VivoMini VC65背面ミニPCを導入したのでPC配線の美しさに拘ってみる モニタ接続編

お次は入力デバイス、キーボードとマウスとテンキーです。2台のPCでディスプレイ(モニタ3台)を共用しているわけですが、同様に、一組みのキーボードとテンキー及びマウスも2台のPCで共用しています。ここで使用しているのがエレコム キーボード・マウス用パソコン切替器・分配器 KM-A22BBKです。


実はこれかなり以前から使用しているのですけれども、2台のパソコンを一組みの入出力デバイスで切り替え使用できてとっても便利♪。使うPCを入れ替えるときは手元のボタン一つで簡単に切り替わります。
KM-A22BBK_switch
Wi-FiやBluetooth接続対応の無線キーボードやマウスを使い、複数のPCに対応させる手もあるのですけれど、15年以上使い慣れたBUFFALOの有線キーボードBKBC-J91SBKとアーベルのマウスMCS06から離れられないという・・・。疲労故障したときのために同じ物を複数ストックしていて、マウスはこれが5台目くらい。キーボードは初代のがまだ使えてますが、使い込んだお陰でパームレストの塗装がすっかり剥げてしまいました(^o^;)。長持ちさせるために、たまにキートップを外して中身を掃除したりします。
BUFFALO BKBC-J91SBK Arvel MCS06
複数台のPC切り替えに対応したBluetoothおよびUnifying対応の無線キーボード&マウスに、今のところわっちが望む日本語91キー配列で質の良いパンタグラフキーボードが無いというのもあります。(と云いつつ、Bluetooth接続で使うMicrosoft Wedge Mobile Keyboardをモバイル用途のサブキーボード&マウスとして愛用していたりする。)


KM-A22BBKは本来一組みのマウスとキーボードを接続するためだけに作られていますが、自分の場合、最近まで片側にUSBディスプレイアダプタ、もう片方にはUSBハブ(BHB4-U215)を繋げ、ハブ側にキーボードとマウスとテンキーをつなげていました。もちろん完璧にエレコムの動作対象外ですが、こんなのでも不思議と動作しています。中継のUSBハブ(色々持ってます)を別のものにすると、何かの拍子にPCがUSBを認識しなくなったり、文字入力でバグったりしますので、ここはもう自己責任で相性の良い組み合わせに当たればラッキーみたいな危うい話ですけれども。それについてのエントリがこちら⇒ASUS VivoMini VC65でトリプルディスプレイを実現する方法 その1

※USB切替器KM-A22BBKのケーブルが異様に長いですので、机の下でとぐろを巻いてしまうのですが、この解決方法はテーブルの裏側にケーブルクリップやケーブルドロップ、コードフックなどと呼ばれる便利グッズで貼り付けてしまうこと。

この手があったか!見苦しいケーブルの配線をスタイリッシュにするアイデア
ケーブルクリップをAmazon.co.jpで探す


↑の壁の引き回し例は参考になりますが、わっちは壁紙を傷つけたくありませんので、ワークデスク本体のテーブル板裏側やキャビネットの後ろ側にケーブルガイドやケーブルドロップを貼り付けて、各種配線コードを引き回す感じです。ケーブルクリップ、ケーブルドロップのメリットは貼り付けたコードの着脱が容易なところ。
ケーブルクリップ配線2
貼り付けのコツとしては、最初にセロテープで仮止めして引き回しを決め、USBハブやディスプレイアダプタ、イーサネットハブなどの固まり部分は、いつでも外せるように手芸用マジックテープで固定。長すぎる配線はケーブルクリップを頂点にして折りつつ貼り付ける感じでしょうか。個人的なこだわりとしてはマグネットを使用したものは(PCオーディオと干渉しそうなので)使いません。これらは100均の電気用品売り場でも手に入りますので、デスク裏のケーブルカオスが気になる御仁は、気が向いたときにでもトライしてみてくださいませd(^_-)。コード同士の電気的干渉やアンテナ干渉が整理されるのでしょうか、不思議とデスクトップPCオーディオの音質までほんのり良くなったりするのでお薦めです。


※PC配線でも音質に影響する部分につては、他ケーブルとはまとめないでくださいね♪。PCオーディオもピュアオーディオと同じく、テンションに無理の無い範囲でなるべく短く、空中配線を理想に接触部分を減らし、どうしても何かと接触する部分は響きの良い素材を挟む。信号ラインと電源ラインとはそれぞれなるべく離しつつ、近づく部分は平行配線にならないように、なるべく交差させるのがチューニングの基本です。背面クリアランスが狭いですので、なかなか理想通りには出来ませんけれども。。。


ついでにデスク上にある外付けポータブルHDD WD Elements PortableのUSB3.0接続ケーブルも、同梱品の純正ケーブルがやぼったいので、こちらはサンワサプライのUSB3.0 マイクロケーブル KU30-AMCSS05 50cmに交換してみました。Φ2mmの極細タイプですが、HDDへの給電に特に支障は出ていません。


ここまではディスプレイ配線用の映像ケーブルと入力デバイス、ポータブルUSB機器接続用の配線についてつらつらと書いてみましたが、ASUS VivoMini VC65PCオーディオ用の母艦として高音質で運用するために、ピュアオーディオグレードのUSBケーブル、LANケーブル、電源ケーブルなどへの見直しも必要になります。USB DACに配線するデジタル音楽データ出力用の高音質USBケーブルとして、とりあえず安価で巷のレビュー評価が高いエレコム オーディオケーブル 音楽用 USBケーブル A-B USB2.0 1m DH-AB10を充てがってみました。


ELECOM 音楽用USBケーブルDH-AB10,DH-AB20のレビューはこちら。ただこれ残念ながら使ってみると音質傾向的に激しく気に入らなかったので、ものの数日で我慢できなくなり撤去。現在はとりあえずWireworld Chroma7で事なきを得ております。。。

次はミニPCを導入したのでPC配線の美しさにこだわってみる PCオーディオ編 注:後日気が向いたら公開するかも知れない・・・(苦笑)

ピュアオーディオBlogランキング←クリップとクリック・・・管理人はくるっぱ〜♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
便利なパソコン周辺機器とデジタル機器 に参加中!