さて、手持ちのPIONEER DV-585Aの音が所詮GOLDMUND音質には程遠いと言ったところで、自分のDV-585AがEIDOS 20Aになる訳でもなく。。。ストレスフルなので思わず油性マジックで「ゴールドムンド」って書いちゃおうかと思いましたが流石に思いとどまる(爆)

GOLDMUNDのSACDプレーヤー@140万円の中身が、なんと実売1万円のパイオニア製DVDプレーヤー!?

GOLDMUNDのSACDプレーヤー@140万円の中身が、なんと実売1万円のパイオニア製DVDプレーヤー!?ぱ〜と2


とりあえずDV-585Aはレンジが狭い。DV-600AVはハッキリしたメリハリのある音らしいのですが、DV-585Aはどこを取っても中庸で、中途半端にマッタリ風味の音です。でも、デジタル基盤と部屋中に充満する暗騒音がうるさいオリオン製のメカだけはEIDOS20と同じです。という事は、電源とアナログ段をマシなものに換えればかなり改善されるポテンシャルを秘めているのかも知れませんw 大体、DV-585Aは今更ですが2005年夏のステレオサウンド誌、DVDプレーヤー5万円以下部門のベストバイ第2位を受賞しています。

という事で、まずは気になるペラペラの筐体からアプローチしてみる。
Harmonix TU-210ZX

足回りが弱いので、まともなインシュレーターを噛まそう!と取り出したのがハーモニクス(コンバック)のTU-210。スパイクの代わりにフェルトが貼ってある輸出仕様の初期モデル。たしかこれ2個でDV-585Aの価格を超えますw 外見上はリング付きの木製インシュレーターですが、中にパ○ウェーブみたいな形の謎の宇宙生物が入っているらしいですw(某オーディオショップの人の話なので真実かは不明) このインシュレーター、音は木製のインシューレーターを想起させるものではなく、低域が控えめで中〜高域がスッキリして伸びるようになります。間接音が整理されてむしろ仄かに金属的な音です。経験上、ピュアオーディオで使うよりもビジュアル機器で使った方が画質が良くなって魅力的なのですが、沢山持ってて余っているのでとりあえずDV-585Aを3点支持にしてみました。

dv-585a+tu-210う〜ん多少TU-210のキャラクターが僅かに乗らないわけではないですが、投資価格ほどのメリットはないです。筐体が軽量過ぎて、インシュレーター以前に、どこへ置いてもあんまり外部震動の影響無さそう(爆)

叩くとバシャバシャ鳴く薄い筐体ですので、インシュレーターの持ち味を出すためにもまずは重量を付加しないと・・・どっかにTGメタルの鉛インゴットがあった筈ですが行方不明。仕方ないのでダンベルの重りを外して載せてみた(爆) 鉄アレイですから素材はスチールと思われます。軽く錆びてるしw。上に1kgって書いてありますが、これは左右2つとバーを合わせての数字ですので、重り4個でたぶん1.5kgくらいです。載せてもまだ天板は鳴きます。

インシュレーター載せた音の印象は・・・うーんどうでしょう?素材のキャラクターが乗って立ち上がりが少し甘く響きが滑らかになりました。落ち着いたイメージになりますが、その分音楽的に後退した感じ。ONKYOオリジナルのインシュレーターAS-258に方向性が似ていますが、効果のレベルはずっと下。上に載せただけではイマイチなのかも。という事で10分で撤去。素直に天板の裏に制震シートでも貼った方がまだ大きな変化を感じられそう。
AS258ONKYO AS-258

次、インターコネクトケーブルとして使っているSTEREOVOX HDSECREEK EVO-CDに戻し、同じアメリカ製のMITのターミネーター4(T4)にしてみます。日本で当時定価2万円くらいで売ってたものですが、アメリカのオーディオショップで確か20$くらいで買いました(爆) 内外価格差ばんざ〜い♪

MIT_T4_RCAおお、これは抜群に効果あります♪ MITのT4 RCAは聴感上の帯域が広く、低域は良く沈み込むし高域方向がエッジの立ったクリアで明瞭感のある音が特徴です。まぁ時に高域が歪みっぽいのですが。。。位相がどうのこうのでターミネーターモジュールなるボックスが途中に取り付けられていますが、なんか帯域をいじくったイカサマ臭い音ですw。そんな感じで決して音楽的な音のするケーブルではありませんが、不明瞭な音の機器に繋げると一気にHi-Fiっぽい音になるので、アナログビデオデッキ等で使うと台詞が明瞭になり効果覿面だったりします。DV-585Aでは予想通り効果覿面。元が耳当たりの優しい音のするプレーヤーですのでMITを繋げてもさほど歪みっぽさは感じません。そして、インシュレーターをいじるより、RCAケーブルを換えた方が当社比数十倍w音質が変化します。T4は旧モデルですので既に廃盤ですが、現在販売されているMIT製品はこちら

で、ケーブル一本でこれだけ鮮度の高い音になったのなら、クリーク EVO-CDと遜色ないんじゃ・・・という事で、同じSACDのCDレイヤーをEVO-CDで再生してみる。(EVO-CDの出力は2.0V RMS@1kHzと標準的仕様ですが、何故か音がずっと大きい。DV-585AはWEB上の公式データに出力レベルの記載が無く、取説も行方不明(死) 585Aのアナログ音声出力は主観的に半分くらいの音量しか出ていないように思います。という事で、この二機種を比べる場合、音量を合わせるためにA-1VLのボリュームをやや下げます。)
CREEK EVOLUTION CD PLAYER

ううぅ、これは気の迷いでした。ケーブル一本程度じゃプレーヤーの音質差は埋められないです・・・_| ̄|○ MIT T4 RCAを使うことで、丸い音からクッキリした音にはなったのですが、低域のポンつく軽さが治ってないのと、EVO-CDで感じられる間接音の空間情報がDV-585Aではごっそり欠けています。SACDなのに・・・。DV-585A+T4の場合、直接音を聞いた瞬間は、おっ、デジタルっぽいサウンド♪となるのですが、意識が直接音に止まってしまい、空間情報が無くなっているのに気づけないまま、音楽の表面をなぞってしまう感じです。悲しいけど、これが現実なのよね。。。

とまぁこんな感じですけれど、これはあくまで、デムパ飛ばしまくりのピュアオーディオマニアな視点での評価と言うことで、実売1万円ちょっとという事を考えれば十分高音質ではあります。そこがまぁデジタルプレーヤーの凄いところで、基本的なスペックが満たされていれば余程変なことをしない限り低音質には成り得ない。デジタルで得られる良い音の先でたゆたふ心象世界、アナログ・ピュアオーディオとしての高音質には今一歩という感じですが、普通の人はこの音質に取り立てて不満は感じないでしょう。前述したようにDACチップがPCM1742で直接のDSD変換チップではありませんから、SACDの神髄をストレートに味わうには不十分かもですが、とりあえず♪ といった用途には重宝すると思います。というか、これがあるせいでまともなSACDプレーヤーを買わずにずるずる来てしまった自分がココにいます(^^; はてさて、どうしたものやら・・・。見た目はDCD-CX3が欲しいんですけど、他のDENON機と直接比較すると、どれとどれの間に相当する音質なのか、もっとハッキリ言えばDCD-1500AEと自分で比較試聴して納得してからでないと手を出せないかも・・・(笑)
DENON DCD-1500AE

ピュアオーディオRANKING←デムパノコエ、キコエマスカ?
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!