実は箱ピュア管理人、初夏にZonotoneのレビューモニターに応募していたのですけれど、なんとモニターに当選してしまいました!前園社長ありがとうございました♪ 見てないかもですがこの場で御礼申し上げます。ということで、いただいたケーブル6NAC-Granster 3000αを8月末から使用しております。2週間ほどエージングして、初期の印象とは変わってきた部分もありますので、そこら辺も絡めて詳細レビューをしてみたいと思います。
6nac-granster3000a
実は2012年にも当時の新製品モニタープレゼントに応募していたのですが、その時には落選してしまい、今回は二度目の正直?だったり(^^)ゝ

今回モニタープレゼントしていたモデルは新型のこの4種類です♪
■Silver Granster AC-1001α

ゾノトーン RCAケーブル(1.2m・ペア)ZONOTONE SILVER GRANSTER AC 1001A

■6NAC-Granster 2000α

Zonotone(ゾノトーン) RCAケーブル(1.0mペア)6NAC-Granster 2000α-1.0

■6NAC-Granster 3000α RCA ※当選したモデル

ゾノトーン RCAケーブル(1.0m・ペア)ZONOTONE 6NAC-Granster 3000A RCA

■6NAC-Granster 3000α XLR

ゾノトーン XLRケーブル(1.0m・ペア)ZONOTONE 6NAC-Granster 3000A XLR

エントリークラスのSilver Granster AC-1001αは、銀コートOFC/HiFC/PCUHD/OFCの4種ハイブリッド0.78Sスケア2芯?ダブルシールド構造。6NAC-Granster 2000αは、6NCu/HiFC/PCUHD/OFC4種ハイブリッド0.78スケアマルチストランド2芯ダブルシールド構造。6NAC-Granster 3000αは2000αと同一構造導体×2で4芯。XLRバランスタイプはノイトリックのプラグが使われています。
6nac-granster3000alpha
6NAC-Granster 3000αの見た目はこんな感じです。先代モデル6NAC-3000 Meisterのジャケットは黒っぽい地味なシースでしたが、新型はZonotoneらしい中が透けてみえる綺麗な透明ブルーのシースに変更されました。RCAプラグはZonotoneオリジナルで高級感はありますが、コレクトチャック式では無くコンタクトは優しい方。質感としては価格帯相応の無難なデザインという印象です。RCA/XLR共に、6NAC-Granster 3000α AVというホームシアター向け一本売りのパッケージもあります。

6NAC-Granster 3000αをとりあえず先ずは、RCAケーブルの変更で絶賛お悩み中のONKYO C-S5VLTAG McLaren 60i(工事中)の間に繋いで音を出してみると、おお、、、これはまさしくZonotoneでありました♪。なんとなくゴディバのチョコレートみたいだ(謎)。オーディオ的には「薄味の今時のハイレゾサウンドとは一線を画す」アナログライクな個性です。音楽的には「音楽の核心部分を実直に描写する」至極まっとうな音。オルトフォン時代からそうですが、前園さんのサウンドは高解像度&ワイドレンジで透明な日本のオーディオ的感覚とはベクトルが異なる、どこか海外製ケーブルにも通ずる音がします。低域が薄いC-S5VLのF特バランスに大きな不満が無くなるという事は、低域が強いCDプレーヤーやアンプと組み合わせた場合、ウッドベースやドラムの沈み込みがかなり腹に来そう。ジャズ好きな人達は絶対その方が良いですよね♪

音色は中域から低域方向に向かうほどマイルドでウォーム。レンジ感はこのクラスとしては僅かにナロー傾向かな。帯域別に述べると、低域は深みと沈み込みがあり、中域は音像定位がタイトで密度感が高いのですが硬質すぎずアナログ的。中高域にはアクセントとして光が差し込む感じで、それ以上の高周波帯域はむしろ大人しい印象。なによりリスナーを音楽に引き込む力を持ってるところが最大の美点です。オーケストラは高さ方向は出にくいのですが、低域が充実していて、弦楽器は基音が目立つスチール弦的な切れ味ではあるのですけど、歪み感は不思議と皆無で胴鳴り含めてリアル。ティンパニの音は深く沈み込みドスンと重い。

