箱ピュアカテゴリ:デスクトップPCオーディオ
箱ピュアカテゴリ:OYAIDE/オヤイデ電気商会/NEO d+
箱ピュアカテゴリ:D/Aコンバーター略してDAC
USBケーブルでPCオーディオの音質が変わる!?その1
USBケーブルでPCオーディオの音質が変わる!?その2
USBケーブルでPCオーディオの音質が変わる!?その3
            
こんな感じで今回の印象ではオヤイデ d+USB class Aを、(前のエントリで書いた音色傾向が好みの人にでしたら) お薦めできるレベルの音質になる思います。が、管理人宅の場合ココでもう一つ問題が発生。サブシステムの配線上1mのUSBケーブルでは長さが足りず、d+USB class Aが使用不可なのであります(´Д`;) レッツノートCF-T2DAC-1000を使ったテストでは、メインシステムのラック上に置いた簡易セッティングで行ったのですが、普段各種DACを切り替えて使っている別室の場合5m以上のUSBケーブルが必要だったりするのです。
USBケーブルは短い方が良いと一般的に言われていたりしますが(なんかそう吹聴した1人が自分じゃないかという気もするw) 色々試した現時点の持論としては、USBケーブルはどうも短い方が良いとは必ずしも言い切れないと、今の時点では考え方を改めていたりします(滝汗)
           
iBUFFALO Arvel USB2.0ケーブル サージ&フェライト 5M 黒 AU2SF50BK
現在5mのUSBケーブルとして管理人が使っているのが、これも前に紹介したiBUFFALO Arvel のAU2SF50BK 。(長さの違いでAU2SF07BK/AU2SF10BK/AU2SF15BK/AU2SF20BK/AU2SF30BK/AU2SF50BKと各種揃っています。)特許のダブルフェライトコア&ダブルノイズクリッピングダイオードと凝った構造ですが低価格。当時は1mのもので音質レビューを書いたのですが、気に入ったのでその後に5mの長尺で購入。これ、長く引っ張ると更にキャラがクター濃くなってUSBケーブルによる変化が更に判りやすくなり、よりPCオーディオらしからぬ音になるのです。
           ARVEL_AU2-SF10BK
USBケーブルによる音質差は小さいと書きましたが、5mも引っ張ると流石に十分無視できないくらいの音質変化になってきます。5mの長さでも50cmや1mの他の雑魚ケーブルとA/B比較するとハッキリ優位な(好みの)がしますし、むしろわざと長く引き回した事でUSBケーブルのキャラクタをより濃厚に付加する形になり、結果的にPCトランスポートの持つ濁った音質を誤魔化す為のある種のフィルタ機能を持たせることが出来てるんじゃ無いかなぁ〜なんて。

Arvel AU2SF50BKは両端にフェライトコアとノイズクリッピングダイオードが入った風変わりなUSBケーブルですが、PC側から回り込む色々なノイズ対策として、このダイオードやフェライトコアの使い方で更に可能性が開けそうな気もします。これで導体が銀メッキやPCOCC等だったら更に良い音になりそう。特許で縛られてるのが勿体ないかも〜(笑) とりあえず長尺の高級USBケーブルはお高く付きますので、今のところはArvel AU2SF50BKでお茶を濁しているような感じです。音質的にはオヤイデ d+USB class Aがシャープで聴感上勝っていますが、ノイズの多い環境ではAU2SF50BKの方が安心できるかも知れません。
 
先日どっかで読んだのですが、デスクトップPCからDAC-1000にUSBケーブル経由で回り込んで発生していたハムノイズや高周波ノイズが、USBケーブルのグランド線切断と、フェライトコアへの多重ぐるぐる巻きである程度改善したという話がありました。USBケーブル経由のノイズの回り込みとグラウンドループが、聴感上の音のニュアンスという曖昧な部分を通り越して、ノイズとして聞こえてしまうレベルのキャリアになってる事があるという話です。そこまであからさまに酷くない場合でも、聴感上の潜在的ノイズフロアに印象変化を与えている可能性はあるという事で、やっぱり電源供給ラインを共有するアイソクロナス伝送のUSBケーブルは、色々とオーディオには不向きで難儀な仕様なのかも知れません。
LINDEMANN USB-DDC 24bit/192kHz対応D/Dコンバーター リンデマン USBDDC

盛大なるノイズ供給源のPCとオーディオシステムの間で起こりうる不可解なノイズループを断ち切れる分、現状ではDDCを咬ましてUSBをオプティカルTOSリンクに変換する方法も、リクロックの意味合い以上に有効になるのかな〜と。ピュアオーディオの様に光TOSのS/PDIF品位がボトルネックになるほど、まだPCトランスポートの送り出し側の音質が良いとは思えませんし。。。手持ちのDDC(D/Dコンバーター)については近日特集エントリを書いてみます。
      
    MUSILAND Monitor 01 USB-DDC(TOS)/DAコンバーター
《低価格でDDCの効果を確かめるとなると、今ある製品ではムジランド一択かな?》

思うのですが、今出ている高音質を謳うUSBケーブルは、基本的な設計手法がアナログケーブルと同じで、導体を選別しシールドやコネクタの種類を選んで組み合わせるという形ですよね。でもUSBケーブルの場合はそれ以前に、PC側から回り込むノイズループをどう断ち切るか?の方が重要だと思うのです。その点を放置プレイのままで導体構造とか純度とかで音色の変化を追求しても根本解決にならないんじゃ?みたいな。其処へまがりなりにも切り込んでいるのは、信号ラインと電源ラインを切り離したアコースティックリバイブ USB ケーブルくらいでしょうか。。。怪電波全開かも知れない製品解説はこちら♪>>>関連エントリ:アコースティックリバイブ(Acoustic Revive)CD消磁器 RD-1/RD-2/RD-3

ちなみに、ONKYO DAC-1000はアシンクロナス伝送、それ以外のテストではTrends UD10.1 USB-DDC(工事中)を介在させてリクロックしていますので、USBケーブルによる音質変化は無い!と言いたいところですが、実際には思いっ切り変化してくれます。むしろDDCを介在させた方が最終的な音質の透明度が上がる分、USBケーブルの銘柄による音質の違いがよりハッキリ浮き彫りになってしまったりします。

Theme:Spatiality 3Dさんの解説がとても解りやすいです。
ジッターはどうして増えるのか


あ゛上の長尺が必ずしも悪くない云々は、アシンクロナス伝送やD/Dコンバータを使い、受け手側でリクロックする環境が前提ですから、長く引き回す事によってジッターと時間軸的レイテンシに悪影響を及ぼす可能性はあるのかも・・・つーかこの程度の長さでもあるのかな〜?(謎)
         DAC-1000(S)
DAC-1000についても、元々ケーブルの違いや入力側のトランスポートの音質差を克明に描き別ける性能を有する高分解能/高解像度系のDACですので、PCと接続して使用する場合、むしろ音質に配慮された高級USBケーブルの使用は、DAC-1000の性能を引き出す上で必須ではないかと思いました。モンスターケーブルのDL USB AS-3Fがオマケに付いてくる直販購入以外でDAC-1000を手にされた方も、ぜひUSBケーブルのクオリティには最低限気を遣ってみて欲しいかなぁと思ってます。

Joshinweb オーディオ用USBケーブル
オーディオでんき堂スクェア USBケーブル一覧


ピュアオーディオランキング←オツムが可哀相なのでクリックする♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加