CM2収録場所とピアノが一緒と云うこともあり、こちらも基本的にゴールドベルクと同系統の音質です。ただし、シューマンの録音の方がオンマイク気味?でややホールの間接音を捉え切れておらず、より挑戦的で高音質なのはゴールドベルク変奏曲の方では無いかと感じます。

このディスクの収録機材は以下になります。
 ・マイク Bruel&Kjaer 4006
 ・マイクアンプ M.Aオリジナル
 ・マイクケーブル CARDAS GOLDEN CROSS 1+10m
 ・レコーダー PIONEER D-07A
 ・モニタリングヘッドフォン STAX ΛSignatureicon
iconiconiconicon
マイクのことは詳しくないのですが、レコーダーとモニターがグレードダウン?もしくは持ち運び優先でコンパクトになったのか。但しCARDASのケーブルはトップエンドのGOLDEN CROSSにグレードアップ。

M.A Recordingsの録音で使われているマイクケーブルはカルダスですので、今日はサブシステムのスピーカーケーブルをスペース&タイムのオムニからカルダスのクロスリンク2Xへ変更。値段が違うぞ!と突っ込まれそうですが、Crosslink 2Xの方がやはり音色的に録音との相性が良く、透明度が上がり更にリアルになります。

演奏はゆったりとニュアンス豊かな弾き方で、子供の情景は特に耳当たりよく優しい印象です。それにしても、このビンテージ・スタインウェイは本当に不思議な音色ですね。録音が変というよりも、このピアノの個性がかなり特殊なのかも知れません。鈴が鳴っているみたいな、ハープシコードが紛れてるみたいな・・・、このピアノ松本のハーモニーホールに行けば置いてあるのでしょうか?っと今ちょっと検索したところ、どうやら伊藤栄麻さんの持ち込みだそうです(@_@;) こちらのピアノを使った彼女の演奏、機会があれば生で聴いてみたいです。

ピュアオーディオRANKING←今日も入場料を払う♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加