ダウンロード音源 vs CD/SACD等のパッケージメディアを比較したとき、ジャケットとライナーノーツの有無を(これについては古くはレコード時代から)引き合いに出されることが多いのですけれども、確かにこれ、私としてもかなり重要な問題だと思っています。

NASがコケてHDDが論理クラッシュ・・・音楽データが全滅した話 その1
NASがコケてHDDが論理クラッシュ・・・音楽データが全滅した話 その2

classicalcds
今のところ音楽ダウンロード販売にはライナーノーツに替わる電子小冊子などが、何故か殆ど付属してきません。ですので、せいぜい画質の悪い小さなサムネイルと、販売ページの曲情報を自分でコピーしてローカルに保存するくらいしか手段がありません。
 
クラヲタからすると音楽は聴くだけで無くて演奏者や作曲家の背景を知識として学ぶ部分の比重もかなり大きく、日本語そして、外国語の解説書、ライナーノートを(・・・特に学生時分に)何とかして読むことの蓄積がそれを担っている訳です。更に、音楽CDは昔からLPはジャケット写真もなんだかんだと皆さんの楽曲購入の大きな決め手になってる。。。”アルバムというのはジャケットの意匠も含めてトータルで作品である”これは昔からクラシック音楽よりジャズやロックポップスの方がより明確に意図されてますが、ジャケットとライノートが無い無形の音楽データというのは、商品パッケージとして余りにも色気が無いと感じるのは私だけでは無いでしょう。


CDやレコードなどの音盤であれば、かなり珍しいものでも根気よく探せばオークションや中古レコード店でいずれ手に入りますけれども、音楽データの場合、著作権的に中古での売買はまず不可能です。形ある入れ物が無くなってしまった世界では著作権の問題からそれすら厳しい。古書の薫りと手触りに惹かれるビブリオマニアの本探しと同じで、形あるからこそ長く味わえる種々の文化的な愉しみがデータ音源からは匂わなくなくなってしまふ・・・。


そもそも私がネットの辺境の片隅で細々と提案している”箱庭的オーディオスタイル”という概念は、ただ単に住空間のサイズに見合ったコンパクトなオーディオシステム全般を呼称しているのみならず、レコードや音盤のコレクションと、家具として調和するオーディオ再生機器を含む「音楽に囲まれた書斎、リビング、プライベート空間」といった、趣味人のライフスタイルの在り方のまるっとしたイメージを指しているつもりです。

こういう音楽そのもの以外によって補強される文化的要素一切が削ぎ落とされた、無形音楽のクラウドストリーミングが主流の時代が来たときに、古き良き音楽文化的な趣味性が失われると共に、音楽マーケット自体もどうなるんだろう?音楽を聴く権利と称して配信元に多額の課金(税金)を払い続けられる人々しか、事実上、新しい音楽を聴けなくなるのではないか?それと共に、金銭的価値を生みにくい古い音源データは、価値の無いジャンクライブラリと化して、誰からも顧みられないゴミ同様として扱われるデータの海に埋もれてしまいやしないか?などと、正直なところかなり危惧しています。

音楽が無形化することで音楽自体に純粋な価値が生まれるという見方も出来ますが、逆に無形化することで、一曲毎、アルバム毎の相対的価値が人々の中で希薄になり、付加価値を失った古い音源の殆どは無味乾燥に色褪せて短小化された情報でしか無くなり、コレクションとしての存在意義が全体として徐々に希薄化していくように思うのです。結果、表面的な文字データとしての入口しか持たない等価的な音楽が量的に溢れすぎて、存在価値にメリハリが付きにくくなり、殆どの音源がジャンクライブラリと化する。もう既になっていますけれど、真に良い演奏や高音質録音が、安価な定額配信や無料音源の波にマスキングされて逆に見つかりづらくなりつつある。一曲の価値、アルバムの価値が刹那的に薄っぺらく安っぽくなるとでも云いましょうか。。。

それでも人生は続く。 ライナーノーツはどこへ?或いは、僕らがCDを買う理由
ライナーノーツの黄昏とネット配信の興隆
音楽を買うならCD? それともデータ配信?

