激安iPodと超高級マークレビンソンの音質対決 前編

誤解が無いように昨日のエントリについての補足です。CDの16bit/44.1kHzフォーマットに対して、24bit/48kHzフォーマットの音質がどうかという事を、こちらの記事ででくのぼうぷれすさんが検証してくれました。


パソコンの高音質サウンドカード経由であれDVDオーディオプレーヤーであれ、同じ環境と録音で異なるビットレートの音源を比較した場合は、24bit/96kHzの方が明らかに高音質を感じられると思います。勿論、DSD録音されたSACDプレーヤーの優位性も同様に、マニアな人でしたら十分聞き分けられるレベルの違いがあるかと思います。ただ、これはあくまで同一の再生環境で比較した場合の話であり、ハードウェアの性能に差がある場合、現実にはビッドレートの優位性がスポイルされてしまい、聴感上の音質がフォーマットの上下と逆転することも多々ありますよね?という事を言いたかったのです。
 
なぜかというと、少なくとも私の環境で、SACD/DVDオーディオにも対応した廉価なDVDマルチプレーヤー(例:PIONEER DV-585A等)で上位フォーマットを再生しても、例えば管理人所有のCECTL5100Z/TL51Zなど、価格帯が全く異なるピュアオーディオ系CDプレーヤーで再生したCDレイヤーの音質にははっきり言ってぜんぜん敵いません。廉価なユニバーサルプレーヤーでもSACDやDVDオーディオの高域方向への歪み感の少なさや、きめ細やかなニュアンスはそれなりに感じられますが、そもそものエネルギー密度や迫力、音場空間の広さや音像のリアリティ等、音質トータルで比べてしまった場合、やはり上位機種の持つ音の品位は、ピュアオーディオ的な意味での格が違う音に感じられてしまいます。これらの件について、エントリークラスの複数のSACD再生機器を所有しているCD92氏のレビューがこちら


そういった観点から、こちらの記事で書かれているようにONKYO WAVIO SE-U55GXがPC用としては相当に高音質とはいえ、廉価なUSBサウンドデバイスの内蔵DACとアナログ段経由で再生される24bit/96kHzの音が、140万円のハイエンドCDPを完膚無きまでに上回ったりするのかなぁと?いう疑問が湧くのです。もちろん絶対あり得ないとは思いませんし、音質の主観的な好き嫌いで評価が逆転することはありがちです。或いはMarkLevinson No.390SLの音質が価格からイメージされるほどのものではないという可能性も否定できません。(私の記憶では相当に音質が良かったMARANTZ SA-11S1を上回っている時点である程度は否定できますけども・・・。)


とは云え、少なくともONKYO SE-U55GXのユーザーレビューやクチコミをいくつか読んだ限りでは、音質への評価はPC用途としてはかなり良好な反面、ノイズへの弱さや音の薄さ軽さを指摘されたり、対象がミニコンポや廉価なCDプレーヤーとの比較レベルでまあまあ的な意見が多く、ピュアオーディオレベルの中〜高級機と肩を並べるような吃驚サウンド的な話になるとやや大袈裟ではないかと感じてしまいまうのは私だけでしょうか?


より高音質化された後継モデルのONKYO SE-U55SX。私の想像以上に健闘してそうなAmazon.co.jpのカスタマーレビューに注目♪

・手持ちの中級CDプレーヤーに勝っています(型番不明)
・音質的には5万程度のCDプレーヤーに匹敵する感じですね。
・ウチにあるPIONEERの7万程度のユニバーサルプレイヤーよりは高音質です。

更に加えてCD対DVDオーディオや、SACD-HybridでのSACDレイヤー対CDレイヤーの音質比較をした場合、ビットレートの違い以前にマスタリングでの音作りやバランスが全然違う事がしばしばあり、SACDレイヤーの音質に比べCDレイヤーの音質が酷く、フォーマット以上の差を意図的に演出している事を疑わせるケースや、逆にSACDレイヤーが何故かCDレイヤーより音が悪くておかしなケース等、個々の音源レベルではフォーマットの優位性のみで単純に割り切れない問題や逆転現象があったりもします。

90年代以降、クラシックやJAZZのCD製作では(SONY SBM/ビクターK2/EMI Art/グラモフォン4D/OIBPなど)、48〜96kHz/20〜24bitでレコーディングやA/D変換した音源を、44.1kHz/16bitにデータ圧縮してCD化する方法が主流でしたが、この圧縮変換時に起こる音質的なキャラクターはかなり強く、ハイビットリマスターによる再発盤が不自然な音で全滅(注:あくまで管理人の主観的に。)なんてケースも多々あり、こういったリマスタ盤による聴感上の音質劣化が気になるクラシック/ジャズファンなどは、敢えて16bit収録だった初期盤の古いプレスCDを捜し回ったりしたものです。こういった事情もありますので、前述の日経記事のようなケースでは、同一デジタルマスターにビット切り捨て以上の加工加えていない音源で比較しない限り、真の意味でビットレートによる違いのみの音質比較にはなっていない可能性があると思うのです。

