さて、一度記事を書き出すと気付けば3時間で1万文字を超えるような長文大魔王のわっちの場合、毎日欠かさずオーディオやデザイン家電の詳細インプレ系のエントリを投稿するのって、物量的にとってもしんどかったりするのですけれども、なるべく休日を作らないために、こんな音楽CD聴いてます〜♪みたいなライトなネタを大きなエントリの合間に投下するのって、どうなんでしょう?
カナダドルのチョコレート
実際に毎日聴くのはクラシックのCDやSACDが8割以上で、たま〜にアニソンとかロックポップスを挟んだりもしますが、クラシック音楽のネタは、アクセス数を観てるとほんっとに呆れるほど需要無いんですよ〜(^^; 完全にわっちの独りよがりな趣味の世界かも知れません。そんな感じで興味ない人が95%くらいのクラヲタ記事ですが、まぁいいや。何も投下しないよりマシくらいのノリで暫く続けてみようかな〜なんて。
つー事で本日の一枚〜♪ダニエル・バレンボイム シューベルト 即興曲集。

先日書いた指揮者不在?ウィーンフィル ニューイヤーコンサート@2014のコメント覧に、バレンボイムが弾くショパンのノクターン(夜想曲)集が素晴らしいですよー♪というコメントを戴いたのですが、あいにく手持ちにノクターンのCDが無かったので、今代わりに↓のシューベルト・即興曲集を聴いています。

ショパンのノクターン集の演奏は、Chopin: The Complete Nocturnes (2 CD's) MP3サンプル音源を聴く限り、味わいのある、滋味溢れる演奏という印象。ノクターンの一般的な演奏法としての歌や流れる感じは最小限度に抑制されていて、一音一音の意味合いを木訥に紡ぎ出し、辿っていくような、落ち着きのあるショパンに聴こえまます。たしかに、情緒的なショパンが苦手な人にはこれ良さそうです♪方向性としては、喩えると哲学性を帯びたルービンシュタインっぽいかも♪

シューベルトのCDはドイツものですので、ショパンと比べてバレンボイムの持ち味が活き、堅牢な奏法がよりマッチしていると思います。音密度が高く、非常に安定感のある、リッチな演奏。丸みと暖かみのあるバレンボイの黄金色で埋め尽くされつつも、重々しく陰鬱な印象です。文学的な語りかけの弱音部、そしてフォルテ部分の随所で垣間見られる強靱なタッチと意志の強さは、更にベートーヴェン寄りの弾き方かな〜と感じます。眉間に皺の寄った求心力の強い意思のこもった弾き方ですので、ハイエンドオーディオ機器で、真っ暗な部屋で、ガッツリとシューベルトとバレンボイムに向き合いたい御仁にはおすすめ。昼間にタイピングしながらBGMとして聴くには正直疲れる脂っこさかも・・・orz
⇒【楽天市場

というか、バレンボイムの音は、ほんとに超高級なハイエンドオーディオ機器が似合うと思う。エソテリックとか、マッキントッシュとか。ゴールドムンドとか・・・これはちょい違うか。彼の音自体がどこかまるでハイエンドシステム特有の何か?みたいな匂いがするんだもの・・・。ハイエンド以外でしたら、自分だったらDAC7を乗せていた頃の、マランツの90年代のバタ臭い音がする古いCDプレーヤーとアンプで聴きたい♪

シューベルト:即興曲集の再生が終わってしまったので、メインシステムにうつしてバレンボイムのメンデルスゾーン無言歌集を。ほんと・・・これは油絵。でも曲が明るいのでシューベルトよりも聴きやすい。キラキラ爽やかなONKYO C-S5VLの音色で割ると、くどさが緩和されて私には丁度良い塩梅♪本場のドイツビールをファンタで割るみたいにね(爆) ※アルゼンチン料理などの例えは思いつきませんでしたφ(.. )。
ピュアオーディオBlogランキング←たまにクリックして貰えると嬉しいかもです♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加