PCオーディオとネットワークオーディオの定義について

今更ですがココでおさらい\(^o^;)/。PCオーディオとデスクトップPCオーディオ、ネットワークオーディオ(ネットオーディオ)の定義について、いまいち判然としなかったり、曖昧に認識されているケースが結構あるっぽいみたいなので、箱庭ピュアオーディオ管理人の考える、PCオーディオとネットワークオーディオの定義について今回説明してみたいと思います。

デスクトップPCオーディオ ELAC Firestone Trends Audio

PCで音楽を再生するのであれば、それがチープな内蔵モノラルスピーカーであってて、それらは全て広義のPCオーディオなのだとは思いますが、敢えて「オーディオ」を呼称する場合には、パソコンを再生母艦として、単品オーディオ機器と呼べるクオリティを備えた外部スピーカーやアンプ(アンプ内蔵スピーカー含む)を使って再生することが、PCオーディオの定義だと考えています。高音質化を目的とするPC内蔵サウンドボードを強化、単体外部DACの導入、単体ヘッドホンアンプ、オーディオ用USBケーブル等各種ケーブルの高品位化、ワイヤレス方式で、PCと物理的且つ電気的に切り離れたオーディオ機器に転送する方法など、高音質化へのアプローチには色々なバリエーションがあります。

PCオーディオの利点は、デジタルデータ音源に於いてCD(PCM)、SACD(DSD)、DVD-A、Blu-ray Audio、DAT、DCC、MD、MP3、WMA、AAC等々の圧縮ファイル音源、などなどそれぞれのデータ規格、ハードウェア規格に対応した専用の送り出し物理トランスポートが不要である点が挙げられます。

デスクトップPCオーディオとは?

PCオーディオの中でもスピーカーをPCデスクの左右に置たい上で、PC上の高音質音楽プレーヤーで再生し、普段はPCのシステム音の再生も兼ねるマイクロデスクトップオーディオの事を、箱庭ピュアオーディオでは「デスクトップPCオーディオ」と定義しています。

desktop pc speaker

スピーカーのサイズに具体的な制限はありませんが、それぞれのデスクトップの上に乗るサイズ、PC+ディスプレイモニタ運用の妨げにならないサイズとなると、自ずと接続機器とスピーカーの大きさには常識的限界があります。よって一般的なピュアオーディオ、AV機器や業務用規格のフルサイズコンポ(幅43㎝前後×奥行き無制限)ではなく、主に高音質デスクトップPCオーディオ向けに設計された超小型のオーディオ機器や、民生用/プロ用問わず小型オーディオ機器、具体的には手の平サイズから~大きくても幅20~30㎝以下のマイクロコンポーネントが、デスクトップPCオーディオを実現するための主なシステムとなります。

ネットワークオーディオとは?

インターネット経由のネットラジオやサブスクリプションサービス、音楽ストリーミング配信の受信再生機能に加えて、ダウンロードorリッピングした音楽データのストレージとして、NAS「network attached storage」(音楽データ専用にPCから独立した外部HDDやSSDのサーバー)を構築。そのローカルサーバーの音源をプライベートネットワークで有線LANもしくは無線LAN経由で各種音楽プレーヤーに送信し、再生可能なオーディオシステムの事をネットワークオーディオと呼びます。