CDプレーヤー選びの悩み♪

当初、A1VLのエージングが済んでいないコンディションの状態で、A-1VLの音はC-1VLと合わせてこそ本領を発揮するのではー?などと書きましたが、(今でもそうだとは思ってますが…・) ここまで音が良くなってくると、店頭で聴いたあの素晴らしい響きがもう十分に再現できていますし、DV-545程度の初級プレーヤーでも生き生きとした素晴らしい音場感で音楽を聴かせてくれていて、ある意味十分と思えるクオリティ。更にC-1VLを追加するまでもないかなー等と不届きなことを考え始めてしまい…

要するに、ああっ!浮気がしたいっ…。

C1-VLを追加購入するとなると税送込みで7万円台半ばの出費になります。これが一番無難ですし、デザイン的な整合性も取れるのですが、既にどんな音がするのかはある程度予想が出来ます。いや、予想が出来ているつもりでいるだけで、たぶん、実際にA1-VLと組み合わせると、店頭で気がつかなかった魅力がまた色々発見できるのでしょうけれど…てか、人にはあっさりワンブランドシステムを勧めるくせに、言ってることとやってることがもろに違うよね(^^)ゝ

元々私のCDP候補には、A-1VL以外にjazzaudiofanさんがお使いのAH!Njoe Tjoeb 4000があったのです。真空管です。色々なレビューを見るにつけ音楽性は抜群に高そう♪周波数スペックなども逝っちゃってる雰囲気を醸し出していてそこがまた良い。

で、Ah!国内代理店価格で10万5千円程度。

オンキョーC-1VLと比べると少々割高ではありますが…・・常に特別な存在でありたいという私の虚栄心は満たせます…。両方買えよ、という突っ込みをされそうですがそれは無理なのです。色々考えて、Ah!はぐ~○○の小切手で買えないかなどと妄想してみたり…。

…さぁ、どうする?

  • URLをコピーしました!

コメント一覧 (8件)

  • か~なり迷っておられますね(笑)。
    Ah!の所有者として激しくお勧めしたいところですが、あえてAh!の弱点を
    お伝えしましょう。 
    弱点その1:見かけが悪い。真っ黒ですからA-1VLとの組み合わせは最悪でしょう(^^;)。
    弱点その2:作りが安っぽい。フェースプレートはともかく、筐体の鉄板
    (?)はペラペラで、ちょっと抑えただけで変形します(涙)。本体その
    ものが軽いので、ボタンをちょっと強めに押しただけで後ろにずりっと
    動きます(^^;)。
    弱点その3:高域がちょっとロールオフしてるかもしれません。その分低
    域と、特に中域がすばらしいんですが。
    それでも欲しい、と思われる場合は迷わずGo!(笑)
    (ドットラボのユーザー掲示板は読んでくださいね。)

  • 禁断の果実ですね。AH!Njoe Tjoeb 4000幸せの道しるべかもしくはいばらの道か?
    オンキヨーのセットはいわゆる王道ですね。
    個人的にはAH!Njoe Tjoeb 4000試してもらいたいですけど…
    楽しみに待ってます。(くれぐれも人の意見に惑わされぬよう、僕もそれで後悔したことがあるので)

  • ドットラボの掲示板を一通り読みました。
    感想ですが、書き込みをされている方が数人に限られているのと、
    それらのレビューや比較環境説明などが詳細でなく、
    正直なところあまり参考にはならなかったかもです。
    理詰めで作られた国内最高峰のD社やT(E)社と比較されても困ると言いますか、
    pastel_pianoは国産でもCECやPHILIPSは音楽性でそれらを遥かに凌駕してると思いますし、
    NT4000と比べるなら同クラス前後の海外機じゃないかなーと。
    弱点ですが、英国製などの薄型海外機を、音的にも見た目的にも
    好む私ですから、AH!Njoe Tjoeb 4000の外観は全く問題ありません。
    MARANTZのこのクラスの製品は実機を散々目にしてますし。。。(^^)ゝ
    私は伝統的で高貴な薫り漂う物か、超チープかどちらかが好きなんです。
    中途半端に良くできた文化的な気品を感じない即物的高級感にはまるで興味無しです。
    ONKYO機もそんな国産的スタイルから一歩踏み出したところが良い訳です。
    高域のロールオフ感ですが、録音状態が種々色々な
    CDを音楽的に再生するためには賢明な選択でしょう…。
    CECもPHILIPSもある程度ロールオフして聞こえます。
    ちょっとアイデアを思いついたのですが、
    ドットラボさんに爆弾メール投げてみようかしら?
    ………シカトされるかな。

  • おお、弱点はそれほど気にならないようですね。
    では一度販売店さんに電話して話を聞いてみられるといいかもしれません。
    ちなみに爆弾メールって…(笑)、価格交渉とか、自宅試聴申し込みとか? 可能性あるかもしれませんよ。

  • わーわーわー○×△◇図☆!w
    実は、オンキヨーにもGW中にとあるメールを出してみました。
    こっちはやっぱりシカトかなー(^^;普通の人はシカトすると思う…。
    でも、敢えて可能性にかけてメールしてみる。それが私の生きる道~♪

  • なんとまぁびっくり!
    ダメ元で出した質問攻めメールだったのですが、
    e-onkyoからとても親切な返答がありました(*^-^*)。
    そこで、A-1VL+C-1VLの使いこなしについて、
    重要なアドヴァイスをいただきました。
    公開できる範囲で追って記事にしていきたいと思います。

  • 返事があって良かったですね!
    …ということはC-1VLで決まり…なのかな?
    いずれにせよ、今後の記事を楽しみにしてます。
    Ah!の方も良い返事があるかもしれませんよ♪

  • AH!の方は回答待ちですぅ♪
    ここまで記事を書いてC-1VLを使わないのは反則ですしねー。
    書き手としての責任がありますし、実際このONKYOのモデルは
    もっともっと売れて欲しいんです。歴史に残る名機だと思うのです。
    ただ、雑誌の評価とかは意外と冷めてるんですよね。
    少々理解に苦しみます。陰謀か!とか思ったり…。
    ちなみにNT4000を外した訳ではありません。
    こういうブログを作ってしまった以上、もはや
    所有機はいくつあっても良いでしょう♪…。
    問題は単に懐具合なだけです…_| ̄|○

コメントする