音場空間は上下左右には格別広い感じはしないのですけれど、スピーカーの少し後ろくらいから上下にばらけず奥行き方向に定位します。この上下に位相がばらけないって結構大事なポイント。これは以前にSonus Faber Cremona M+Accuphaseのセパレートシステムでオッ!と感じた時と少し似てる。ただあれはさすがに上位モデルの7NAC-Grandio 07でしたので、たぶん直接比較したらもっとずっと奥行きが深い。どっちにしてもひたすら前方にガンガン繰り出して迫ってくるだけの音では無いです。


薄味の明るく爽やかでセンシティブなC-S5VLとは全くベクトルの違った個性で、組み合わせるとらしくない、ほんのりヨーロッパ製CDプレイヤーみたいな音色に。ONKYOのサウンドが好きな人は首をかしげそうですけれど、明るすぎるとか、深みが足りないと感じている場合には、弱点をひっくり返す位の強い個性を秘めていると思います。サブシステムのCREEK CLASSIC CDとSequel2に繋ぐと、中域の音像の密度感が高まり更に濃厚な感じに。ウォーム系のナチュラル×ナチュラルで音色のマッチングは良好ですが、元々低域強めのEPOSのスピーカーでは中域〜低域の押し出しと一音一音の意志の強さが際立つので、時に良い意味でBGM向きでは無くなってしまふ。。。\(^o^;)/

ハイブリッド導体の所以か響きは独特で、直接音はアナログレコードを彷彿とさせる、ほの暗くてウォームで濃厚なアナログサウンドなのですけれど、間接音は温度感低めなのですね。逆に書くとクールな空間の中に情熱を秘めているって印象。Zonotoneって熱さと冷たさの二面性が共存する珍しい個性ですので、ウォームなのかクールなのか言葉に困る独特の音色だったりします。※管理人的には本質的にはウォームだと表現したいところですけれど。

エージング後
2週間エージング後はかなり変化。雑味と硬さが取れて滑らかで艶かしいウォームで潤いのある音色に。暗さや憂いを帯びた音色は青いジャケットのキラキラと若々しい見た目からはイメージできない音質です。有機的な中域と低域がより際立ってきて新品当初よりも音楽的訴求力がより深まる感じに。

新品当初、単調なアナログサウンドだけではない、楽音の中高域に見え隠れする仄かに(例えると)アルミドームトゥイーターっぽい癖と云うか、ピアノの右手方向のジャズピアノチックなキャラクターが割と個人的に気持ちよくてワクワクしていたのですが、1週間ほどエージングが進むとすっかりマイルドにまったりと大人しくなってしまいました。そこで試しに指定方向と逆接続を試したところまた光が差し込むように。メインシステムのC-S5VLでは順方向より逆接続の方が合っているみたいです。。。ただサブシステムのCREEK+EPOSでは指定方向のが良く聞こえますので、あくまでこれは環境次第という事で。

まとめ♪
6NAC-Granster 3000αの特徴を一言で表すと深い。

中高域のキャラクターはスパイスみたいなもので、このケーブルの本質は深い暗めの音色が支配的。意外と中域のレンジ感、メリハリ感は理性的に抑えられていて、抑制の利いた淡々とした流れの中にある音楽の奥底へ聴き手を引き込むような高密度な描写こそが持ち味です。アナログライクで陰翳豊かな独特の世界観と濃厚な雰囲気に満ちた、時を経て退色した油画の光と陰の世界、云ってみれば落ち着きのある大人のサウンドです。
THE LEGEND OF CABLE
《Acoustic Revive-Aet-Kaiser Sound-KOJO Technology-Saec-Zonotone-の音の違いを比較できます♪》

パッケージにある「ダイナミックで圧倒的なエネルギー感」については、密度感が高く低域が十分に出ている点についてはそう云えなくもないですけれど、見た目に反してどこか律儀で品が良いですし、大人びた説得力で聴かせる音で在って、単純に力感をゴリゴリ押し立て太く前に出てくるだけのやんちゃな音ではありません。持ち味はあくまで深みと説得力です。ソースの相性としてはやっぱりジャズ向き。それも(クラシックもですが)高解像でワイドレンジなハイレゾ録音よりは、古いアナログ録音の方がよりマッチすると思います。それとこういう音って意外とバロック音楽にを聴くときにも向いていて、チェンバロやバロックヴァイオリンの高音弦がシャープで明瞭な割に高次倍音に嫌な歪みが伴わないので、長時間じっとり浸るに向いているのです。

