マウリツィオ・ポリーニへの自己認識変える為にも、この初出音源での演奏をすっごい聴いてみたかったり♪
Piano Concerto No.1

他にも18歳の時点で録音されたショパンのピアノ協奏曲第1番とバラード第1番&ノクターンの録音は既に発売されているのですが、こちらのMP3試聴音源(Amazon.co.jp)を聴いた感じでは・・・30代の構築的、意図的に頭でこねくり過ぎた機械的演奏と違い、ずっと潤いがあって情緒的。そしてヌルヌル気持ち悪い独特の音色はどうも当時から片鱗が・・・(爆)
icon
icon
僕は5〜6歳の頃にポリーニのリサイタルをFMで聴き、ポリーニの弾くベートーヴェン ピアノソナタ(試聴可)iconのあまりの音楽的違和感に頭が痛くなり、最後は気持ち悪くなって吐いたことがあるのですが、この18歳の頃の演奏を当時聴いていたらここまで全力で嫌いにはならなかったかも!? でもこのエントリの為に今改めて聴き直しても、悲愴の一楽章冒頭数秒で吐き気が込み上げるぅ〜おぇぇぇ(爆) 何故かショパンよりも更にキモさ100倍風味になってませんこと?

Baglini-Maurizio-01関係ないですけど、そういや以前マウリツィオ・バリーニ(Maurizio Baglini)って偉い紛らわしい名前のピアニストを5〜6年前に聴きに行ったことがあったっけ・・・たぶん僕と大体同世代くらいの人。元気にしてるかな〜(笑) 超絶技巧が売り?だった割に、ショパンの舟歌の演奏だったと思うのですが、本当の意味での難曲であるこの曲で、ペダル使いまくりのディテール誤魔化しの演奏を聴かされて、あ゛〜弾かなきゃ良いのに・・・と思ったのだけ覚えてる。そこそこ上手いけど、コンサートピアニストとし熟れすぎているのか細部を変にデフォルメして小奇麗にまとめてくる感じがあり、良くも悪くもマウリツィオ・ポリーニのような衝撃的インパクトを感じさせるピアノ弾きでは無かったです。舟歌を混濁させずに弾けない人は本当の意味でのテクニシャンじゃ無いと思うの。DECCAやTudor Recordsその他でCDがいくつか出ているみたいですね→【マウリツィオ・バリーニのCDを探す(TOWER RECORDS)

Fryderyk Chopin : tudes Op. 10, Op. 25 / Trois nouvelles tudes Maurizio Baglini《試聴あり》

ドイツグラモフォンで録音したポリーニの過去録音は 、祝!70歳記念リリース〜ピアノの巨匠、ポリーニの芸術(全2タイトル)として、ショパンと近現代のそれ以外でまとめられ、2つの廉価版BOXセットとして近日再販される予定です。
icon
icon
それぞれショパン9枚組みと近現代6枚組iconみ。ポリーニのアルバムと言えば数年前までは価格のなかなか下がらないDGの更に高嶺の花って感じでしたので、ここ最近はもの凄くお手頃価格になった感じがします。収録された曲がベートーヴェン中心でかなり違いますけれども、以前出ていたボーナスCD付きポリーニ・エディションよりも、更に一枚あたりの価格がお安くなってますよね。ショパン9枚組みの方は流石に揃えておきたいかも。でも、練習曲集その他のの同一音源が手持ちで何枚も重複してしまうので、それがなんだかなぁ〜なんてね(^^;

  ↓マウリツィオ・ポリーニのCDを一覧で探す↓
   ■Amazon.co.jp ■HMV JAPANicon ■TOWER RECORDS 
   ■楽天市場 ■Yahoo!ショッピング ■Yahoo!オークション

ピュアオーディオランキング←鋼鉄のタッチで天誅クリックしてやる♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加