先日はaudio-technicaのハイブリッドインシュレーターAT6099の詳細レビューを書いてみましたけれども、この際ついでという事で、弟分のAT6098も人柱購入してみましたd(^_-)
audio-technica AT6099 vs at6098
さて、AT6098は兄貴分のAT6099よりも随分と小さく、1セット8個入り。真鍮コアとハネナイト(上下)の3層構造で、底面部の素材としてソルボセインを使っていない点がAT6099との大きな違いです。また、AT6099は金ぴかインシュレーターがあるぞ〜と存在をアピールする見た目ですが、こちらはサイズが小さい分、オーディオ機器の足として違和感なくインテリアにすんなり溶け込む印象です。
まず、普段audiopro Image11の足として前2つ後ろ1つの3点支持で使っているAT6099(※昔購入した経年劣化してる方)を外し、同じく3点支持でAT6098をセット。

・・・・うーん。まず一聴して大人しい。帯域感はAT6099と比べてフラット。音質的にはAT6098の方が素直でAT6098よりも高音質に感じる方が多いかも知れません。但し躍動感や低域の押し出し感は後退。全体にスッキリとS/N感良く、AT6099が明るく抑揚が大きなオペラ向きのグラマーな帯域演出だとすると、AT6098は生真面目で紳士的な端正なイメージのサウンド。高域方向に目立った伸張感は無く、穏やかでほんのり暗い(陰影感ある)音色。この辺はソフトで伸びやかなAT6099とは対照的です。全体にややウェットなのは両者共通。うーん・・・AT6098は悪く言うとつまらない音かも。

良く言えばニュートラルで副作用は少ない。少なくとも、AT6099の場合でしばしば起こる、音調に大きな変化をもたらす、柔らかすぎたり躍動的すぎて音色が合わないといった違和感はAT6098では出ない筈。とはいえ暫く聴いていたらだんだん気分が鬱になってきたのでAT6099に戻しました。元々キリリとした繊細な音質のオーディオプロのスピーカーでは、ここはやはりAT6099の方がポップで楽しめる音がします(*^▽^*)


ということで、あくまでケースバイケースではありますが、音楽性対決ではAT6099、単純に音質ではAT6098のがベターかも。しっかし入門クラスの低価格インシュレーターとは云えAT6098は購入失敗だったかと正直この時点でかなりブルーに。。。(滝汗)

暫く考えてみてところ、そういえば先日購入したONKYOプリメインアンプA-1VLには特にインシュレーターは噛ましていない。。。A-1VL自体、メーカーの触れ込みでは真鍮製のインシュレーター4点支持という豪華仕様ですので、今まで敢えて特に何か対策しようとは考えてませんでした。ただ、このアンプは一見しっかりした筐体+真鍮インシュレーターが奢られてはいる物の、震動の影響が出やすく、置き台で如何でドラスティックに音色が変わってしまう傾向があります。

ONKYO A-1VLが持つ本来の純度が高く輝かしい音色とS/Nの良い音場を引き出すには、適当なパーチクルボード系ラックへポン置きのままでは難しく、管理人宅では逸品館のAIRBOW人工大理石ボード(コーリアンボード 350×450mm 厚さ13mm )に直置きにする事でとりあえず許容範囲の音質に底上げしていました。


サウンドオーガナイゼーションとは云えSound Organisation(サウンド・オーガニゼーション)のガラス系ラックZ540SLに設置されていた店頭試聴時の洗練された音質イメージには今一歩届いていないような違和感もあり、物は試しという事でAT6098を挟んでみることにしました。AT6098の素材は純正足と同じく真鍮。薄いハネナイトが貼ってあるとは云え、そんなには変わらないかも?・・・と一抹の不安も。4点支持にすることも考えたのですが、安定性を考え、標準足より内側・・・A-1VL底面の凸部の角に前2点後中央1点の3点支持にしてみました。

