↓を書いてから4年間も過ぎ去ってしまいました・・・。

SACDプレーヤーに想いを馳せる・・・【その1】
SACDプレーヤーに想いを馳せる・・・【その2】

もう大分以前からですが、こんなブログをやっているくせに箱ピュア管理人はSACDプレーヤーを持っていない件について色々書いてま来ました。基本的にハイエンドよりもバジェットHi-Fi、安くて美味しいオーディオ機器を追求するのが箱ピュアのコンセプトですので、SACDのように予算的ハードルの高いハードウェアとなると色んな意味で悩みが尽きません。。。

まずもって予算が渋い→出来れば実売10万円以下希望
 ↓
そうなると選べる機種が限られる
 ↓
試聴してみるとみんなあんまりパッとしない
 ↓
踏み出せなくて更に悩む
 ↓
一身上の都合で更に予算が無くなるw
 ↓
10年近く無限ループ(爆)

                
こんな感じで今の今までまともなSACDプレーヤーは手元に無く、ゴールドムンドにデジタル基盤を拝借されたPIONEER DV-585Aでお茶を濁してきた訳です。(注:なんども書くけれど、DV-585Aを神棚に祭っても、GOLDMUND並の音になんか絶対ならないんだからねっ!)

その間、Hybrid盤中心にSACDのソフトだけは徐々に棚に増えてしまい、気が付いたら○十枚?そろそろSACD専用ラック買わないと〜みたいな状況にまで陥ってしまった今日この頃・・・このブログを読まれるみなさんってば、やっぱりSACDプレーヤーくらいお持ちですよね?

そんな訳ですので、音楽&オーディオ関連のBloggerとしては、好き嫌いとか抜きにしっかりしたSACDプレーヤーを装備する義務があるのです。このまんまじゃあフローリングに山積みになったSACDソフトのレビューとか、責任もって(責任感あったのかっ!)できないですし・・・(^^;

という事で、今更ですが候補を絞りに絞ってみたいと思います。
箱ピュア管理人的に外せないポイントを挙げると・・・

1) 実売10万円以下

2) ちっさくて可愛い方が良い。出来れば種島ぽぷら並に(謎)

3) 少なくともCDと比較しSACDの優位性を感じさせる音質レベルにあること

4) ステレオ2ch再生が高音質なこと(マルチチャンネルはこの際どうでも良い)

5) デジタル回路の内部処理でDSDデータをPCM変換せず、直接D/A変換出来ること


もうこの時点で選べる機種が片手で数えられる状況に・・・

とにかく上記の条件を当て嵌めてみた場合、2011年秋時点で以下の機種をリストアップする事が出来ます。例によってお悩み過ぎて長文大魔王化しましたので、それぞれの候補については別ページ扱いにしてみましたので、ご興味がおありの方はそちらをご覧下さいませ♪

SONY SCD-XE800
ONKYO C-S5VL
MARANTZ SA7003/SA8004
PIONEER PD-D6MK/PD-D9MK2
DENON DCD-1500SE/DCD-CX3
Cambridge Audio Azur 650BD

                       《なんとなく市場売価がお安い順》

とまぁ2011年秋時点で、実売10万円を切る事を条件に、2chステレオ再生で使い物になりそうなSACDプレーヤーとなると、以上の6ブランド9機種といったところでしょうか。はっきり言って選択肢が想像以上に少ないです・・・orz この中から、管理人が今一台を選ぶとしたら・・・まぁもう常連さんにはバレバレかも知れませんが、遥か以前から気になっているONKYO C-S5VLDENON DCD-CX3。要するにかたなし君と同属性の管理人ですから、つまるところ小さい方から2台なのですよ〜♪

前座が長過ぎるのはいつもの事ですけれども、次回は・・・遂にとあるSACDプレーヤーが届いた♪の巻きです。
《Last modified 2015/8/1》

ピュアオーディオランキング←私そんなにちっちゃくないよっ!!!(爆)
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加