え゛〜先月末に人柱購入宣言して手に入れたTOSHIBA TKS-200ですが、色々とテストをしたところ大体の印象がまとまりましたので、以下、いつも通りのオカルト電波ゆんゆん濃縮果汁還元100%で進行させて貰います♪


東芝の超音波洗浄器マイフレッシュTKS-210(TKS-200)は、CDやSACD、DVDを洗浄すると高音質になると一部で噂になっている超音波光学式円盤洗浄機です。正確には洗浄"器"ですね。。。もちろんTKS-210はオーディオビジュアル用途に開発されたものではなく、一般のメガネや時計洗浄用の製品ですが、TKS-210と他社製品の一番の違いは洗浄槽の大きさです。東芝の製品は12cm光学ディスクも洗浄できるように洗浄槽が大きくなり、更にCD/DVDなどを非接触で洗浄する為の専用アタッチメントが付属しています。
TKS-210 CDアタッチメント
一度開封したCDは、長年保存する間に空気中の汚れや水分・油分等で徐々に曇ってきますし、更に湿度が高い保存環境に置いておくとカビが生えることもあります。その他、人間の指紋や油脂などの付着、取り出し時やCDプレーヤー内部でのホコリの付着など、傷が付かないように慎重に扱っていても盤面は知らず知らずのうちに結構汚れてくるものです。そんな汚れを42000Hzの超音波震動で、ミクロのレベルから落としてしまおうというのがこの製品。

まぁ汚れを落とすだけでしたら、界面活性剤を含んだCD専用のクリーナーや、塗布すると音質が良くなるという触れ込みのCD/DVD専用コーティング液やクリーニング液が今までも色々と存在しました。超音波洗浄器の良さはそういった液剤ものに比べて何も足さない、あくまで汚れを落とすだけというのがポイント。液体をクロスで拭き取る行為と比べるとどう考えてもミクロのレベルで奇麗になるでしょうし、ポリカーボネートの表面のあらゆる汚れを落とす訳ですから音質的にも従来のクリーナーに比べて効果が高そうです。まったくもって一枚ベールが剥がれたような鮮明な音が得られることを期待しつつ洗浄&試聴テストに入ります♪

ではまず私がTKS-210をCD/DVD/SACD洗浄器として使う場合の使用法を書いてみます。普通と少し違うと思いますがご参考までに。。。水を使う物ですので使用場所はキッチンを使います。

【用意するもの】
  ・TOSHIBA TKS-210 超音波洗浄器
  ・TKS-210のCD/DVD専用アタッチメント
  ・蛇口から出てくるぬるま湯(40℃前後の触れる程度)
  ・中性洗剤(台所用洗剤)
  ・キッチンペーパー
  ・エアーダスターのスプレー
  ・Acoustic Revive RD-1
(注:必用になった。理由は後述)


キッチンにTKS-210(TKS-200)を用意します。洗浄槽を取り外し蛇口からお湯をMAXラインまで注ぎます。中性洗剤を使用する場合はお湯を注ぐ前に3ml程度を洗浄槽へ入れておきます。どうして台所用なのかというと単に界面活性剤の濃度が高くて少量で十分だから。台所用中性洗剤でしたらなんでも構わないとは思いますけれども、管理人が好きな中性洗剤は敢えてベルギー製のECOVER(エコベール)ゼロ 食器用洗剤。日本の台所洗剤のように種々雑多な添加物があんまり含まれていないってのもありますけれども、こういう些末なところの舶来品にこだわってこその西洋音楽マニアでしてよ・・・てへぺろ(๑´ڡ`๑)♪

お湯を使う理由は後述。CDやDVDの材質であるポリカーボネートの物性は、40度程度のぬるま湯でしたら全く問題ありません。
東芝TKS200超音波洗浄器
洗浄するCDをアタッチメントにセット。(注:ちなみに同時に2枚セット可能です。)↓セットしたCDはTVアニメ「まりあ†ほりっく」エンディングテーマ「君に、胸キュン。」@天の妃少女合唱団。百合色いっぱい夢いっぱい♪かなこさんの花血で真っ赤に染まってしまい洗浄が必用なんですwww
君に胸キュン@まりあほりっく
CDをアタッチメント毎そのまま洗浄水へ沈め蓋をします。蓋をする意味は動作音が"ジー"ってうるさいからです。タイマーで180〜480秒ほど洗浄。取り出したら直ぐに蛇口のお湯ですすぎ、数回振って水を切った後、予め2〜3枚重ねて敷いていたキッチンペーパー(キッチンタオル)に乗せます。もう一枚のキッチンペーパーをCDに被せ上から手の平で軽くポンポン押さえます。この時、水を使っていると水滴がなかなか取れませんが、お湯を使うことであっという間にキッチンタオルに吸われて残りもあっという間に揮発します
CDクリーニング@キッチンペーパー
キッチンペーパーを使うことでCD盤面を布で擦る必要が無くなり、拭き取り時にどうしても出来てしまう傷が入りません。徐々に湿ってきますのでCD数枚毎に乾いたキッチンペーパーを重ねていきます。これは大量にCDをクリーニングするときに案外便利な方法です。

拭き取りにクリーニングクロスを使用する場合は、同心円状ではなく放射状に拭いて下さい。クリーニングクロスは繊維の間に僅かな汚れが絡むとそれが原因で簡単にCDに傷が入ってしまうので拭き取りはくれぐれも慎重に。また常に奇麗な面を使って拭き取るのがコツです。作業中に置く場合も奇麗な皿などの上に乗せ、余計なゴミを絡ませないようにしましょう。個人的な経験では紙系のクロスはどんなに柔らかいものでも傷の原因になります。

CDクリーニングクロスアクセサリーやメガネ用の極細繊維を使った柔らかいクロスが良いのですが、これも案外ピンキリで、クリーニングクロスと名の付くものでも十分な繊維の柔らかさと弾力性、吸水性を併せ持つ製品が少ないのが難点です。楽器用・CD用・カメラ用など10枚くらい集めてやっと今のものに巡り会えたのですが、はてこれってどこの製品だろうか?思い出せません。SONYのKK-CAが質感的に近そうですが実物を試していませんのであしからず。。。もしかするとこれかしら?


最後にキッチンペーパーやクリーニングクロスの繊維クズをエアダスターでブローします。クロスで拭いた場合も同様です。キッチンペーパーは製品によって柔らかさや厚み、埃の出やすさが違いますので良い感じのを見つけて下さい。尚、キッチンタオルに水分を吸わせる方法は「温水」以外では上手くいきませんので注意。それとキッチンタオルはCDの水気を落とした程度ではまだまだ奇麗ですので、使用後は本来の用途で再利用してくださいませd(^_-)

※当エントリは2009年にTOSHIBA 超音波洗浄器 MyFresh TKS-200 のレビューとして書かれました。後継機種のTKS-210では台座と蓋の色がブルーに変更されましたがそれ以外の中身はほぼ同じと思われます。
《Last modified 2015/8/11》

超音波洗浄器TKS-210(TKS-200)って本当に効果あるの?その2に続く・・・
超音波洗浄器TKS-210って本当に効果あるの?その3 洗浄液にエタノールを使ってみたてすと!?
ピュアオーディオRANKING←42kHzでハイレゾ洗浄クリックしておく♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!