英国を代表する世界的な陶磁器メーカーの一つWEDGWOODが経営破綻しました。

英高級陶磁器ブランド、「ウェッジウッド」が経営破たん

 英国の高級洋食器「ウェッジウッド」などのブランドを抱える大手陶磁器メーカー、ウォーターフォード・ウェッジウッド(アイルランド)が5日、事実上経営破綻した。同社は会計事務所のデロイトを管財人に選んだと発表した。中国製などの安価な陶器の普及に加え、金融危機を契機とする世界的な景気後退の影響で、売り上げが低迷していた。

 負債総額は4億ユーロ(約500億円)を超えるとみられる。近くウェッジウッドなどが管財人の管理下に入り、支援企業などを募る見通し。

 ウェッジウッドは1759年に創業された陶磁器の老舗。英国王室御用達の「女王の陶器」として世界的に人気を集めた。1986年にアイルランドのガラスメーカーであるウォーターフォード・クリスタル社と合併したが、合併効果が出なかったうえ、中国製など低価格陶器の攻勢で、売り上げは伸び悩んでいた。


ウェッジウッド時計なんというか個人的にはかなりシッョクなニュースでした。WEDGWOODも海外への拡大戦略による薄利多売を繰り返した結果、本来のブランドと食器の価値を甚だしく毀損し、結局消費者からそっぽを向かれたという事でしょうか。。。

僕が子供の頃、、、或いはそれ以前の日本では、Wedgwoodといえば、スノッブなお姉さまや主婦の皆様にとってのあこがれの洋食器ブランドでした。うちでも昔からワイルドストロベリーの27cmソーサーを普段使いにしていますし、こうやって部屋を見渡してみると、置き時計や小さな飾り物なんかもあったり。。。たぶん、皆さんの家の食器棚にもこのようなイギリス生まれのブランド洋食器がいくつか紛れ込んでいるのでは無いでしょうか。
ウェッジウッド・ワイルドストロベリー

ここ10数年を振り返ると、ウェッジウッドに限らずこれらその他の有名人気ブランド、、、リチャード・ジノリなどもですが、、、プリント印刷の廉価品が、町のスーパー、イトーヨーカ堂やイオンでも割引価格で並んでいる月並みなブランドに成り下がり、Made in Englandの誇りも何もなくなってしまったように感じてしまいます。元々法外な価格設定がされている事もあるのか、国内定価の3割5割引が当たり前、B級品も掃いて捨てるほど存在しますし、最近では中国製の製品までが出回るようになっていたみたい。。。さすがにこれは偽物の話かも知れませんが。

ウェッジウッド ワイルドストロベリー マントルクロック

本来のボーンチャイナ、ポーセリンアートというものは、手描きであってこそ価値があるもの。。。勿論、普段使いのテーブルウェアとして手描きのオールド食器を使うのは勇気が要りますから、その為の代用品としてのプリント模造品だとしても、そこにある一定の品質的裏付けは不可避です。そのブランドなりの品質管理と製造国の裏付け、販売網の厳選が無くなれば、ブランドが本来持つプレミアム価値を失い、中途半端な価格だけが残ったままニトリや100円シッョプの食器をライバルに販売争いを挑まなければいけなくなる。。。。スーパーに並ぶ1客2千円のバーゲンセールを斜めに見ながら、そんな悲哀を感じてした今日この頃、金融危機を発端とする不況の波がこれから雪崩のように押し寄せたら、どんな世界になってしまうのでしょうか。。。

ウェッジウッド(Wedgwood)インディア ティーポット 【L】送料無料

経営破綻したウエッジウッドは、どこかの誰かが買い取り再建を図ることになるのでしょうが、そういえば、イギリスのオーディオ関連機器メーカーのブランドも、好景気・不景気関わりなく浮き沈みが激しく、文字通り"澱みに浮かぶうたかたの如く"ですが、従来は経営破綻した後に投資グループに吸収されて再出発するケースが多く見られます。
TANNOY(タンノイ) オートグラフ・ミニ(AUTOGRAPH MINI)

QUADTANNOY(タンノイ)など古くからあるオーディオブランドのいくつかも、過去に投資グループの傘下でくっついたりまた分離したりを繰り返しつつ伝統を築いてきたところがありますが、ここ数年のトレンドとしては、IAGなど香港台湾中国資本による買収や、元々は英国国内での手工芸生産だったものを、コストダウンのために現地の音響メーカーや工場に委託生産というケースが多くなってきました。既に英国メーカーの低価格ピュアオーディオ・マルチサラウンドスピーカーは、B&Wなど一部を除きもう殆どが中国生産になってますし、アンプやプレーヤーについても、香港・台湾メーカーが開発生産するオーディオ機器をベースにし、複数の欧州・米国ブランドがフロントパネル等の外観を違えつつ、自社ブランド品として展開しているケースがそこかしこに見られます。

USHER_CD1蓋を開けてみるとまたこれか〜orzなんて事が実は良くある。もちろん電源トランスやキャパシタの選定、オペアンプのグレードなど、ブランド毎に異なるパーツをあしらうことでの最終的な音のキャラクターを味付けするチューンは施されていますが、基本設計が同じ物が香港A社で3万円、米国B社で5万円、英国C社で7万円、フランスD社で10万円、それらが日本に来るとヨーロッパ製品となって販売価格は15万〜20万円な〜んて事になってしまうのがピュアオーディオのお茶目なところ♪詳しくは書きませんけど。。。(関連記事オーディオ機器の内外価格差と日本市場の問題点)
Wedgwood ミューズキューピッド クロック

たぶん、ウェッジウッドもライセンスが売却される形でブランド名自体は生き残る事になるのではと思いますが、買収先によっては、欧州の職人の手で手描きによって作られた本物のボーンチャイナや、欧州工場製で一定品質の量産品が過去のものとなり、一般流通する大量生産品の大多数は、文字通りのMade in Chinaになる日が来るのもそう遠くないかも知れません。もちろんそうならない事を祈りますが。。。兎に角、今流通しているイギリス製コレクションに欲しい物がありましたら、無くなる前に確保♪した方が良いかもです!?

ピュアオーディオRANKING←景気回復を願って軽〜くクリック♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
金融危機 に参加中!