オーディオ機器の輸入代理店ポーカロ・ラインのオリジナルブランド「KEY Sound」の第一弾製品として、DAコンバーターのUDA923BFが発売になりました。PORCARO LINE Official Blog
KEY Sound UDA923BF USB-DAC

ポーカロラインってあまりご存じで無い方も多いと思うのですが、デンマーク タンジェント・オーディオの輸入代理店として数年前にスタートした新進気鋭の代理店です。この不況のまっただ中、TANGENT AUDIOMicroshar(マイクロシャー)など、日本では余り紹介されていなかった欧米の低価格オーディオブランドを取り上げ、リスクを取って代理店業を始めるなど、すごっく頭が下がる代理店さんだなぁと、箱ピュア管理人は予てより思っておりました。Twitterでも営業でご苦労されている様子がつぶさに伝わってきて頭が下がる思いです。
Microshar D/Aコンバータ μDAC111

さてそんなポーカロ・ラインですが、なんとオリジナルのブランド「KEY Sound"キーサウンド"」を立ち上げ、新規にPCオーディオの世界へ切り込む!との事です。その第一弾がKEY Sound USB DAC UDA923BF
KEY Sound UDA923BF

開発者の長谷川氏は、エレクトリに始まり、ビクター系列会社や赤井電機などで音響機器の設計に携わっていた方で、業務用機器の設計のプロの方です。そんな方が設計されたUDA923BF USB-DACですが、その特徴を挙げると以下の2つが管理人の目に留まりました。

1)コンデンサを一切使用していないコンデンサーレス設計。


2)敢えてハイビット/ハイサンプリング(ハイレゾ)非対応。


1) は発想として面白いですよね。個人的にとても惹かれるポイントです。なんか前にどっかでそんなDACがあったような気がしますが、なんだったかな・・・。コンデンサレスのDACは自作の世界ではありがちですが、敢えてメーカーが独自の色付けを主張するのが暗黙の了解しなっているコンシュマー製品としては、かなりイレギュラーなアプローチになるとと思います。キャパシタを全く使わない半導体ディスクリート構成のDAコンバータってどんな音がするのでしょうか。。。コンデンサを使わなければコンデンサに起因する音質的にな色付けが一切排除できる訳ですから・・・ストレートでお刺身みたいな音がするのかな?(謎)

2) これはもう、ハイレゾ音源に徐々に移行しつつあるPCオーディオに真っ向から喧嘩売ってる(笑) とはいえ、既存のオーディオ機器やCDソフト、デジタル放送フォーマットは48kHz/16bitか44.1kHz/16bitが大半なのも事実。で、低ビットレートの40kbpsのインターネットラジオをより良い音で聴くには、ハイビット対応にしない方が良いらしい。これは同じく低ビットレートの地デジやBSデジタルでも当てはまりそうですよね。DACチップにバーブラウンPCM2704を使用とありますので、ハイレゾに対応していないチップを敢えて使用する拘りがあるということでしょうか。
96kHz/24bitハイレゾ対応音源を高音質で聴きたい場合は、例えばONKYOのDAC-1000などの魅力的な製品が他にありますので、UDA923BFはそれとは違う、低ビットレートのPC音源をどう高音質で再生するか?といったアプローチになります。要するに住み分け使い分け。あくまでUDA923BFはUSB入力のみのDACですので、S/PDIFでリンクするピュアオーディオ関係とは別に、PC用DAコンバータの1つの在り方として独自の存在意義を追求しているように思います。

なんかこう、UDA923BFのセールスポイントを吟味するには、そもそもインターネットラジオってなんぞや?って所から勉強しないと上手く解説できないことにここで気付きました。ぱすてるんにとってのネット音源ってばYouTubeとニコニコとCDのサンプル試聴くらいですからね〜。あとはアニメ声優さんの音泉ネットラジオ?。低音質って先入観からクラシックでは殆ど聴いた事が無いのですが、探してみるとあるんですね→クラシック・ラジオ。エントリのために初めて聴いてたのですが、(放送局にも拠りますが)思ってたよりも音が良くてびっくり!耳からウロコでした。普段からネットラジオで一日中ストリーミング音楽を流してるよ〜って人にはKEY Sound UDA923BFが強力なアイテムになりそうな気配です。

USBケーブルでPCオーディオの音質が変わる!?その1
ピュアオーディオランキング←48kHz/16bitで量子化クリックする♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加