CREEK(クリーク)エヴォリューションCD(EVO CD)導入記その1
CREEK(クリーク)エボリューションCD(EVO CD)導入記その2
A-1VL&EVOLUTION-CD
こんな組み合わせを試す人は他にあまりいないと思いますが、一応という事で。重ねてみるとこんな感じです→。
幅がほぼ同じで両機ともアルミパネルという事もあり、見た目的にはかなり似合っていると思います。ヘアライン仕上げの具合に差がありますが、上下の面取りなど合わせてデザイン面でのマッチングは良好。かなり純正組み合わせに近いイメージ♪ また、オンキヨーA-1VLはD級デジタルアンプで発熱はかなり少ないですので、CDプレーヤーを上に載せるセッティングでも、密着させない限り殆ど問題無いと思います。(注:実使用時には念のためインシュレーターなどを噛ませて1.5〜2cmくらいは確保した方が良いかも)

スピーカーはスウェーデンaudioproIMAGE11。スピーカーケーブルは英国タグマクラーレンのF3-10SPK。RCAピンケーブルは米国STEREOVOXのHDSE。電源ケーブルは純正品。電源タップはPC用の格安品、壁コンは松下のWN1318。A-1VLは13mm厚のデュポンコーリアンボードとの間にaudio-technica AT6098の3点支持になっています。

こんな感じで早速音を出してみたのですが・・・
う〜ん、う〜ん、う〜ん、結論から云ってしまうと駄目だこれ・・・orz。

まず、音が耳に痛い。中域から上が硬質すぎてすべからく歪んで聞こえます。透明感は高いのですが、大人しくなりすぎて音楽性云々以前に音が死んでる。聴き続けるのが苦痛なレベル・・・(涙) 音質は中途半端ですが歪みを消してくれる良さがあるHDSEを使ってもこのキツさ。。。スピーカーケーブル電源ケーブルもトータルで相当丸みのある音の物にしないととても聴けるレベルにならなそう。。。
C.E.C(CEC)PWC-4N3.5 IEC電源ケーブル
(歪み感が少なく丸いというとこの辺りかなぁ・・・)

ONKYO A-1VLのサウンドは、低域の量感や解像度については、中〜高域の輝き感と比べてややドライでスピードレスポンス重視、ヤマハピアノの左手方向みたいな感じですので、EVO-CDの低域の明瞭な解像度が生きない上に、ボリューム不足でスカスカ気味。C-1VLもフラットな高解像度&高音質指向で、A-1VLの持つプラス方向への元気の良さをニュートラル気味に引き戻すプレーヤーでしたが、この純正組み合わせと比べても、ずっとつまらない死んだような音になります。こんな変な組み合わせにするくらいでしたらC-1VLが半値で買えます。
A-1VL&DIVACD72T

あまりにもつまらない音がして心がかなり寒いので、アーカムDiVA CD72Tを持ち出してみる。この時のRCAケーブルはSTEREOVOXのHDSEではなくイソダのHA-08PSR(改)。うむ、普通に良い。EVO-CDやC-1VLほどの高級感やレンジの広さはありませんが、音楽性が程々に備わっているのと、ほんのりとした暖かみがあって無難な感じ。これなら問題無く音楽が楽しめます。まぁ、音質的にはA-1VLにはもっと上のグレードと組み合わせるのが理想的ですけど・・・(普段はTL5100Zが乗っています)。

そんな感じでものの30分くらいで結局EVO-CDを外してしまいました。オーディオ機器の組み合わせは本当に難しいです。A-1VLとエボリューションCDはそれなりに合うと思っていたのにこの結果。組み合わせを征する者はオーディオを征する、と私は常々思うのですが如何かしら?

1+1がそのまま2にならないのが単品オーディオの難しいところ。安い製品でも組み合わせが良いと合計価格からイメージする数倍の音質が得られたりしますし、数百万クラスのハイエンド機器でも、組み合わせが悪いとかなり情け無い酷い音が出ます。ついでに個々のアクセサリによる小さな変化は塵も積もって山となる。という事で、CREEK EVO-CDプレーヤーは予定外の展開で暫くメインシステムで使うことになりました。TL51Zのアナログライクで歪み感皆無なサウンドも捨てがたいですのでどうしたものやら、両方置くにはスペース上問題が出てくるしなぁ。。。→その4に続く。

ピュアオーディオRANKING←読み終わったら毎回クリック♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!