後藤総合音響と言えば、オーディオマニアの間では有名な名古屋の老舗オーディオショップ。オリジナルのチューンや一部怪しげな電波アクセサリ(爆)等でご存じの方も多いと思います。今回、後藤さんの試聴会が初めて?東京で開催される事となり、先週末はそちらのイベントに参加して参りました。名古屋のお店に行った事がない私にとって、今回が後藤サウンド初体験になります。

私がピュアオーディオにのめり込む様になったそもそもの始まりが、今から15年くらい前に後藤総合音響さんから送られて来た一通のダイレクトメールからでした。当時中学生だった私がオーディオに興味がある等という個人情報を何処で手に入れられたのか・・・今考えるとかなり不思議wなのですが、音楽性を感じられるオーディオ機器とはなんぞや!といった趣旨の事がびっしりと書かれたプリントには、クリークNaim(ネイム)サイラスミッション、リンクス、Aura、B&WARリニアムPHILIPS等、当時やっと認知され始めた欧州製の廉価なオーディオ機器が多数紹介がされていて、それまで国産ベストバイ商品の存在しか知らなかった私にとって、これらのDMが新たなオーディオ趣味の世界を開拓する福音になった訳です。

その当時電話で後藤さんには2.3度アドバイスを頂き、イソダケーブル一式に始まりCREEK 4240、PHILIPS AZ6829、ワーフェデール ダイヤモンド垢覆匹愡笋離轡好謄爐亙儔修靴討いました。今でもゴトウさんから来た当時のDMは一枚残らず捨てずにファイルしてあります。

試聴会の場所は東京都町田市野津田594にあるローテル事務所兼倉庫。横浜の自宅からは車で近所です。ROTELが町田市内にあるのは以前よりカタログで知っていたのですが、看板が出ていないので普通に生活していたらまず気がつかない場所。当日も見つからなくて前を何度も行ったり来たりしてしまった・・・。今後も予定している試聴会へ参加する方に目印を一つ。通りを挟んで「サラダ館」の斜め向かいにありますので、サラダ館のの看板を目印にすればばっちりです。敷地は結構広くて車も沢山止められます。
ROTEL02






ROTELはヨーロッパやアメリカでは割と知られた日本のメーカーですが、殆ど輸出に特化した製品ばかりで、国内での販売網が薄く、オーディオマニア以外には余り知られていません。元々は英国人トニー・ミルズ氏による設計のアンプやCDプレーヤーで、その外観や回路設計、コンセプト、音質、どれをとっても一般的な日本製の製品とは一線を画す英国的なコンセプトの製品と言えるでしょう。モニタースピーカーの最高峰、イギリスB&Wがデモ用のリファレンスアンプとして採用したことでも知られていて、透明感が高くストレートで固有の色付けのないシンプルな音作りが特徴です。音場の展開は大変オーソドックスな一昔前のヨーロピアンオーディオ的であり、ローテルの誠実な音と比較すると、一般的な国産メーカーの音作りはかなり派手でオリエンタルなニュアンスに溢れるエキゾチックサウンドに聞こえるようになります(爆)

さて、肝心の試聴会ですが、場所が事務所と言うことから、事務用品その他で室内が散らかりまくりというか、広さはかなりあるのですが、試聴スペースがまともに確保できず正直かなり劣悪な条件。音楽を鳴らすと部屋中あちこちが共振してしまうので、もうちょっと片付ける準備時間があれば良かったのですが、後藤さんも間借りしている立場なので、あまりローテルのご迷惑になることは出来ないみたいです。別に6畳間の試聴室があり、音響的に良好とまではいきませんが、こちらはそれなりの条件で試聴できるようになっていました。

【今回試聴した機種一覧はこちらです】

■事務所(アバウトに30畳くらいの部屋の片隅)

*プリメインアンプ
 ROTEL RA1070(ゴトウチューン)

*プリアンプ
 ROTEL RC1090(ゴトウチューン)

*パワーアンプ
 ROTEL RB1080(ゴトウチューン)

*CDプレーヤー
 ROTEL RCD1072(ゴトウチューン)

*SACDプレーヤー
 MARANTZ SA-15S1(ノーマル)
 MARANTZ SA-15S1(ゴトウチューン)

*スピーカー
 B&W 805S(ノーマル)
 B&W805S(ゴトウチューン)
 B&W CM1(ノーマル)icon
 B&W CM1(ゴトウチューン)
 (スタンドにアコースティックリバイブRSS-401を使用)

【アクセサリー類】

*RCAケーブル
 ロマネスク RGC50
*スピーカーケーブル
 ゴトウオリジナルGWL処理済みPCOCC単線ケーブル
*電源ケーブル
 Kimber Cable PKシリーズicon
*電源タップ
 BELDEN PS-1850
その他: ゴトウオリジナルの電磁波対策アクセサリ