6NAC-Granster 3000αを使用すると、CD/SACDの音に上質なアナログ盤のようなテイストが加わるのですが、アナログの密度の濃い音と、現代的な解像度や音場とを両立させて折衷させ、バランスを煮詰めるとこういう音になるという一つのアンサーと云えそう。アナログ的な音の魅力をそもそもご存じなかったり、そういう古風な価値観の音色はいらないよ!って純粋デジタル追求派の皆様の場合は、???となるかも知れないケーブルかもです(^_^;)
RCAケーブル
Zonotoneのサウンドは、本質的にオーディオマニアよりは、ずぶずぶの音楽愛好家向けにチューニングされてると思うのです。パースペクティブな拡大音場型ではなくて、まず血の通った音像ありきの空間展開は、クラシックジャズを問わず、どちらかと云えば名盤とか古いアナログ録音になるほど本領を発揮する感じで、現代の高音質盤で視覚的な解像感や立体感を追求するよりも、沢山集めたレコードやCDと毎日じっくり向き合いたい皆様向きです。

今回モニターした4芯の6NAC-Granster 3000αでは、音の流れが低域方向に深くそちらが支配的なため、中高域のキャラクターがほんのり微かな味付けとなっているだけで、歪みっぽさに繋がらないのがミソ。たぶん導体径が半分の6NAC-Granster 2000αやSilver Granster AC-1001αの場合、低域の厚みはそこそこに、もっと中高域のカンカンキラッとした部分が明確化されているかと思いますので、低域が元々過剰なこもった音のシステムや、冴えない音色のコンパクトシステムで中域〜高域の音抜けを加味したい場合は、6NAC-Granster 3000αよりも、6NAC-Granster 2000αやSilver Granster AC-1001αを検討してみるのが良いと思います。上位の6NAC-Granster 3000αは、低域不足のシステムか、敢えて低域にゆとりを持たせたい場合にお薦め。そして更にこの音色をベースに維持しつつ、ハイエンド的な3次元空間表現の広さと一段上の情報量を求める場合は、7NAC-Neo Grandio10Hi、7NAC-Grandio 6 or 7、更に最高峰モデルの7NAC-Shupreme 1になるという事でしょうか。


旧型 Zonotone 6NAC-3000 Meisterとの比較


音質の比較で無くてすみませぬ。6NAC-3000 Meisterでは黒っぽいケーブルシースから、6NAC-Granster 3000αではZonotoneの切り売りスピーカーケーブルでお馴染みの透明ジャケットの青いキラキラしたケーブルになってます。先代下位の2000マイスター 6.5NAC-2000MEIと同じ感じの見た目。尚、新型の取り回しは特に硬くも無く普通です。4種ハイブリッド導体は、6N銅とOFCに先代6NAC-3000 マイスターで使用されていたPCOCC(生産終了)と純銀コートOFCが省かれ、新型ではHiFCとPCUHDになっています。それと先代は同じ4芯スターカッド構造で、2種4本の導体が対角線上に配置されていますが、新型では7.6N・AC-4000 Meisterと同じく並列。プラグも7.6N・AC-4000 Meisterと同じ物に変わりました。シースの意匠変更で見た感じは派手だな、若いな!って印象ですけれど、出音はかなり大人びたシックな音質ですので、ブルーのジャケットから見た目で選ぶと肩すかしを食らうかも。

Zonotone AC 6NPS-3.5 Meister電源ケーブルと比べて


アナログライクな音色や描写の方向性は基本的に類似しています。但し6NPS-3.5 Meisterで感じるアナログ的な雑味感は薄くなってます。RCAケーブルは元々電源ケーブルやスピーカーケーブルと比べるとそういうものでしょうけど、モデルチェンジで進化している部分かも知れません。逆にシャッキリした切れ味はAC 6NPS-3.5 Meisterの方に感じます。その代わり、6NAC-Granster 3000αについては中高域が出しゃばりすぎてサ行がかすれる傾向がすっかり影を潜めています。

電源ケーブルの6NPS-3.5 Meisterは、ここ数年はCEC TL5100Zの電源ケーブルとして使用しています。←これが思ってたより音色的にマッチしていて、ベルトドライブ機の弱点である音像が膨らみすぎる部分を上手に引き締めてくれる感じです。CECベルトドライブ機の音色とZonotoneの音色は、アナログライクなプレーヤー×アナログサウンドのケーブルのマリアージュになり、目指す方向性の一致したなかなか心地よいコラボレーションになってると感じています♪

ピュアオーディオBlogランキング←100年に1回くらいクリックしておく♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ【パート2】 に参加中!