アニメ ヒャッコの感想でヴィヴァルディの四季に触れましたので、ついでに個人的にお気に入りの四季のCDをいくつか紹介します。まず、四季の定番であるイ・ムジチの演奏は実は苦手なのでした。今試しに再聴してみましたけど、やっぱり。。。なんでしょこの音?・・・数秒で耳がモフモフ(謎)して聴いてられません。。。手元にあるのはいくつかあるイ・ムジチの録音の中で、1982年のデジタル録音、PHILIPSの国内盤です。演奏以前に録音がなんだか変な気がするのですが、うちにあるのは当時の発売初期の国内盤化粧箱入り限定版・・・もしかしてプレスに問題があるのかも!? 巷のレビューを観るとすごく好評ですので、現行の廉価版プレスでは或いは音質が全然違ったりするかもです。
ヴィヴァルディ:協奏曲集《四季》
ヴィヴァルディ:協奏曲集《四季》イ・ムジチ合奏団 ビバルディ カルミレッリ(ピーナ)

おすすめ平均
stars進化するイ・ムジチ。
stars四季の定番。価格も安め。でも
stars繊細な演奏です
starsもっとも無難で美しくまとまっている
stars簡単な理由

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2枚目。たまに引っ張り出して聴くのがブルガリアのヴァイオリニストミラ・ゲオルギエヴァ(Mira Georgieva)が14歳の時にソリストとしてソフィアゾリスデンと録音したヴァイオリン協奏曲集「四季」(VICC-86)。
ミラ・ゲオルギエヴァ_四季ミラ・ゲオルギエヴァは当時天才少女バイオリニストと騒がれた一人で、たしか、ソフィア・ゾリスデンには彼女の両親がいたように記憶してます。ややハイ上がりで線の細い音で、録音が可もなく不可もなくといったレベルですが、雰囲気は明るく爽やかで演奏の質はなかなかです。その当時彼女が使っていた(今も使ってるかも・・・)ヴァイオリン、ロジェーリの音が線が細くクールで鋭い音色でしたので、それをそのままのバランスで収録してしまった感じかな?まぁ遥か昔に廃盤で手に入らなくなってしまいましたが。。。今回紹介した中ではやや迫力不足ですが、可憐で若々しく上品な演奏です。

ヴィヴァルディ:協奏曲集
ヴィヴァルディ:協奏曲集ヤンセン(ジャニーヌ) ヴィヴァルディ トンプソン(キャンディーダ)

ユニバーサル ミュージック クラシック 2005-01-21
売り上げランキング : 96897

おすすめ平均 star
star使用している楽器は現代楽器ですが、解釈は古楽風の演奏です。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ハイブリッドSACDで所有している唯一の四季が、オランダの若き女流バイオリニスト ジャニーヌ・ヤンセンのヴィヴァルディ四季。完璧にジャケ買いw 各パート一人ずつという最小の編成で聴かせる極上の《四季》という事ですが、なんつーかこの演奏解釈はかなりエキセントリックな部類。良く云えば元気溌剌。悪く言えば下品(爆) 再生装置の品位(文字通り)にも拠りますが、正直、初めて聴いたときは、ぬぁんじゃこりゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!と思いました。音質はDECCAのSACDという事で良好。でもマトモなSACDプレーヤーを持ってないので真のレビューにはならないかも。他の盤でも言えることですが、SACDレイヤーの方が音が団子にならず比較的上品には聞こえます。以前にGOLDMUNDとPIONEER DVD-585Aの件で少し紹介しました時の記事がこちら
川畠成道の 「四季」
川畠成道の 「四季」川畠成道 ヴィヴァルディ バッハ

ビクターエンタテインメント 2005-12-16
売り上げランキング : 102537

おすすめ平均 star
star特筆大書されない演奏
star「イタリアのさわやかさ」の四季

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最後に、日本人の演奏と云うことで、川畠成道&ボローニャ歌劇場室内合奏団の演奏。この記事はこの盤を書斎のサブシステムで再生しながら書いてます。喩えると国産オーディオ的なややドライでカラッとした音色で収録されていて、他の川畠成道君の録音と比べると私の好みからは外れてしまうのですが、こういうモニターライクな音を好まれる方も多くいるでしょう。カップリング曲の「2つのヴァイオリンのための協奏曲二短調 BWV1043」は、ホールトーンが豊かでこちらの方が相対的に好みかも。両曲共に演奏は、現代的で前向きな解釈とイタリアらしい音楽的快活さが上手にミックスされている感じで、聴きようによっては少し表面的と捉えられることもあるとは思いますが、濃すぎて疲れる演奏は私の好みではありませんので、今回挙げた演奏の中ではこのCDが爽やかで、比較的誰にでも聴きやすい思います。

と、4枚ほど簡単にレビュー♪してみましたが、四季の演奏で客観的にコレ!と太鼓判を押せるような好演奏&高音質のディスクは実は手元にないんですよね。他にもいくつかCDを持ってはいるのですが、あんまり紹介する意味が無さそうな演奏だったり。。。昔聴いた演奏では、バイオリニスト、ヴラディーミル・スピヴァコフがモスクワ・ヴィルトゥオージを弾き振りする演奏が良かったような記憶が。。。遠い記憶なので四季じゃなかったかもですがw って書きながら検索してみると海外でいくつかCDがicon出ているみたいですね。そんな感じで、何か良さげなのがありましたら皆様に紹介して欲しいくらいです・・・イ・ムジチの1982年物以外で(^^;

ピュアオーディオRANKING←春夏秋冬12楽章分クリックしてね♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
クラシック に参加中!