箱庭コンパクトスピーカー探しその1 QUAD L-ite/9L2編
箱庭コンパクトスピーカー探しその2 Wharfedale Diamond9.0
箱庭コンパクトスピーカー探しその3 Jamo C601/S602

AUDIOPRO IMAGE12
audiopro(オーディオプロ)Image12

このブログで幾度も話題に出している、スウェーデンオーディオプロ(audiopro)社のImage11の後継機Image12。Image12が発売された当初は、各所のレビューを又聞きした感じ、正直なところうちで使っているImage11より劣る?、ドンシャリ?みたいな先入観があって二の足を踏んだりしていましたが、大分立ってから店頭でたまたま出会って試聴した時の印象では案外というか思ったより良い音がする。Image11もエージングで低域方向の厚みが増して当初上ずっていたバランスが大きく改善しましたが、Image12のトゥイーターも(良すぎてウーファーとバランスが取れていないらしい)、ドンシャリ感は新品状態の問題であって、使い込むと案外違うんじゃ?というか、もしかすると鳴らし込めばImage11よりこっちの方が高音質じゃ???なんて感じる部分もあったりして、まぁその辺は直接比較してみないと何とも言えないのですけれど、少なくともaudiopro本社でスピーカー作っている人はそう思ってるからモデルチェンジしたんですよね。。。

audiopro_image12_silver箱のサイズはImage11と比べ奥行きが2cmほど深くなり、トゥイーターは新設計でウーファーが防磁型ですから、Image11(うちのはノーマルなので非防磁型)との部品的な共通点は少なく、ほぼ全面リニューアルされてます。クロスオーバーが3.6kHzから2.8kHzに下がっているのが若干気がかりではありますが、周波数帯域はImage11の80〜21000Hzに対し、50〜25000Hzと拡大。特に、密閉型のこのサイズのスピーカーで50Hzを保証するのは凄いことです。海外の評価はイギリスWHAT HI-FI?誌での評価は五つ星、英Home Cinema Choice誌のベストバイ(注:両誌とも公式WEB上でレビューを発見できず)。何気にアチラではシルバーのモデルがあったりします。グレーのアルミニウムダイキャストフレーム一体成形のシルクドームトゥイーターとか、シルバーの方が似合うと思うのでブラックしか輸入されてないのは少し残念。7月15日から値上がりするって事でその前に確保すべきか悩みどころ。。。既にALLROOM SATも所有しているのに、どんだけaudioproのスピーカーが好きなんだよって感じですが・・・(^^;

AUDIOPRO EVO 10 DC(DESIGN COLLECTION)
audiopro_EVO-10




ついでに日本に入っていないオーディオプロ製品でEVO10 Monitor Speakerというのがあります。ウルトラコンパクトなモニタースピーカーという事で、ほぼ同じサイズ(但しEvo10の奥行きは190mmと深い)のImage11やImage12(£180)、ALLROOM SAT COLLECTION(£200)と比べるとやや安価な£130。画像を見た感じ、ブラックはImageシリーズと共通のピアノフィニッシュではなく木目調のよう。。。audiopro_evo_10 dc_white更にEvo10DCというDesign Collection Seriesのホワイトモデル(£160)があります。スペック的には再生周波数帯域が48Hz〜35000Hz。Image12のアルミダイキャストフレームトゥイーターを更に10000Hzも超えて保証するSACDも行けそうなスーパートゥイーターを搭載。感度88dBでインピーダンスは8Ω(Image11/Image12は4Ω)。これは鳴らし易そう。クロスオーバー周波数も4500Hzという事で完全にウーファーのみでピアノの持つ広い音域をカバーしてるのもフルレンジに近くてポイント高し♪ オーディオプロ製品の中でどういう位置づけなのかイマイチ判りづらいのですが、既存の機種より音が良い、或いはコチ鳴る魅力を備えているのなら是非日本の代理店にも紹介して欲しい製品です。ホワイトモデルがあるのも嬉しい♪色だけで+£30と高価ですが、私なら絶対ホワイトが欲しい♪

Image12を楽天で探してみる


ピュアオーディオRANKING←たまにはクリックしてくれよぅ♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!