今年のウィーンフィル・ニューイヤーコンサート。指揮は5年前と同じダニエル・バレンボイムでありんした。元旦の19時を廻った頃、NHK Eテレで視聴開始〜♪ 真っ暗な部屋の中で、湖池屋のポテチをかじりながらw 左手にiPhone5、右手にはカフェオレ。だってね、4800ユーロも払って生演奏を聴くより、コタツでポテチの方が絶対に贅沢だと思うんだw

TOWER RECORDS 今年はバレンボイム!ニューイヤーコンサート2014


でも直ぐにテレビを消そうか悩み始める・・・。なんというか・・・こう、テンポが微妙に重いし、どうしても音楽が硬いぉ(^^; バレンボイムの表情が怖いし・・・(滝汗) やっぱり、わっちにはバレンボイムの良さと凄さが全くわかんにゃいみたい。。。ピアノも指揮もどっちもなのです。ほんと、おバカなわっちに誰かバレンボイムの凄さのヒミツを教えてくりゃれ(≧∇≦)
実のところ、ダニエル・バレンボイムの音楽が好きか嫌いか?と訊かれたら、わっちは回答に困るんでありんす。マウリツィオ・ポリーニみたいに嫌いなら嫌いで割り切れて良いのですが、ポリーニは嫌いでも、その凄さは技巧的にも音楽的にも(客観的な視点で)理解できるのですが、バレンボイムについては、ほんとうに好きか嫌いかすら良く分からない。まぁどっしりかっちり纏まりよく、安定しているよね〜とは思います。私はなるべく"ふにゃふにゃ"してたい人なので、そこは馬が合わないというか。

それ以前に多分、一番は音色が好みじゃありんせん。理屈っぽく書くと、むん〜って高域が抑制された感じ。理屈っぽくないかw こう書くとアレですが、バレンボイムってオーケストラでもピアノでもあんまり音色が綺麗、美音系ではないと思うんです。音の密度が高くて意志がしっかりしていて濃厚で、暖かい音ではありますので、そういうゴリゴリした強さが必要なドイツ系の音楽には合うと思うんですけど。ゴリゴリってのも変か・・・ゴリゴリ男気があってサッパリしてればそれはたぶん好きになれるのですが、音色は何処か甘みのあるリッチテイストでくどいですし。

でだからといって嫌いなの?問われると、いや別にそういうわけでは無いよ?みたいな(^^; もっというと、奥歯に物が挟まって、更になぜかずっとトイレに行かせて貰えないみたいな感じ(謎)

ウィーン・アコースティック(ヴィエナ・アコースティクス)のスピーカーで聴く、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサート萌え〜♪なんていつものようにどや顔でツイートするつもりだったのに、5年前の2009年にも全く同じ事をブログに書いている自分がいました。しかも記憶にありません(爆)

休憩時間に、Eテレではウィーンフィルの団員達が東日本大震災の被災地を訪れて、ボランティアの慰問活動をしているシーンが放映されていました。ウィーンでの2011年3月19日と20日の定期演奏会の折に、バレンボイムが追悼で、モーツァルトのピアノコンチェルト23番2楽章(短調のアダージョ楽章)を弾き振りしているのとかも。バレンボイムはこういう世界平和貢献アピールみたいなの好きですね。お顔が政治家っぽいですしね。

あ、山田町?の学生さん達が、ウィーンフィルの団員への御礼に合唱を歌った後、かなり気合いの入ってるプロフェッショナルな応援団長の少年が出てきて、

サンキュー サンキュー ウィーン ‼

ってやってみせたのにはちょっと度肝を抜かれあした!(^^)ゝ ・・・何語?(爆)

そういえば、今回のバレエの意匠はイギリスのデザイナーVivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウェストウッド)の手による物でした。モダンとクラシックが融合した華やかさ♪しかもアブノーマルな雰囲気・・・個人的に彼女のデザインは不思議の国のアリスっぽくて好きだったりします。栗原類君が良く着てますよね。メンズのバックとか時計とか、値段も手頃でついつい見てしまいます(・・・だが持ってない、↓のどっちか凄い欲しいけど)。
後半は、アナログFMチューナー経由で視聴。チューナーはPHILIPSのFT930。15年以上前の製品ですが、いまだに紹介記事を書いていないわ・・・(なんとかせねば)。FMチューナーで中継を聴くと、地上デジタル放送よりもタイムラグが少なく、2〜3秒早く音が出ます。ハイビジョン画面と音が合いませんが、もう後半は気にしない。ウチの場合、地デジの高圧縮されたデジタル音声をTOSでDACに突っ込むよりも、古いアナログFMチューナー経由の方が、聴感上好ましい音に聞こえる・・・。特に音楽表現力が段違いですし、赤いベルベットがたなびくが如しヨーロピアントーンで、バレンボイムの演奏すらも快活に楽しく聞こえてしまふ。。。♪

美しく青きドナウも終わり、最後は恒例のラデツキー行進曲!


です、が・・・


バレンボイムのおっさん、指揮してない! Σ(・□・;)



1曲通してずーっと、楽団員一人一人と挨拶回り、途中で観客にも挨拶して、最後までタクトを振らないまま終了(唖然)


うむ、本日はこの演奏が最高でした(爆)


これ、テレビ画面を消したままFM音声だけで視聴して、後でバレンボイムが振るラデツキー行進曲はノリ悪すぎて最低だな!とかブログに書いてたら、とんだ大恥をかくところだったー‼ Σ(・□・;)www

真面目な話、指揮者がいなくても、入念なリハーサルでどのように演奏するか繰り返しすり込まれ、決められていますから、本番できちんと振らなくてもバレンボイムの音楽にはなるのですけれど、でもやっぱり、本人が真ん中でしかめっ面をしてない方が、ウィーンフィルらしい明るい音色と自由さが、ほころびから薫り立ってきて良いんじゃないかと感じまする(^^;
そんな感じで、2014年は後半尻上がりで面白いニューイヤーコンサートでした。因みに昔のウィリー・ボスコフスキーのウィンナワルツは大好きです。深い意味はありません♪ 尚、再放送はBSプレミアムで1/12日の予定です。BSの方がビットレート高いのでたぶん音質違うと思います。

ピュアオーディオBlogランキング←本年も、美しく青きクリックしてみるてすと♪

曲目
「美しいエレーヌのカドリーユ 作品14」

「ワルツ“平和の棕櫚”作品207」

「カロリーネ・ギャロップ 作品21a」

「エジプト行進曲 作品335」

「ワルツ“もろ人手をとり” 作品443」

「ポルカ・シュネル“恋と踊りに夢中”作品393」

「喜歌劇“くるまば草”序曲」

「ギャロップ“ことこと回れ”作品466」

「ワルツ“ウィーンの森の物語” 作品325」

「ポルカ・フランセーズ“大好きな人”作品1」

「ポルカ・シュネル“花束”作品188」

「歌劇“カプリッチョ”から月光の音楽」

「ワルツ“ロマンチックな人びと”作品167」

「ポルカ・マズルカ“からかい”作品262」

「ポルカ・シュネル“害のないいたずら”作品98」

「バレエ音楽“シルヴィア”から“ピチカーティ・ポルカ”」

「ワルツ“ディナミーデン”作品173」

「ポルカ“憂いもなく”作品271」

「ポルカ・シュネル“カリエール”作品200」

「ワルツ“美しく青きドナウ”作品314」

「ラデツキー行進曲 作品228」

(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (指揮)ダニエル・バレンボイム
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
クラシック に参加中!