吉田苑さんなどを筆頭に、巷で一体型ミニコンポの割に音質が良いと噂になっているオンキヨーの人気モデルCR-D1。昨年秋にそのブラッシュアップモデルにあたるCR-D1LTD(限定品)が発売され更なる高音質化が図られたとのことですが、一体どの程度の実力なのか、遅まきながら年末年始に試聴してきた感想を書いてみたいと思います。


価格的な部分もあって正直なところ全く期待していなかったのですが、結論から云うとこの価格帯の中ではもの凄く高音質♪ 音の傾向としては、同じVL DIGITAL回路を使うONKYO A-1VL/C-1VLの音色傾向にかなり近く、中高域の硬質で煌びやかな輝き感と軽快なスピード感は、サブシステムで今も使っている本家A-1VLを更に上回っているようにさえ感じます。デジタルアンプを採用する以前の同FRシリーズのミニコンポとは雲泥の差というか、実際月とスッポン。かといって上位のINTEC275シリーズのようなともすると鋭い冷たさもなく、幾ら何でも5万円前後のこのクラスにこのクオリティの製品を投入するのは反則なんじゃ・・・とか思ってしまったり。実際、ライバルと思わしき他メーカーの一体型ミニコンポが霞みまくり。。。といったら大袈裟かしら?
試聴にはメーカーの純正組み合わせ推奨スピーカーであるD-112E LTDを使用しました。
ONKYO D-112EXLTD

例えばうちで使っているサブシステムの一つ、ビクター EX-A5付属のレシーバー、デジタルアンプ「DEUS」のヘッドユニットよりも正直ずっと音がクリアでドライブ力もありそう。。。(爆) そして下手をするとエントリークラスのピュアオーディオ製品の良くない組み合わせを明らかに上回っています。(具体的機種は挙げませんが、比較してボロ負けしたプリメインアンプがありました。)

ただ、音の作りとしてはやはりミニコンポというカテゴリの制約、ポピュラーミュージックのリスナーが多くなる事や店頭効果、セッティングがスピーカーとコンポ横並びでの卓上の狭いセッティングである事などもあるのか、直接音は煌びやかで魅力的な反面、間接音表現や音場表現の広さ、深さという部分については、やはり高価な単品ピュアオーディオのモデルにはやや及ばないように感じます。でも敢えてそういう部分を無視しても、十分魅力的な直接音の音色があるとでも云いましょうか。

あと、長時間聴き続けた場合、同社の上級機種にあたるA-5VLC-S5VL等の単品ピュアオーディオクラスのアンプやCDプレーヤーと比べてしまうと、どうしてもマイナス方向の深い表現力、彫りの深さ、厚みなどは不足気味で、全体に音楽表現の幅があっさりと表面的になりがちではあります。ここら辺が製品ターゲットとしているリスナーの違い、或いは価格の差なのかも知れません。

ただ、動的にチャーミングでプラス方向への求心力が高く、リズム感やスピード感が明るく快活に表現され、細かいことが気にならずに音楽を気軽に楽しめる音作りは逆に上位機種では望めない部分。CR-D1LTDは極めて高いクリアネスにも拘わらず、余計な音が出ない分、聞きやすく上手にレンジが纏まっている印象です。

ONKYO CR-D2
《2011現在は後継機のCR-D2 CR-D2LTDになっております》

CR-D1LTDはCR-D1に比べより上質なカスタムコンデンサの採用や、二重シャーシなど筐体の大幅な補強による制震対策、ピュアオーディオグレードの金メッキ端子など、カタログスペックに現れない音の質感を大幅に向上させています。

音の傾向としては本格的なクラシックやジャズよりも、電子楽器、アコースティック楽器問わずアニソンポップスをクリアにクッキリと見事な定位で心地よく聞かせる事を得意としていて、レンジの広い音楽で音作りを施されたピュアオーディオ機器よりも、一般的な音楽ファン層には実用的で向いていると思います。

あと、このクラスでは再生の難しいクラシック音楽でも、オーケストラや弦楽器はともかく、ピアノソロ(注:の右手方向)はかなり奇麗に鳴ります。ソフトでもわっとしたヤマハのピアノも、CR-D1LTD+D-112ELTDの組み合わせでしたら、硬質で煌びやかなスタインウェイの響きっぽく聞こえたりするかも(笑)。あと、小音量でも直接音をクッキリと明瞭に奏でられるため、あまり大きな音を鳴らすことの出来ない夜間や集合住宅での箱庭的セッティング、ニアフィールドリスニングでも音楽を楽しめるように配慮されていると思います。

今回は敢えて純正組み合わせのスピーカーD-112E LTD以外を試聴しませんでしたが、敢えて別のスピーカーを持ってくる必要があるかと問われると・・・D-112 LTDと同クラスの他社スピーカーの場合、純正組み合わせより上手く鳴らならす事の出来ない可能性も出てくる筈です。CR-D1LTDはドライブ力は良いとしても、ある意味方向性が明確で個性の強いサウンドでもありますから。

それでも将来のグレードアップを考えてもっと良いスピーカーをという場合は、やはりヨーロッパで評価の高い同社のD-312E辺りが無難かも知れません。他にはやはりメタリックな輝きに加えて潤いを加える感じでドイツのELAC(エラック)などは如何でしょうか。管理人はELAC好きですね〜♪ もちろんこれはあくまで想像♪ 実際に組み合わせて試してませんので保証はいたしかねますけれども(爆)

そうだ、明るくカラッとした、良く乾いたマホガニーの音がする不思議な音色ですが、他者と同じがイヤでギターが何より好きな人でしたら、こんな味わいのある個性的なサウンドも有りかも知れません♪タカミネギターこと高峰楽器製作所とONKYOのコラボーレーションから生まれた月産50組限定ギターアコースティックスピーカーD-TK10も個性的で面白いかも知れませんね♪

ピュアオーディオRANKING←毎日クリックしてくりゃれ♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!