2008年下半期、秋冬アニメの中で1クールの作品が今週軒並み最終回を迎えました。(シーズン初見時のレビューはこちら。) 2009年へ持ち越される2クール組は別にして、今回は個人的にツボに来る作品が少なく、殆どのアニメ視聴を最初の1〜3話で切ってしまったのですが、最後まで生き残った作品が、「かんなぎ」と「ヒャッコ」。

かんなぎは後半陰気な方向へ進んでいたので、最後に良い話で終わったことにびっくり。最後、EDの代わりに戸松遥の「motto☆派手にね!」 が全曲?流れたのですが、あのナギ様がやたら動きまくる萌えオープニングに(歌がへ○くそ過ぎて)食指が動かなかった私でも、不思議と最後になって初めてシングル欲しくなりましたw
motto☆派手にね!(かんなぎ盤)
motto☆派手にね!(かんなぎ盤)戸松遥 辛矢凡 古屋真

おすすめ平均
stars明るく、フレッシュな良曲。
starsいい曲ですが・・・
stars性別関係なく楽しめる作品であり、誰もが口遊められる曲
stars.
stars良い曲です。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

かんなぎは、BS11での放送ドタキャンや、MXでの地震速報によるL字画面挿入アクシデント(1&3話)など放送トラブル出まくりでしたが、そんなこんなを乗り越えて、最後までクオリティ落とさずに観ることが出来ました。流石ヤマカン(山本寛 監督)クオリティという感じで。こんな事を書くと一部の原理主義者さんから叩かれそうですが、私はこの人の確信犯的演出って嫌いじゃないよ・・・時々鼻に付くけどw

ちなみに、かんなぎの保存録画は、BS11の代役で1月遅れで始まったBS-JAPANでしています。テレビ神奈川は例によって額縁放送なので論外。BSJの場合、右上のBSJのロゴや、冒頭の「部屋を明るくしてみましょう」のテロップが邪魔なのですが、それでも東京MXと比べて画質も音質も格段に良いのです。同一内容のCMの音質/画質も違うので、放送局側のアップコンバート機材か送信フォーマットの違いかしらねぇ。。。? BSJの方が色温度が僅かに高く、色彩の透明感が増して舞台となっている仙台の空気感が出ているように感じるのです。比較するとMXはデイティールが黄ばんでる。音質差についてはあんまり語られていませんが、自分は画質よりオープニングでの音質の違いに先にビビりました。BSJの方が明らかにクリアで抜けが良いのです。 TBSの場合、コードギアス反逆のルルーシュR2なんか、先行した地上デジタルとBS-iで画質音質に大差無い気がしますし、地上デジタルで左右カット4:3のCLANNAD AFTER STORYに至っては、16:9ハイビジョンのBS-iの方が、何故か音質も抜けが悪くグダグダで画質もぼんやりしていて冴えない感じだったりするのでした。この微妙な違いの影響か、黒帯放送の地上波の方が作品に没頭できて楽しめるという変な感じに。。。BS-iで観ると何故か怠くてすげ〜つまらん。いや、2期自体がそもそもつまらんのだよと云われれば、確かにそうなんですけれども・・・(^^; クラナドの場合、劇中音楽は相変わらず良いんですけどねぇ。。。
TVアニメ 「CLANNAD AFTER STORY」OP&EDテーマ 「時を刻む唄/TORCH」 / Lia
TVアニメ 「CLANNAD AFTER STORY」OP&EDテーマ 「時を刻む唄/TORCH」 / Lia
おすすめ平均
starsすばらしい歌です
stars前作の方が…
starsまるで水のような
starsこれは朋也の唄だ。
stars緩やかさと疾走感のある唄

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

eufornius好きとしては心配だったのですが、Liaの歌も負けず劣らず良いと思うです。

ピュアオーディオRANKING←そちもクリックするのじゃ!
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
かんなぎ に参加中!