エイプリルフールネタでは無いですよ?3月末のことですが、箱ピュアブログの常連の方からTwitter経由で、オランダのダウンロード音源販売店primephonicで、最近発売されたばかりのルノー・カピュソンのバルトークバイオリン協奏曲1番&2番の96KHz/24bitハイレゾ音源が、何故か無料になっているとの有り難い情報を戴きました。


一般的に、ハイレゾなどのDL音源が無料になるのは、権利放棄したような古くて売れ無い音源や、マイナーレーベルの特別企画、会員獲得目的など、何らかのキャンペーンに基づくサンプル音源の限定的サービスである事が普通だと思うのですが、今回のカピュソン盤は、先月発売されたばかりの新規アルバム。新譜ですので普通にAmazonやHMV&BOOKS onlineiconでもいいお値段で販売されています。とはいえ無料という事もありとりまダウンロードしてみたものの、音質がイマイチでほんのり残念。。。
 
ルノー・カピュソン(カプソン)ヴァイオリンリサイタル

ルノー・カピュソンの録音って、今までも音質の良し悪しのバラツキが極端なイメージ・・・。バルトーク・ヴァイオリン協奏曲のリリース情報はHMVやTOWER RECORDS等のメルマガで知っていいて、元々このCDを購入する気は無かったのですが、実際CDを買わなくて良かった〜みたいな感じでした(~~; 演奏は決して悪くないのに勿体ないです。。。

primephonic

それにしても、どうしてこれが一部のサンプル楽章では無く、アルバム単位でまるっと無料なのか?お互いにTwitter上で首をかしげていたところ、同じくクラシック音楽繋がりの他のフォロワーさんから、他にもEratoの音源が無料でいくつか出ているとのTweetをいただき愕然Σ(・□・;)www

Warner Classics

俄に色めき立って自分でも直ぐにWarner Classicsのページを調べてみたところ、あれよあれよとWarner-EratoやEMIの音源が87枚も無料でDL出来る事が判明(3/30日時点)。しかも大半が比較的近年の録音です。手持ちのCDコレクションとの重複が十数タイトルあり、さらに後日の購入に備えてCDショップのカートに入ってるアルバムもちらほら・・・(滝汗) しかもどれもこれもセール表示が無く、saleで絞り込み検索しても全くヒットせず。販売価格順で並べたPrice Lowにも一切ヒットせず。

特にWarner Classicsレーベルでの無料イベントをやっているとの告知は何処にも無く、もしやこれって登録間違いかシステムエラー?みたいな悪寒(^◇^;)。いつお店側に気付かれるかと冷や冷やしながら検索で見つけた¥0.00のアルバムを震える手でカートにいれ、そそくさと決済してしまいます。決済と云っても無料ですのでクレジットカードへの課金はありませんでした。インボイスのメールにも¥0.00とあります。※そもそも私はこのお店でDL音源を購入したことが無く、メルマガと会員登録のみでクレカの登録をしていませんでした。

決済を済ませたのは良いのですが、Twitterでお気楽に拡散してしまったせいか、最初のうちはするすると出来ていたダウンロードが、程なく滞りはじめます・・・(滝汗) 情報元の常連さんも、普段フォロワーさんを絞っていて仲間内のアクセスしか無いのに、この記事へのインプレッションがあっという間に600を超えているとのこと(@_@;) いつお店側が気付い無料DLをキャンセルされても不思議ではありませんでしたので、金曜夜から日曜昼まで徹夜作業でダウンロードをかける羽目に陥りました・・・(苦笑)

実際、DLしている間にも、いくつかのタイトルは無料から元の有料コンテンツ(今のレートでは平均2000円くらい)に戻りはじめ、もし油断して決済確定を後回しにしていたら、かなりのタイトルを取り零していたところでした 。いつこの祭りが終わるか不明ですが、とりあえずこのエントリを執筆しているエイプリルフールの朝時点では、いくつかのタイトルがまだ無料DL可能なようです。

ハイレゾダウンロード
※私が見つけた87タイトルもこれが最大数かはぁ ゃι ぃですが。どういう訳か丁度100GBでした。これだけあると1年通してたっぷり愉しめそうです♪

【4/2追記】
とあるフォロワーさんからErato/Warner ClassicsWarner Classics International等、他にもまだ取り零しがある事を教えていただき、13枚追加で合計100タイトルを入手できました。primephonicは検索精度が非常に悪く、同じWarnerですらも3つに分かれており、それぞれ個別に辿らなければ一括検索では出てこないタイトルが多くあります。演奏家の個別ページなども登録漏れが多く、Album>show moreの全体検索から辿ったほうが検索漏れが出にくいようです。

【4/4追記】
どうやら無料アルバムの配付は終了したとの情報をフォロワーさんよりいただきました。


これらのアルバムを全てCDとしてHMV&BOOKS online/TOWER RECORDS/Amazon.co.jpの超特価セール狙いでがめつく集めても、それでも総額10万円は優に越えているはずです。私は元々形の無い音源のDL購入には割と消極的で、特にNASのHDDを論理クラッシュさせて大量にデータを失ってからは、ダウンロード購入は無料サンプルや、CDで入手できない音源限定でスペシャルセール時が中心でした。やっぱり音盤・・・光学ディスクメディアとヴァイニルが好き♪でも書いたように、基本的に私の音源蒐集はCDとSACDのフィジカルアルバム集めに徹しているのですが、これだけ一気にハイレゾデータのタイトルが増えてしまうと、いつも適当なアップグレードでお茶を濁しがちなPCオーディオ諸々、更なる音質向上に努めてみたくなりますわね〜(*^-^*)

ピュアオーディオBlogランキング←エイプリルフールのネタではないですYO!
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
クラシック に参加中!