箱庭コンパクトスピーカー探しその1 QUAD L-ite/9L2編
箱ピュアのサブシステムBですが、2013年8月現在はこんな組み合わせになっています。
quad_lite2_creek_audio
■スピーカー QUAD L-ITE2
■プリメインアンプEMF Sequel2
■FMアンテナDXアンテナ US100A
■FMチューナー DENON TU-1500N
■CDプレーヤー CREEK CLASSIC CD
スピーカーはQUAD L-ite2(Lite2)。実はつい先日導入したばかりでして、まだバーンイン(エージング)の途中だったりします。QUAD L-ite2を箱ピュアブログで取り上げて早5年。11Lから遡ると8年、かな〜り今更感が漂いますが、遅ればせながら、箱ピュア管理人もQUAD使いの仲間入りをさせて貰いました♪♪♪⇒本国QUAD公式サイト
QUADのLシリーズがL2シリーズになる以前から、L-iteか9L2CREEK中心のサブシステムその2と組み合わせてみたいなぁ〜なんて考えつつ、5年も前にこんなエントリを書き綴っていた訳ですが、ふと気付けばそのL2シリーズも既にディスコン気味。イギリス本国では生産終了してるのか、日本でも販売店と代理店のロッキーインターナショナルさんに在庫がある分のみになるのかな・・・?気付いたら上位モデルは殆ど売り切れていてL-ite2位しかもう残ってません。もしかするとQUAD Lシリーズの後継機ってそろそろ出たりするのでしょうか?このままのスタイルを踏襲してL3シリーズが出るのならそれはそれで個人的には嬉しいのですが、さすがに新設計の全然違うラインナップになったりして・・・。な〜んて考えてたら、無くなる前にここは一つクラシカルな逸品を確保しておかないとぉ・・・という事に。

QUAD LITE2を選ぶにあたり、購入前の店頭オーディションでは、セレクタと細くて超絶長い安物スピーカーケーブルを介した並列環境で試聴したのみです。その時の印象をまとめると、11L2や12L2と比べて音色はほぼ同じながら、小口径のウーハーで低域に余裕が無く、入力に比するツイーター側の負担が大きくなる分、高域の雑味感が高い点などです。L2シリーズになってからも一通りATOLL IN100SEDENON PMA-SA11等のプリメインアンプを繋いで試聴はしたのですが、肝心のCREEKとの組み合わせについては相性も含めて不明でした。CREEKと合うと考えたのは、過去のブログへの皆様の書き込み+経験則的直感からでありんした♪

QUAD L-ite2を導入した狙いは、現代的でハイスピードレスポンスな高音質よりも、濃厚なブリティッシュサウンドの再現にあります。うちはメインシステムが、音場スケール大きく響きが豊潤で深い芸術的なサウンド。ONKYO A-1VLを使うサブシステムAが現代的でシャープでハイスピードな透明感。CREEKのサブシステムBがレトロでクラシカルなブリティッシュサウンド、ARCAMサブシステムC(公開予定)がライトな薄味ヨーロッパサウンド、ELACのデスクトップPCオーディオが良く言えばwモノトーン調のアバンギャルド風。カーオーディオがフレンチサウンドになる予定etcという感じで、敢えてわざとそれぞれの音質的趣向を変えているのですが、サブシステムBのCREEKに合わせるスピーカーがイマイチしっくりしたものに出会えず、消極的選択でここ2年はaudioproのImage12をあてがっていました。本来ハイスピード高解像度が身上のImage12にとっては、CREEKとの組み合わせはさぞや不本意だったろうと思います。今回のクォードLITE2はその置き換え@本命の組み合わせという事にになります。(QUAD L-ite2 今更ですがレビューをさせてくりゃれ♪ぱ〜と2に続く。)

余談ですが現在のサブシステムBは、無垢アルダー材の国産箪笥"カプリ 105ローチェスト"にセッティングされています。

ピュアオーディオランキング←久々の更新にクリック支援してくりゃれ♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加