HP d330でのPC再構築パート1 メモリ増設とDVDドライブ
HP d330でのPC再構築パート2 HDD換装に挑戦

Pentium4 CPUクーラーを静音型へ交換

今回は少しPCオーディオ構築ネタとして役に立つかも!?
さて、新しく届いた中古のd330に一通り増設機器の換装を済ませ、いざ元通り使用としたところとんでもない問題が発覚・・・!!!

d330ってものすっごい爆音がするんですけど〜(死)

いやはやこれは予想だにしませんでした。今まで使用していたHP d325dx2000は無音とまでは言えませんがデスクの下に入れている限りは十分静か。夜間音楽を聴く上で妨げになるようなノイズはほぼ出ていません。ごくたまにCPUが加熱したときに「ふぁ〜っ」とCPUファンの回転音がするくらいです。ところがだ、d330はPCを立ち上げてマウスをちょいと動かした程度でいきなりCPUファンが全開になります。しかも小型掃除機並みの騒音(マジ!) もの凄い勢いの排気パワーで机の下に風が巻き上がり○×△◇の中がスースーするの♪(謎)
 
なかなか良いが、しかし…
『CPUファンがうるさいのですが、、、』のクチコミ掲示板
HP 爆音PC
『迷っています』のクチコミ掲示板
PC本体のファンが・・・・
中古のhp dx2000ST入手!でもね。。
CPUファンの異常回転

あちこち調べてみると出てくる出てくるd330(及びdx5000等)はCPUファンが五月蝿いとの書き込みがそこら中に!届く前はこの程度(d325)の音で五月蝿いとかどんだけ神経質なんだよ〜やれやれとか思ってたのですが、届いてみて状況を理解しました。これ、当時新品購入してたら私間違いなくHPにふざけるなと抗議の電話してるわ・・・(爆)ほんとに掃除機並みに五月蝿いんです。隣の部屋にいてもうるさくてテレビに集中できません。当然こんな爆音発生機が足元or目の前にあったらPCオーディオどころかふつうの事務作業だって集中出来ないっつーの・・・(´Д`;)

シロッコファンDelta Electronics製BFB1012Hあまりに酷い爆音にたまりかね再び本体の蓋を開けて中を点検。どうやらこのCPUに乗っているかたつむり・・・シロッコファンが悪さをしている模様・・・。排気高率最強ですけど爆音って奴です。騒音の原因はリテンションの破損だったという書き込みも多いので調べてみたところ、バッチリとマザボに正常固定されていて取れやしません。ファンの型番はDelta Electronics製BFB1012H。もしかしてPentium4の純正リテールファンか何かでしょうか?d330に限らずIntel搭載のdx2000/dc5000系でもこのシロッコファンが搭載されている場合があるらしく、やはり爆音で困っているというエントリが色々ヒットします。うちにあるdx2000はそこそこ静かなのですが何ででしょ・・・?う〜ん、こんなうるさいシロッコファンが付いていたらとても使い物になりません・・・orz 余りの爆音にイラッとしたので勢い余ってブチ外す事に決定!いままでCPU周りに触れたことはなかったのですが、ファンの横にある銀色のもんじゃ焼きのヘラみたいな部分を上下にグリグリやったら外れました。もの凄く硬くてマザーボードまで壊すんじゃないかと思いましたがそこは怒りのパワーという事で・・・今は反省しているw
Socket478_リテンション
外すとこんな感じです。CPUの周りの四角い黒い枠がCPUクーラー(ファン)を取り付けるリテンションと呼ばれるもので、取り外し時に無茶をして良く壊す部品だそうです(滝汗)。壊さなくて良かったよ・・・。ちなみにd330の場合Pentium4搭載機ですのでリテンションはSocket 478という規格になります。もし壊してしまった場合はAINEX BM-478Pが純正品と同等だそうです。CPUの上にはシリコングリスがべっとりですが、どうやらCPUにムラ無く塗られてはいなかったらしい。CPUから漏れた外側は既に乾いて固まってしまい、触るとポロポロ粉が落ちてきます。乾いたグリスを指で削りつつ慎重に掃除機で吸い取ります。残りのグリスは専用のグリス拭き取り剤など持ち合わせていませんので、電子機器クリーナーパンドー29Dを染み込ませたティッシュペーパーで拭き取りました。ネット上のアドバイスから最初エチルアルコールを使ってみたのですが、これが案外面倒なのです。試しにパンドー29Dを使ってみたらアルコールとは比較にならないくらい簡単に奇麗になってびっくり。オーディオ用品がこんな所で役に立ってラッキ〜♪みたいな。PANDO 29DはCPU専用2ステップグリスクリーナーより容量も多く色々な電子機器に使えてお得かもですd(^_-)
CoolerMaster CPUFAN Cyprum (HT)P43.2GhzSocket478対応 KI47H52A-OL
CoolerMaster CPUFAN Cyprum (HT)P43.2GhzSocket478対応 KI47H52A-OL
おすすめ平均
stars冷えるようです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

さて、CPUクーラー・・・ヒートシンク一体型爆音シロッコファンを取り外してみたもののこれからどうしよう?とりあえずd325で使っていたCPUクーラーを移植しよう・・・とおもいきや、AMD AthlonとPentium4ではソケットの形状が異なるみたいで取り付け不可!うぐぅ。PC知識がないから後先考えずに無茶してます。。。焦って検索してみたところ、Socket478対応のCPUクーラーが色々と発売されているようです。その中でもどうやら静音型として評価が高いのがクーラーマスターCyprum(シプラム)KI4-7H52A-OL。サイプラムではなくシプラムと読むんですね。。。シプラムは静かなだけでなく、サイズがリテンションの外に大きくはみ出さず、全高も66mm程度と空間スペースが少ないHPのスリムタワーでも問題無く納まるサイズなのがポイント。特にd330はリテンション長辺の直ぐ横に電解コンデンサがずらっと並んでいますので、CPUファンの寸法が大きいと干渉して使えなさそうな雰囲気。Cyprum(シプラム)KI4-7H52A-OLは長辺側がリテンションから全くはみ出ませんのでこれなら問題無く装着できそう♪

