87ba1cb9.jpg



近年、小型スピーカーのマーケットというのは、海外製の独壇場といった感じですが、国産メーカー製の中にも優れたスピーカーはいくつもあります。その中でも、ピュアオーディオ作りに於いて個人的に非常に高く評価しているのがビクターです。

ビクターは、SONYDENON(デノン)ほどオーディオブランドとしてメジャーではなく、Accuphase(アキュフェーズ)LUXMAN(ラックスマン)程、玄人好みの高級機を一貫して作ってきた訳でもなく、marantz(マランツ)オンキヨー程ピュアオーディオではっきりとした音の方向性を認知されていない、なんとなく、商品構成が中途半端でマーケットに占めるブランド力が弱い印象が拭えませんが、ビクターには余り知られていない、他の国産メーカーとは以前から一味も二味も違う優れた部分があります。

それは、ビクターのオーディオ製品の多くが、実はとっても"音楽性が高い"点なのです。

"音質"という評価軸に於いて、日本メーカーは世界でもトップにあると云えるでしょうが、こと、"音楽性"(音楽のハート、生命、精神性を伝える力)という評価軸になった場合、残念ながら海外製品と比べると相対的に1歩も2歩も劣ると言わざるを得ません。これが、音楽ファンにレコードを通して"音質"ではなく"音楽"を聴いて欲しい私が、かねてからネット上で海外製品を推してきた一番の理由です。

しかし、ビクターはそんな国内メーカーの中でも、音楽性に於いて海外製に匹敵、どころか、十分にトップクラスの音楽性を備えていると言える数少ないメーカーなのです。

これは、Victorが傘下にその名の通り●ビクター音楽産業(現エンターテインメント)という、国内レーベル屈指の録音品位を備えたレコード会社を抱え、そのレコーディングエンジニアが、オーディオ機器作りにまで深く関わっている事が理由の一つなのかも知れません。とにかく、誰だかこの会社には感覚的に音楽を知っている凄い人物がいるのではないかと思います。
XM-R1




ビクターのオーディオ機器iconの持つ音は、90年代以降躍動感溢れる透明で耳当たりの良い明るいトーンでクオリティが一貫していました。不況の為か、ピュアオーディオ機器のラインナップがちぐはぐで揃わないのが難点ですが、私の所有するポータブルMDプレーヤー XM-R1(当時は単品コンポ並の音質と評され、このポータブルがなければ私はMDなど到底聴く気になれなかったでしょう。)から、直ぐ立ち消えたHMVシリーズ、ハイエンドDVDオーディオプレーヤーのXV-D9000(ずば抜けて音が良いのに売れないまま最後は叩き売られて消えていった・・・)まで、何故か市場の評価が伴わない状態が続いているにもかかわらず、けなげに、生きた音楽が伝わるオーディオ機器を作り続けている点を、日本のオーディオファイルの人々はもっと高く評価してしかるべきでしょう。
XV-D9000


そのビクターから昨年発売され、最近あちこちで高く評価され、話題となっているのが、スピーカーがピュア単品でも発売されているミニコンEX-A5EX-A1です。

pastel_pianoは、このミニコンから独立した単品スピーカーSX-WD5の音を先日たまたま聴くまで、巷の評価のことは目にしても、内心、何寝言いってんだ?wと完全スルーをしていました(爆)10年少し前、ビクターにはドイツ・クルトミューラー社製コーンを搭載した、大変に音楽性の高いスピーカー、SX-A103、SX-V1、SX-V05という一連のシリーズがあり、特に、SXA103には個人的に使って非常に良い思い出があるのですが、これらの後のSPラインナップが現代的な方向性で、個人的に好みでなかったこともあり、まさか今更ミニコンポから良い音のスピーカーを作ってくるとは思ってもいなかったのが本音です。

SX-WD5を聴いた最初の印象は、SX-A103の音が戻ってきた!というものです。当時感じたビクター特有の美しく磨かれた明るい音色、躍動感溢れる表現力・・・もう中古でしか再び手に入れることは出来ないと半ば諦めていた音が、再びそこに蘇って生き生きと再現されていたのです。私は、A103のこういった美点は、ユニットを供給していたクルトミュラーに依存しているのだとばかり思ってましたが、
どうやらそうではなく、これを作っている人が持つ優れた音感の成せる音色だという事が、全く違う新開発のウッドコーン・ユニットとツイーターを使うSX-WD5で理解出来ました。

とにかく、聴いていてもの凄く楽しい音なのです♪小口径ユニットの小さなスピーカーですから低音の量感は望むべくもありませんが、音質云々のリアリティではなく、音楽を血の通った音楽として鳴らす力については、国産でこのスピーカーの右に出るものが果たしてあるのでしょうか?といった感じです。

ウッドコーンスピーカーは、そのウッド素材を大切にした、楽器作りにも通じる面倒な制作行程を観ても想像出来るように、スピーカー自体が共鳴して楽器のように豊かに鳴るタイプであって、色付けを廃し、無響室的なアキュレートさを身上とした、高分解能で高音質なモニタースピーカーの類とは毛色が違います。

海外製でいうところの、OLS(Kharma)、アコーステッィクラボ、ウィーンアコースティックなどの、"美音系"スピーカーと共通した音色の方向性を有していると言えるでしょう。

そういった意味では、この音色をそもそも色付け、後付けされた個性と感じる事で、受け付けない人もいらっしゃるかと思います。ただ、モニター的ではないにしても、リアルでない訳ではありません。それどころか、録音の段階で失われてしまう声の温もり、楽器の質感、ピアノや弦楽器などのアコースティックな要素を、スピーカーの響きが蘇らせてくれる、この意味で、出てくる音の質感のリアルさは、そこらの無個性なSPやモニタースピーカーを軽く凌駕する生々しいものなのです。音にこだわる余りに、色々と音楽の大切な要素が失われたつまらない音をそのまま聴くよりも、ウッドコーンを通して再度生気が蘇った音を聴く方が、実生活において、どれだけ楽しい音楽ライフになると言えるでしょうか?

こういう音は、生楽器の音に良く触れている人にしか掴めないんじゃないかと思います。オーディオスペック的な意味での高音質、正確性を追求する以前に、音楽をリアルに聴きたい、音楽そのものに近しくありたいという意志がなければ、機器という介在物を飛び越したような"生々しい音"は絶対に生み出せないでしょう。

EX-A5 VS EX-A1 DEUSアンプとの相性に続く。
グレイテスト・ヒッツ
マライア・キャリー ベン・マーグリーズ ナラダ・マイケル・ウォルデン

おすすめ平均
凄まじい重量感
名曲多すぎ!
満足できます☆☆
アメリカではなぜ売れないの?
イイ曲満載!オススメの1枚

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ピュアオーディオRANKING←今日も明日もクリッククリック♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加