北京オリンピック開幕〜。という事でなんだか良くわかりませんが人が来ません。先週の金曜日も今年一番訪問者が少ない(涙)と書きましたが、今日はまたそれより少なくなりそうな悪寒。。。猛暑だからかしら・・・orz

ラフマニノフ全集
あんまり暑いので涼みにTOWER RECORDに寄る。クラシックCDコーナーを端から眺めていたらこんなのを見つけました。


ロシアの作曲家でピアニスト、セルゲイ・ラフマニノフ本人がRCAに残したピアノ録音全集の輸入盤10枚BOXセット。離れた棚に2箱置いてあったんですけど、何故か片方が5500円くらいで、もう一方が2400円ちょい。勿論中身は全く一緒。値付け間違い???なのかはお店の都合だと思うので、キョロキョロしながらそそくさと安い方を確保させていただきました・・・(爆)

Wikipediaに国内盤の詳細情報が載っているのですが、

RCAからCDで発売された「ラフマニノフ全集」(10枚組、国内発売1992年・再発売1997年)は、エジソン社とRCAに残された総てのラフマニノフの演奏による音源を復刻したもので、4曲の協奏曲、交響曲第3番、交響詩「死の島」、多くのピアノ作品、歌曲を含む。クライスラーとの共演によるグリーグのヴァイオリンソナタ第3番などの室内楽曲の録音、自作以外のピアノ作品の演奏も含まれている。これらの幾つかは、ナクソスその他のレーベルでも復刻されている。

との事です。帰ってHMVタワレコで検索しても出てきませんので、安すぎて既に在庫無しか廃盤商品だったりするのかしら。。。(歴史的資料価値のある録音ですので何らかの形で再発売されるでしょうが・・・) Amazonにはアメリカの方に在庫があるようですが、価格はご覧の通りです・・・(@_@;)。
Rachmaninov: His Complete Recordings
Rachmaninov: His Complete RecordingsJohann Sebastian Bach Ludwig van Beethoven Alexander Borodin

RCA 2006-01-10
売り上げランキング : 26405

おすすめ平均 star
star歴史的名演の録音

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このうちのいくつかの録音は↓のRCA国内盤で持っていますのでその音質とも比べてみたいところ。。。(まだ10枚再生してないので後日ここへ追記します)
iconiconPiano Works: Rachmaninovicon

演奏は、今更私が書くまでもありませんが、録音が古くてノイズだらけというマイナスポイントが吹っ飛ぶほどの超絶演奏ばかり♪ というか、信じられないくらいピアノ上手いです。ロマンチックで即興的で緩急自在な抑揚表現とアーティキュレーション、超絶に繊細且つ小さいピアニッシモとフォルテッシモのコントラスト。かなり速いテンポの演奏が多いのですが、技巧をひけらかす稚拙なスピード感を一切感じさせない熟練度、有無を云わさず聴き手を音楽に引き込み意識を引きずり回す集中力。。。どれを取っても超一流♪

今現在生きている現役のピアニストでこれだけ弾ける人はいません(断言!) 正に天才的音楽才能+ピアノ演奏技術+身体能力ぶっちぎりの異次元世界です。デジタル時代まで生きたラフマニノフに近いレベルの演奏スタイルといえば1989年になくなったホロヴィッツを思い浮かべますが、たぶん当時生演奏で比べたら、ホロヴィッツ何その若造美味しいの?くらいの差があったような気がします。(注:これはあくまでテクニックではなく表現力に主眼を置いた上での私の想像です。) ホロヴィッツの我が侭即興?やミスタッチにツッコミを入れる人でも、偉大なる作曲家のラフマニノフ様には恐れ多くて諫言出来ないですよね♪
iconicon
ピアノ協奏曲第3番、ピアノ・ソナタ第2番 ホロヴィッツ(試聴可能です)
icon

ラフマニノフ自身に、この曲を私より上手く演奏すると言わしめた30歳年下のホロヴィッツが弾くピアノコンチェルト第3番。作曲者本人による自作自演の演奏評価が芳しくないのがなんだかなぁという感じですが、音楽的表現の巧さはラフマニノフ自身の演奏が多彩ですが、ホロヴィッツがラフマニノフを崇拝していたのに対し、自作自演の方は本人であるが故に自分に対するリスペクトが感じられない(ちょっと冷めてて所々投げやり気味)のがポイントかも。教えてGoo!の書き込みを引用するとこんな感じだったらしいです。

