先日Twitterとブログで紹介したルーマニアのピアニスト、ヘルベルト・シュフの2枚組CD。音質も演奏もなかなか良く、シューマンに加えてツェルニーのウィーンのワルツによる変奏曲「あこがれのワルツ」Op.12や、ウェーバーの舞踏への勧誘 Op.65等のあまり演奏されない作品が収録されています。


今回エントリを書くためにあらためてリンクを漁っていると、日本と英国のアマゾンの販売ページでは何とHybrid-SACDとなっているではありませんか(@_@;)。手持ちのものはどういう訳か通常CD盤(2〜3年前にHMV&BOOKS onlineで購入)。この内容でしたら通常CDではなく是非ともSACDで欲しいな〜と思い立ち、日本のAmazon.co.jpよりも大幅に安価な価格を表示していたUKアマゾンに発注してみました・・・ちなみに購入時の価格はど〜ゆ〜訳か£3しませんでしたぁ(≧◇≦)。
   
いつものように注文後10日ほどで届いたのは良いのですが、開けて見るとなんとこれ、既に家にあるのと同じ通常CDバージョンでございます・・・orz なんだかはっきり Hybrid SACD, Import と明記されてる日本のAmazonとは違って、Amazon.co.ukでは商品表記が(Double CD, Hybrid SACD)となっていて若干意味不明気味でしたし、お値段も妙に安いので一抹の不安が無かった訳では無いのですけれども・・・要するにこういうオチだったのですね(-_-;)。なんとなく、2枚組の片方だけSACDプレスだったりするのかなぁ?な〜んて希望的推測をしたりはしたのですけれども(^^;)

とはいえ表記は表記。SACDと明示してあるのに既に持ってる通常CDを送られても困るので、今回はAmazon.co.ukの返品ページから「Wrong item was sent」届いた商品が違うとしてキャンセル交換オーダーを出し、商品説明通りSACDにチェンジして下さいと英文で先方に伝えることに。今まで英Amazonで軽く3桁以上のCDを購入してきましたが、本家Amazon.co.ukの販売品で返品するのは何気に初めてでございます。※国際貨物ですので、基本的に汚れやケース割れ程度では一切クレームしない方針なのです。

そういえば、通常CDのつもりが届いたのがHybrid-SACDで得した逆ケースは実は何回かあったのですけどね・・・。あと、確か以前にマーケットプレイス経由で中古SACDのオーダーにもかかわらずCDが届いたときは、交換希望のクレームをしたところ即返金処理され、SACDも入手できない代わりにCDの返送が不要だったことはありました。(元価格が£0.1とかだったりするので返品されたら送料で割に合わなかったのでしょう)
英国Amazon返品
管理人の場合、日本のAmazon.co.jpではいつも年通算で軽く100商品以上オーダーしていますので、年に1回程度、商品不良等での返品交換請求をする場合があります。それもあって、特に英Amazonでも返品方法について戸惑うことは無く、基本的には英語と日本語の違いだけで返品方法はほぼ同じ。返品受付フォームから手持ちのプリンターで返品交換用のフォームとバーコード、アドレス、インボイスを3ページほど印刷し、それを元の梱包パッケージに同梱&貼り付けて、商品到着後30日以内に返送するだけ。国際郵便ですのでインボイスも同時にプリントアウトされますが、安い小型梱包物ですので外貼り用の詳しいインボイスは不要でした。

税関告知書重量は約160g。返送期日に未だ余裕がありましたので、国際小包については送料の高いEMS(2200円)ではなく、6日ほどで届く航空便の小形包装物@420円を選択。昔からある税関告知書の緑色のシール(CN22/CN23)を郵便局で貰って、£価格と内容物名(CD)とサインを書いて貼り付けます。Amazon.co.ukの返品の場合、£20以上はトラッキング(追跡)可能な発送方法を推奨となっています。なるべく追跡付きにすべきなのでしょうが、今回は如何せん中身が£3未満ですので・・・。尚、安くても期日までに届かないので船便はダメですよ。。。SAL(エコノミー航空便)も輸送事情次第で返品期限ギリギリになってしまい危ないと思います。

o-green日本郵便トップ > 国際郵便 > 料金・日数を調べる

返送はAmazon.co.jpの場合と同じで、最寄りの郵便局に持ち込みです。国内のように着払いが出来ませんので送料については送り元負担ですが、申告しておけば返金時に加算されて戻ってくるシステムっぽい。これ、わざわざカスタマーサポートに注文番号を伝えた上で、返送に幾ら掛かったか手書きで連絡しないといけないみたいですね。手書きの連絡フォーム一体何処にあるんだぁ?と思ったら、カスタマーサポートの返品交換請求ページより、下の方の質問理由のタブから任意の理由を選ぶと、
カスタマーサービスe-mail

更に下の左側にE-mailの項目が出てきました。めちゃくちゃ判り辛い〜(-_-;)
カスタマーサポート
到着検品後にあらためて代品が送られてくる予定ですけれども、ちゃんとHybrid-SACDバーションになって戻ってくると良いなぁ・・・と思っていたのですが、英国到着前に代品を発送しててくれたみたいで、こちらが返品発送した後、入れ替わりで直ぐに代品が手元に届きました。

だがしかし・・・開封してみたら・・・またもやCDバージョンでございます・・・orz

再びカスタマーサポートに事の顛末をメールをしたところ、直ぐに謝罪の返信が来ました。Amazon.co.ukでは顧客からメールで質問があった場合、6時間以内に回答するシステムみたいです。ただ、こういった在庫管理に問題が発生した可能性があるケースでは再々交換は承れないとの事で、全額返金した上で、一旦Amazon.co.ukの該当のページを止めて在庫のチェックをするとの事でした。(後日再確認したところ、結局SACD Hybridの文字が消えていました。そして爆裂値上げ・・・w) ちなみに届いたCDは2枚とも返送不要とのこと。直後に返金処理のメールが届いていましたが、見るとこちらからの返送料@420円が返金に含まれていません。既に1枚目は返送済である事を再度メールし、420円分の返金を求めたところ、再びの謝罪とともに£3(・・・£2.8相当ですので少々適当ねw)の追加返金連絡がありました。
ヘルベルト・シュフ
で、手元には未開封のCDバージョンが一組み残ってしまった訳ですが、万が一見た目がCDケースで中身がSACDだったら!?と思って開封してみたところ・・・やっぱりただのCDでございました。CDバージョンはそもそも既に以前から持っているものですので、最終的に、全く同じ中古開封品が2つ手元に残る形に。あぁぁぁぁぁ新しいのは開封しなければ良かった・・・(^^;)

ピュアオーディオBlogランキング←さらっと書きましたけどプチ面倒な経験でしてよ♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
CDレビュー に参加中!