今日はなんとなく、重複で買ってしまった(結構あるんですこれが・・・)全く同じCD二枚(ヘルベルト・ブロムシュテット指揮、サンフランシスコ交響楽団/リヒャルト・シュトラウス、アルプス交響曲)を出してきて、メインシステムの業務用CD-Rレコーダー MARANTZ CDR630と、ベルトドライブCDプレーヤーのC.E.C TL51Z両方にセット。スタート時間を目視でぴったり合わせてプリメインアンプのセレクタを切り替えながら聴いてみました。
R.シュトラウス:アルプス交響曲
R.シュトラウス:アルプス交響曲ブロムシュテット(ヘルベルト) R.シュトラウス サンフランシスコ交響楽団

おすすめ平均
starsゾクゾクするすごい「アルプス交響曲」
stars純正調パイプオルガンの響き!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

まぁプレーヤの音質比較は何度もやってることですので音質の違いは既に判りきっているのですが、この両機、再生中に時間軸が少しずつずれていくのに今更ながら気付きましたw。最初合わせた筈の音が、暫くしてからのセレクタ切り替えで僅かにずれて聞こえたので???と思ったのですが、どうやら約50分間で1秒ほどTL51Zの方が遅れるっぽい。(注:収録35分(アルプス交響曲)+17分(ドンファン)の曲ですが、演奏に停止のない最初の35分でも徐々にズレるのが判ります。加えて、この2台のプレーヤーはトラック切り替えによるスタート時間のずれは目視範囲では無いみたいです。) 感覚的に音がゆったりしていると表現されることの多いベルトドライブプレーヤー。音質のカラクリがここにあるのかも?

CEC TL-51XR (同型後継機) (注:ドライブメカは改良されたものです。)

ちなみに、TL5100ZとTL51Zのデジタル出力(TOS/同軸)をCDR630へ入力した場合、回転に伴う周期的なクリックノイズがCDR630側のDACモニター音に入り、SRC(サンプリングレートコンバータ)無しでは同期が取れません。CDR630でのDACモニター及び等倍速リアルタイムレコーディングは44.1kHz±100ppmまで許容しているのですが、TL51Zはその規格を超える時間軸管理上のジッターが出ているという事のようです。

CDR630内蔵のSRCを噛ませればDAコンバーターとしても使えますしCD-Rも焼けますが、この組み合わせの場合当然データはグチャグチャ、聴感上もはっきり濁った音になりますので、CD-R焼きの送り出しトランスポートとしては使い物になりません。ベルトドライブプレーヤーの音が良いという印象は、もしかすると回転ムラによって敢えて正確性を崩すことによる1/fゆらぎなのかっ?てな感じ(@_@;)

ちなみにCEC機のベルトドライブトランスポートと単体DACについては、規格上、同期に問題があるとされる(ツッコミご容赦w)TOSリンク同軸デジタルケーブルによる従来のデジタルデータ転送に加えて、CECスーパーリンクという別系統で時間軸信号を同期させています。設計者のカルロス・カンダイアス氏が必要性を感じているからこの方法を取っているのでしょう。とはいっても、CD-Rレコーダーではない他社のオーディオ用の単体DAコンバーターとの組み合わせの場合、DAC側の時間軸の揺れに対する受けマージンがもっと広いのか、多くは問題無く音が出るみたいですけど。。。
cdr630
マランツCDR630



これを見たらこんな巫山戯たCDトランスポート使えるか〜!となりそうですが、其処はデムパな音楽系。聴感上はTL51Z/TL5100Zの方がCDR630より遙かに良い音がします。もちろん主観的にです。両機を外部DACへ入力するトランスポートとして使用しても差は歴然です。TL51系ベルトドライブの方が音色が滑らかで濃く、CDR630の方は少しザラッとした軽快な音です。音のキャラクタが大分違いますのでこの違いは誰でも判ると思いますが、私のスタンスとしては音楽良ければそれで良い、論より実を取るって感じです♪

マランツブランドながらPHILIPS時代の設計/生産(ベルギー製)でビットストリームDACや、リニアトラッキング・ダイキャストメカを積んだCDR630も、地味ながらなかなか音楽的な音がして決して悪くないのですが、まぁ、客観的には165000円という当時の定価から10万引いたくらいのクラスが相応な音質でではあります。アーカムのCD72Tとは好みでどうぞの良い勝負♪設計の新しいオンキョーC-1VLには音楽性はともかく弱音部の情報量で軽〜く負けます。
ONKYO C-1VL