多くの皆さんは、たとえ其処に質の良い音源があったとしても、誰かが意識的に敢えてスポットライトを当てない限り、何処かの誰かに明示的に勧めて貰わない限り、それが音楽として本質的に価値があるかどうかにかかわらず大抵は興味を示さないのが現実です。道端に転がるダイヤの原石を見つけたとき、それに気づき、人々の興味を惹くほどにスポットライトを当てるセンスのある人は、どの分野であれプロアマ問わず極々一握りしかいません。

ネット時代になってテキストや動画などの方法で「情報」を誰でも世界に向けて発信することが出来るようにはなりましたけれども、誰もが簡単に出来る事によって、情報の”質と価値”が、オーバーフローする情報”量”の波に押しつぶされてしまい、本来価値のある情報自体の付加価値が日々希薄化しているように感じるのです。そしてそれは音楽の世界の無形化、情報データベース化の流れにも同じ事が云える。

そうした状況の中、敢えて旧来の音盤コレクションを振り返ってみると、音盤、形のあるアルバムというもののは、アーティストとリスナーの間を結ぶ介在者、紹介者が光を当ててデコレーションしたスポットライトの部分を、タイムマシンのように時を超えて有形化してくれるものなんだと感じるのです。

【Loppi・HMV独占盤】 ユニバーサルJAZZ紙ジャケ再プレス

ちなみにわたし、音楽に余計なエレメントや言葉は要らない的な話は、極一部でしか当てはまらない世迷い言だと思っています。音楽が人間が人間に気持ちを伝える為の手段である以上、純粋抽出された「音楽の中身」のみの価値をもって付随情報一切をそぎ落としても良しとするのは、ものの感じ方が浅薄で一面的過ぎやしないかと。演奏者にとって音楽はもちろん表現の骨子ですし、敢えて意識時に付随情報を廃する表現というのはそれはそれであって良いのですが、そういった意識的な例外を除いてしまえば、殆どの音楽に於いて、レコードジャケット、ライナーノーツ諸々の解説書、更にアーティストの人となりや容姿、ステージの演出、そこに集まるさまざまな人々の人間模様等々も含めて、それら全てが音楽を通して心や精神を共有するために必要な情報や表現たり得るのではないのだろうか?と。

それとはまた別の切り口として、わっちみたいな音楽はお一人様2.000円のビュッフェ形式でみんなで仲良くシェアすれば良いんだよ?(はぁと)的な発想を生理的に受け入れられない利己的クラスタとしては、仮にある日突然ワールドネットワークの世界から自分が断絶されても、云ってみれば音楽世界だけは手元で自由に愉しめるものであって欲しい。つ〜か有償無償の共有ネットワークなんぞ、そのうち版権、運営元に何されるかわかったもんじゃ無いですし、端から信用に値しないって思ってしまうのですけれど、それって余りにも他人を信用しなさすぎなのかしら?

だいいち、アニヲタルンペンの隠れキリシタンで、リア充世界の滅亡を日々目指してネット工作活動に励むわっちの如き毒舌はぐれメタルの場合、ある日突然「あんたは反世界政府思想の危険分子と認定されますた。サーバーにアクセス出来ません、氏ね♪♥」とかPCを開いた瞬間に画面一杯に表示される日がいずれ来るんじゃまいかと割と本気で心配してたりする訳でζ́(◉◞౪◟◉)ζwww


その点、ハイレゾ音源のアルバム単位でのダウンロード販売については音質で音楽を改めて高付加価値化できるという意味で肯定派なのですけれど、問題はこれも今だけ限定の付加価値であるという点。TIDALがWAV/CD-DA同等の高音質でストリーミング配信を始めた事を少し前に書きましたけれども、クラウドストリーミングでも目の前に迫るネットワークストレージの大容量化で音源圧縮が近い将来不要になり、非圧縮ハイレゾでのネット配信やダウンロードが当たり前になる時代が来てしまえば、ハイレゾという概念自体が陳腐化して付加価値とは呼べなくなる。そうなると近未来ではハイレゾがビジネス上のアドバンテージにはならなくなってしまうのですが、ほんと大丈夫なのだろうか?と。

128GB SDカードの最安値を探す⇒【楽天市場】【Yahoo!Shopping】【ヤフオク!

そんなこんな考えてると、つまるところ付加価値の本質ってのは形あるモノとしてパッケージとして個々人が独占所有できるか否か?では無いかとと思うんですよね。あれ?やっぱりわっちがおかしいのかにゃ?(きょろきょろ・・・笑)ダウンロード音源についてはNASのHDDに突っ込む他にバックアップをどこに取っておくかなのですけれど、自分の場合は大容量化して最近128GBが5000円を切ってきたSDカードやUSBメモリが良いかなと思っていたり。。。なんか、やはりオーディオストレージがたとえ”ちんまり”とであっても形として残ってないと精神的に落ち着かない性分みたいで、HDDに大容量保管するよりもまだ5倍くらい割高ではありますけれども、高価なデータはそれなりの器に入っていた方がそれっぽいでしょ〜?みたいな。HD高品質音楽配信e-onkyo musicとかのハイレゾ音源配信サイトでも、ダウンロード音源のバックアップ保存用にオカルト高音質仕様♪のオリジナルデザインメモリとかを、何故にど〜して売っていないのか割と真面目に不思議だったり・・・(^^)ゝ


PCオーディオとネットワークオーディオの定義についてに続く。

ピュアオーディオBlogランキング←たまにはクリックしてみてね♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オススメCD に参加中!