さて、肝心の音質レポートです。セッティングして間もない上にルームアコーステッィクや電源の条件が劣悪なため、本当の意味でゴトウ総合音響のサウンドクオリティを再現できていた訳ではありません。実際にお店に行かれたことのある方に訊くと、お店の音質はこんなものではないとの話です。とはいえ、限られた試聴条件の中で、とりあえずそれらのニュアンスを感じ取ることは出来ました。

■B&W805S ノーマルVSゴトウチューン
B&W 805S 単品スピーカー
最初に聴いた組み合わせがローテルRA1070をプリに使いRB1080をパワー、CDPはMARANTZ SA-15S1、スピーカーがB&Wノーチラス805Sです。全てゴトウチューン仕様ですが、ローテルのパワーアンプ経由らしい安定感のある素朴なサウンドを聴かせる物で、805S特有のツイーターがキンキン歪む感じは全く感じられません。インパクトのある音ではありませんが、色付けや虚飾のない自然な印象の音質です。暫く聴いた後、805Sをノーマルに切り替えます。全体に音が上ずった感じになり、低域が出なくなります。逆に高域は響き(付帯音?)が増え広がり感が出ます。805Sの弱点であるトゥイーターに音場が引っ張られウーハーが動かない感じが目立ちます。再びチューンモデルに戻すとまるで解像度が違う。スピーカーの間に音像がキリッとシャープに絞られ、よりモニター的で節度のある鳴り方にかわります。表現力の部分ではノーマルに比べ多少生真面目で折り目正しくなる印象です。B&W805の持つモニター的な側面を際立たせているのは明らかにゴトウチューンの方。反面ノーマルモデルには詰めの甘さ・・・遊びがあるというか、チューンと比べてしまうと曖昧に響かせている部分が案外うちのスピーカー(ウィーンアコースティックT-2)に方向性として多少似ているなぁと感じます。勿論モニターライクなB&Wと演出系のVienna Acousticsはまるで違うスピーカーではありますが、最後の本質の部分でという意味です。元々805Sはアキュレートなサウンドと引き換えに神経質で聴き手に安らぎを与えにくいソリッドなスピーカですが、ノーマルではそれでも未だ詰めの甘い部分があったみたい。チューンモデルは更にモニタースピーカーらしく厳格になります。

■MARANTZ SA-15S1 ノーマルVSゴトウチューン
marantz SA-15S1【期間限定特価】
チューンは電源の強化とクロック交換。あ〜これは書くのがバカらしくなるくらい違います。欠点を見つけられないくらい全面的にゴトウチューンの方が良い。実売価格は約10万円の違いですが、SACDプレーヤーとしての違いは中級機とハイエンドクラスの差。ゴトウチューンからノーマルにするとあまりの音質の落差にええっ!マジですか?となります。比べる前は最先端の良い音だと思っていたSA-15S1がこんなに音が浅くて軽くてショボかったとは・・・_| ̄|○ ちなみに別室で上位機種のマランツSA-11S1でも同様の比較をしましたが、落差は全く一緒の傾向。同時に比べていないので何ともいえませんが、チューンした15S1とノーマルの11S1と比較したら・・・どうなるのか(滝汗)。クロック交換は通常、時間軸精度改善から来る音質向上と引き換えに、各プレーヤー固有の色付け・キャラクターを排除する方向へ向かう点から、個人的に微妙に躊躇していた部分があったのですが、ゴトウの電源+クロックチューンの場合、音楽性の面でもノーマルモデルとは比較にならないくらい良好になります。しかもこのチューンで元々のMARANTZが持つ明るくスイートなサウンドキャラクターが変わる訳ではなく、単純に音質が数段底上げされ、表現力まで向上している感じです。B&W 805Sのスピーカーチューンより個人的には好感触♪

■MARANTZ SA-15S1(チューンド) VS ROTEL RCD1072(チューンド)
RCD1972

アンプと純正組み合わせになる分ローテルの方が有利かと思いきやそうでもない・・・。音に安定感のあるSA-15S1と比べ、RCD1072は音が全体に軽く低域が浅い。十分な情報量にMARANTZのキャラクターを適度に音色に乗せている現代的なSA-15S1と比べてしまうと、RCD1072はどうしても音質が少し軽く情報量も不足気味ですが、スッキリしていて清涼感のある中高域の冴えた切れ込みや爽やかな倍音の広がり感はローテルの方が魅力的な印象で、音楽の彫りは浅いけれど軽妙なニュアンス感があります。バロック音楽なんかはRCD1072の方が良さそう。個人的には爽やかで好感の持てる音傾向ですが、客観論ではSA-15S1(ゴトウチューン)の方が2グレードくらい上の感じ。でもソフトを楽しむ上でHDCD対応はちょっと良いかも。RCD1072のノーマルVSチューンの比較は、SA-15S1での差から類推すると敢えてやるまでもない感じ。

試聴室での試聴レポートはその2へ

ピュアオーディオRANKING←クリックするが良い♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!