というか、7.8年前にも手持ちのいくつかのCDプレーヤーで同様の実験をしたときも、それぞれみんな再生時間がずれていくので大笑いした記憶があるのですが、SONY CDP-X555ESを基準(ソニーの中級機ですから時間軸は真面目に揃っていると推定)を基準として、聴感上X555ESより好ましく感じられたフィリップスのAZ6829/06は、水晶発振器ではなくセラミック発信子を使っていたためか、時間軸管理がテキトーなのが耳で判っちゃう?くらいで、A/B比較をすると体感的にテンポが僅かに速くなった様に聞こえるのです(滝汗) うろおぼえですが、4〜5分のトラックを再生して軽く1秒以上ずれていたような気がします。これがこのプレーヤーの明るく快活な音のカラクリなのかも!?とか根拠の無い超推測で言ってみたりする(爆)

あと、これは知人所有モデルの聞きかじりですが、当時の国産D社の普及型CDP(型番忘却)の一つも、同様にCD一枚で数秒ずれてたらしい。なんだかなぁ(滝汗) 16bit/44.1kHzデジタルっていってもコンシューマーレベルのCD-DAフォーマット。時間軸方向はは相当ユルい入力でもDACは同期訂正せずに動作しちゃうという事なのかしら。。。あまり酷いと微かにピッチがずれてるのに気付く人がいそう。。。w この程度のズレ、判るわけ無いだろうと言われれば確かにそうですし、あくまで感覚的な印象ですのであしからず。

C.E.C(CEC)TL-0X 最高級ベルトドライブトランスポート

エラー訂正なんかでも、クラシックやジャズのCDコレクターの方は、輸入盤で盤面に傷がないのに音飛びを起こすCDに遭遇した事がある人は結構いると思います。個体差でどうにも再生できなくて返品交換したらOKだったり。偏芯や、製造管理の甘さから来る、プレス成形段階の雑さに伴うピットの成形ムラや反りなどが理由らしいですが、これ、プレーヤーによっても違って、ディスクコンディションの許容値が広く、メカのサーボが優秀?なプレーヤーはほぼ何でも再生できるみたいですが、うちにあるCECのTL5100Zの場合、廉価な再発輸入盤やSACDハイブリッド盤が時々駄目だったりします。ちなみに同51Zは割と何でも平気だったりするので個体差かも知れませんけど。。。(メカが改良されてる現行機では不明です。)

あと、手持ちのPHILIPS PLD600(コンパチブルLDプレーヤー)なんか、ちゃんと再生できれば音質は良いんですけど、国内盤でも時々決まった場所で音飛び起こしてクリックノイズのリピートループに陥ることがあります。輸入盤だと更に高確率で音飛びディスクが発生。これも根拠皆無の超推測ですが、音飛びに至らなくても相当U2訂正?入ってそうな感じです。若しくは読み取り訂正殆どマトモに出来てないんじゃ?ってレベルです。イライラしますが、プレスに何らかの問題あるディスク発見機としては重宝します(爆)

ちなみに車で使っているナカミチのヘッドユニットNakamichi CD-30ZもCDでは滅多に音飛びしませんが、CD-Rにすると駄目。カーオーディオですのでそれなりのメモリバッファを積んでいるとは思うのですが、それ以前にピックアップの出力が弱いとかそういう事なのかしら?ちなみにCD-Rの銘柄で音飛び率がぜんぜん違うし、車に放置状態なので、焼いて直ぐは良くても、数ヶ月〜数年で劣化して音飛びが始まったりします。で、アコースティックリバイブのRD-1で消磁すると音飛びが治ったり、音飛びする箇所が何故か転移したりする(爆) そんなディスクでも普通のCDプレーヤーでは(聴感上はともかく)問題無く再生できますし、大抵はリッピングも問題無く出来ますので、一体なんでやねん?という感じですが。。。
アコーステッィク・リバイブRD-3

そういえば、高級CDプレーヤーやトランスポートほど、サーボ電流が音質に与える悪影響を避けるため、極限までピックアップの動作を抑えるとか言われてますよね。むしろ低価格機の方が読み取りには強いとか。技術的な因果関係の真偽の程はともかく、コンシューマーオーディオに於けるCD-DAのリアルタイム読み取り能力って、結構おおらかでいい加減じゃない?とかこれらの経験上、思ってしまったりするわけです。時々音飛びするケースがあるということは、そのプレーヤーでは更に多くの頻度で、データ復元可能或いはその範囲を超えたデータを類推補完している事になるのでしょうから。

ともかく、光学式プレーヤーを何台も所有している人は、プレスでも完全一致のCD-Rでも良いですので、トラックに切れ目のない音楽の同一音源を用意して、みんな同じタイミングでずっとCDが回り続けるかどうか試してみると面白いかも。。。♪数台に1台、時間軸が速くなったり遅くなったりの変なプレーヤーが見つかるかも知れませんよ・・・(笑)

ピュアオーディオRANKING←デムパ過ぎて片腹痛いのでクリック♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!