とは云っても、私はデジタル音源のビットレート増加や周波数帯域の拡大による音質的優位性や、本質的な音質向上を否定するわけではありません。これは音質追求の基本姿勢であり大前提ではあると考えています。

日本オーディオ協会の“ハイレゾ”定義に逆噴射してみる♪(前編)
ハイレゾとロスレスと圧縮音源の音質差って・・・言うほどあるん?
非圧縮音楽配信サービス「TIDAL」の圧縮音質聴き分けテストがすごかった♪

私が今の携帯音楽プレーヤーPCオーディオ、或いはデジタル放送などで一番問題を感じるのは、利便性を追求した結果、容量の限界から音質を損ねる過度の非可逆圧縮が現状では主流である点です。加えてオリジナルのビット数を保った非圧縮デジタルデータがあっても、一般的に使われているWindows Media PlayerやQuickTimeなど、PC再生用の音楽ドライバや再生ソフトの音質に根本的問題があったり、イコライザによるコンプレッション掛かりまくりだったり、更にそれを接続してアナログに変換するデジタル/アナログ変換回路周りの品質が、一般的に手軽に取り組める範囲で、聴感上まだピュアオーディオレベルのクオリティに達していない気がする点です。

《Acoustic Revive DIGITAL1.0R-TRIPLE-C-FMは管理人が使用している音の良い同軸デジタルケーブルの1つです。》

ACOUSTIC REVIVE PC-TripleC導体 デジタルケーブル RCAプラグ 1.0m DIGITAL1.0R-TRIPLE-C-FM

私の知人でPCオーディオ関係のお師匠さんは、自作の大容量/高性能パソコンから、正確にインピーダースマッチングの取れた数万円もする同軸デジタルケーブル(市販品は意外にも厳密に75Ωが出てないケーブルが多いそうです)を介し、発売当時100万近くしたアキュフェーズのハイエンドSACDプレーヤーDP-85(外部DAC入力やデジタルボリュームがある)や、単体DAコンバーターを組み合わせて音楽を聴いています。この人は理系PCヲタクのご多分に漏れず、リッピングしたCDのWAV音源をHDDに大量に溜め込み、実際のCDソフトを殆ど持っていません。オーディオドライバにはASIOを使っていて、流石にここまでやるとパソコンのHDD経由でも普通にピュアオーディオを語れるレベルの音質になっていると感じます。


今はまだメモリ容量やネットの転送速度の問題で圧縮音源が全盛の時代ですが、近い将来この問題は解決され、事実上の上限無制限のデジタルフォーマットを追求できる時代が其処まで迫っていると考えています。そうなったら光学ディスクの時代はカセットテープやLPのように過去のものとなり、ピュアオーディオもいずれインターネットを介した大容量音楽配信や、回転系が発するノイズのデメリットを受けない大容量シリコンデバイスに取って代わるのではと感じます。こんな風に圧縮やCDフォーマットの限界からデータが開放されることで、ピュアオーディオ的にも新たな可能性が生まれ、劇的な音質改善への道が開けるはずですので、この未来図には個人的にはかなり期待していたり♪(結果的に携帯音楽プレーヤーとピュアオーディオの垣根は曖昧になって行くと思います。)

インターネットラジオ/FM・AMチューナー

ただ、将来もしもこうなった時、レコード盤がCDへ取って代わったときにも散々言われたことですが、音源を所有したり蔵書のようにコレクションしたりする行為、音楽を聴く儀式を、ヒューマンインターフェイスとして触感的、視覚的に楽しむ情緒や精神的余裕といった面が、デジタルデータという合理性の前に失われてしまうとすれば、それは人間として何処か寂しいような気がするのは仕方のない事なのかしら。。。でもまぁ、これは音楽の本質とはまた別問題。元々形のない芸術である音楽を、形ある器に封じ込めたりというスタイルそのものが本質的に矛盾しているのかも知れませんので、未来のピュアオーディオはどういう形であれ、より高音質な方向へ進歩してくれれば良いなと期待しています♪d(^_-)
《Last modified 2017/10/18》

ピュアオーディオBlogランキング←長文ウザいのでお叱りのクリック♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!