音を出しての第一印象はaudiopro Image11の場合と同じく、少し大人しくなったかな?というもの。しかし、それ以降の印象がなにか違います。大人しいというより、深さと静けさが出た。そして、低域の沈み込みが深くなったような、或いはS/N感が改善されて音場のフロアそのものが一段と深くなったような印象。A-1VLをコーリアンボードに直置きの状態では、音色の雑味感といいますか、なんとなくザワザワした印象や乾いた印象がつきまとい、もう少しS/N感が良くならないものか?と内心感じていたのですが(注:過去にインプレしてますがこれでも木製のボード直置きよりは大幅にマシです。)、そういった荒れた印象が一掃されて音場に澄んだ静粛感が流れてきたような印象。音色はやはり多少暗めです。


ただ、ONKYO A-1VLはともすると過度に元気すぎると云いますか、直線的なプラス方向の表現に終始し、マイナス方向へのニュアンス表現が鳴りっぷりの元気さに埋もれてかき消されてしまうきらいがあるのですが、そのドライブ力から来る暴れ感が程々に押さえ込まれ、音楽に引き込まれる感触の、ピアニッシモ方向への表現の深みが、改めてしみじみ感じられるようになりました。それに伴い歪み感も減少。試しに再び外してみると音場が上下に圧縮され、低域がポンついて軽く、中高域も浮ついてカサカサした密度の薄い印象になります。

更に比較対象として大きいaudio-technica AT6099を同様に3点支持にしてみたところ、なんじゃこれ???音がボワボワになって聴くに耐えん・・・orz。これは合いません。きっぱり。これがインシュレーターやケーブル等、オーディオアクセサリーの難しいところで、こうやって私があれには○○が合う、こっちにはこれ!なんて書いていても、その相性や音色の特性が他の機器でも同じようにプラスに再現される訳ではない。だからこそ、結局の所それぞれの環境で合うアクセサリを色々と試してみるしかないんですね〜♪


audio-technica AT6098はA-1VL純正と同じ真鍮素材で更に小さなインシュレーターですが、ほんの些細なことにも感じますが、三層ハイブリッド構造にすることで見事にサウンドが整然と調教された印象です。これでA-1VLの展示試聴時に近い音色の滑らな潤い感とS/N感が自宅でも感じられるようになりました。うーん、A-1VLはやはり震動制御面で一工夫必要ですね。。。国産らしくコンストラクションが豪華すぎるのが、結果的に音色に粗雑感を生み出す不確定要素となる震動モードを増やしているような感じがしたりしなかったり(^◇^;)。この点、同種の薄型英国系、欧州製プリメインアンプの多くは箱の整形もネジ数等もずっとシンプルな構造ですから。。。
ONKYO A-1VL
ONKYO A-1VLはS/N感の良いセッティング、質の高い電源環境を導き出してやると、店頭の切り替え試聴時にしばしば感じる骨太でもっさりうるさい印象が払拭され、本来持っているクリスタルな輝き感を伴うダイヤのような硬質な音色が素晴らしい密度と実体感を伴って眼前にわっと出現します。そんな音はしないよ?と感じられる場合は、是非セッティングと電源を奢ってあげて下さいね♪

《箱ピュア管理人のシステムではaudio-technica製品以外にも、主にJ1 projectのインシュレーターを数種類、適材適所で使い分けています》。

ちなみに、ソフト樹脂やゴム系素材を使用したインシュレーターはどれもそうなのですが、取り付けて直ぐには本来の音は出ません。最初どうしても少し高域がなまるような副作用があり、数日馴染ませることで違和感が消え、このレビューのようなイメージに近づくかと思います・・・馴染むとボードとアンプの間にピッタリ貼り付き、簡単には取れなくなったりしますけれども(滝汗)。書いていていま気がついたのですけれど、AT6098とAT6099って滑り止め効果が高いので抜群の耐震性能が期待できるかも!
《Last modified 2017/10/14》
audio-technica AT6099 その1
audio-technica AT6099 レポートその2


ピュアオーディオBlogランキング←クリックしてみるみるみっくるんるん♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!