さっそく楽天市場でCyprum(シプラム)KI4-7H52A-OLを注文したところ有り難いことに翌日届きました。

Cyprum(シプラム)KI4-7H52A-OL銅製のヒートシンクはなかなかの高級感がありローノイズ&ハイエンドの名に相応しい出来。ちょっとウットリする精度感です。放熱性が向上した後期モデルの仕様らしく商品写真にあるヒートシンク側面の丸穴は無くなっています。上に乗っているファンは7cm角の(たぶん)静音型。ネジ止めしてるだけですから、環境に応じてより静かな・・・或いはより冷却能力の高い別の汎用ファンへの換装も簡単に可能みたいです。

熱伝導シートグリス_シプラム敢えてシリコングリスをCPUへ塗布する必用がないようにシプラムの裏側には最初から熱伝導シートが貼ってあるのですが・・・が!撮影のためにデスクに直に置いて駄目にしてしまいました(爆) 熱伝導シートには当然保護シールが被せてあると思っていたのですが、箱から出したら剥き出し状態だったみたいです・・・(涙) この熱伝導シートもPANDO 29Dを染み込ませたティッシュで奇麗に拭き取れました。

熱伝導シートの存在については予め他所様のレビューで認識しており、そのためにシリコングリスを敢えて購入していませんでした。仕方ありませんのでちょっくら車を飛ばしてPC DEPOTに直行。注射器入りの銀入りシリコングリス シルバーグリス SG-77001を購入しました。熱伝導率8.2W/mkとまあまあの数値。最初はこんなもの安ければ何でも良いと思ったのですが、安物と銀入りの高級品では熱伝導率が軽く一桁以上違ったりします。また、一般的に熱伝導シートよりもシリコングリスの方がずっと放熱性が高いらしいので(注:例外有り)、熱伝導シートを駄目にしてしまったのが結果オーライだったかもです。
シルバーグリス10.0g SG-77010シルバーグリス10.0g SG-77010

バリューウェーブ
売り上げランキング : 15221

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ちなみにSG-77001はPC DEPOT店頭で1.5g 約600円でしたが、同じ物の10g入りSG-77010が4割り増し程度の価格で販売していました。容量と価格のトンデモ設定で少し悩んだのですが、10gあってもまず使わないだろうと考え保管時に邪魔にならない1.5gタイプを選択。実際使ってみると判りますが、趣味でCPUクーラー交換やCPU交換等を仮に10回くらいやっても1.5gもあれば足りそうなかんじです。
Pentium4 2.66GHz
今回が初体験ですがCPUにシリコングリスを盛ってみます。真ん中だけでは四隅まで伸びない気がしたので四隅にも少しずつ盛っておきます。純度85%の超微粒子純銀を含有のシルバーグリスだけあって銀色♪
CPU シルバーグリス シリコングリス
一端Cyprumをの乗せて軽く左右に動かしてから外してみたところ(禁じ手?)・・・左下の盛りが少し足りなかったみたい。
CPU シリコングリスの広がり例
左下へグリスを少量補充してヘラ(適当なプラ板で自作)で端まで伸ばし、再び速やかにCPUクーラーを再装着。軽く前後左右にスライドしてCyprumの重みでグリスを引き延ばしてから固定金具でリテンションへ固定します。このままグリスが密着して固まるまで暫く放置。ここでいきなりPCを縦置きにしたり電源を入れては駄目ですよd(^_-)
Cyprum(シプラム)KI4-7H52A-OL取り付け
Cyprum KI4-7H52A-OLを取り付けた状態。う〜む我ながらうっとり♪
ただ、このままで使用すると筐体内部で排気と吸気がごちゃ混ぜになってしまいますので、HP d325のCPUファンに付いていた吸排気セパレートカバーを加工して装着。単なるプラ板ですけれどもSpeedfanで温度を測ってみるとこれがなかなか効果的です。
CPUクーラー吸気セパレーター
この状態で電源オン。お〜!殆ど音がしなくなりました♪Speedfanで測定したところ、Cyprumのヒートシンクが67度に達するとファンの回転数が一気に上がり、ヒューンという窓のすきま風のような風切り音が出ます。あくまで小音量ですが少し気になるかも。側板開放状態では滅多に67度まで到達しませんのでずっとアイドリング状態でほぼ無音。(あくまで机の下にあることが条件、本体の排気スロットに敢えて頭を近づければ音は聞こえます) それでもこのくらい静かであればオーディオ環境を考慮した静音PC用のCPUクーラーとして合格点をあげられると思います。

今回は勢い余って何の事前知識もなくCPUクーラーを取り外して換装!という暴挙に出てしまいましたが、結果としてCPU周りの構造を理解することが出来ました。これでもう、CPUクーラーの換装だろうがファン交換だろうがCPUそのものの上位交換だろうが何でもちょいちょいっと出来るようになりましたV(^_-) 次はHTT対応のPentium4 Northwood 3.06Ghz辺りのチップがどこかにタダで転がっていたらwCPU交換してみるのも良いかな〜なんて思ってみたり♪

HP Directplus -HP公式オンラインストア-
ピュアオーディオRANKING←とにかく静かにクリックする♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
PCの周辺機器 に参加中!