ラフマニノフ本人もこれの録音を遺していますが、そのリハーサル中、指揮者のオーマンディに「ホロヴィッツならこんなふうに弾くかな? ホロヴィッツならどう弾くだろう? もっと速く弾くだろうか? もっと遅くかな?」とか、そんなことばかり尋ねていたとか。

にゃはは、ショパンもリストなら僕の曲をこんな風に弾くかな?とかやってそうだ(笑) ちなみに上の国内盤CDは192kHz最新リマスタリング/ルビジウム・クロックジェネレーター使用最新カッティングだそうです。同一音源のSHM-CD(BVCC-34418)が2008年10月に発売予定です。

ラフマニノフ、顔は怖い。。。ラフマニノフが有り難いのは、本人自身の演奏がこのように沢山残っているので、楽譜に全てが書かれている、楽譜の指示通りに弾け!という様な、杓子定規で凝り固まった無能なピアノ演奏解釈を、当人の超絶演奏で軽〜く一ひねりできるところ。実際にはショパンもリストもブラームスもラフマニノフと同等以上に即興的でロマンティックな、今の基準では驚天動地のぶっ飛び演奏をしていた事が、多くの文献や直接の弟子達の演奏スタイル、本人達の装飾音の扱い方などからうかがい知れるのですが、肝心の本人達の録音が存在しないために、音楽に込められた真意を、後世のクラシック音楽会に於ける教育的、権威的解釈によって簡単にねじ曲げる事が可能になってしまいました。

20世紀後半以降に出てきたあらゆる制約を含むコンクール向けピアノ演奏、音楽的表現と情緒を軽視しつつ、スポーツのような、均質化した正確なタッチに基づく技巧とエチュードの如き解釈、こういうものは当時の作曲家達の作った音楽の本来のあるべき姿からは正反対の価値観から生じている、楽器を触りながら音楽を霊的に体感出来ない連中が頭で解釈しようともんどりうった結果の脳内学問による産物だと思うのですが、そんな音楽の本質を否定するような演奏こそがクールで知的というような、感性と知性の立場を逆転させた、才能の欠如した奏者に都合の良い演奏理論なるものが、何故か20世紀後半の正統派演奏スタイルとして幅を利かせている・・・私はそれがクラシック音楽が音楽好きの手を離れて自称知識人達のオモチャに成り果てた元凶だと思っています。そんなクラシック音楽の冬の時代は早く終わって欲しいものですが、、、残念ながらまだまだかなぁ。。。(遠い目)

とまぁ、無名の私がここで愚痴を言ったところでどうしようもないし、そういうのはヘタウマでも温厚なルイサダ先生や、保守的ピアノ教育者の皆様に非難囂々のフジ子先生とかにお任せするとして、とにかくラフマニノフは凄いです。ピアノとは、音楽とは本来こうやって弾かれるものという一つの規範となるべき演奏がここにあります。自作自演は神憑りですし、他の作曲家の曲ではあまりの超解釈にニヤニヤ出来ます♪しかもここまで上手いと、才能あるけど技術が怪しいヘタウマ系のピアニストをボロクソに非難する連中も否定できない。だって、コンピュータのように正確で無表情な天才技巧wの某ピアニストよりもっと指が回る回る、どこを取っても巧過ぎちゃってツッコミ入れられないもん♪

デトロイトメタルシティ
おまけ。タワレコでこんなシールを貰いました。。。どうしろというのか(^^; デトロイトメタルシティが好きな人は欲しい?


それにしても北京オリンピックの開会式凄いなぁ。私にとってはハイビジョン(パイオニアのピュアビジョン)で観る初めての夏のオリンピックだったりしますが、演出も電飾も規模も今までとは桁違いか。なんといいますか凄い人海戦術。国力の差をまざまざと見せつけられるような複雑な心境です。アナウンサーと谷村新司さんが再三、大きいですね〜♪と出てくる人海戦術アートのオブジェ?に驚嘆していますが、42型くらいの画面サイズではいまいちスケールが伝わってきません。。。むぅぅ。
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ラフマニノフ ゲルギエフ(ワレリー) ラン・ラン

ユニバーサル ミュージック クラシック 2007-09-05
売り上げランキング : 109

おすすめ平均 star
star軽快で透明なラフマニノフ。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

何気に開会式で中国を代表する若手ピアニストのラン・ラン(Lang Lang)が演奏していたのが・・・(笑)

ピュアオーディオRANKING←型にはまらない自由な演奏が好きだからクリック♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
ピアノ に参加中!