ううぅ、やっと読み終わりました。すごい長文記事でした(笑)
2000万円の超高級オーディオにiPodが挑戦 “iPod VS JBL&Mark Levinson”(日経トレンディネット2005年11月)

先日書いたオーディオマニアは機器のブランドや価格に影響されずに、音の違いを聞き分けられるだろうか? のエントリーに、でくのさんから上記の日経トレンディネットの記事紹介がありました。コメントを書こうと思ったのですが、例によってやたら長文と化してしまいましたので、一つの記事としてこちらに掲載したいと思います。以下、あくまで私の個人的な私見であり、それ以上でも以下でもありません。ちなみに私は今のところiPodを所有していません。とはいえなるべく音質の良いDAP・・・もとい携帯音楽プレーヤーが1台欲しいと思っています。(注:その後、iPhone4/iPhone5を使うことになりました。)
あと、同時に既存のiPodにピュアオーディオ的な可能性が見いだせればいいと思い、短時間で出来る範囲で色々と調べてみましたが、オーディオ的なこだわりのある携帯音楽プレーヤーのユーザー達からは、現状はまだまだ音質面の課題が多く発展途上?というような認識が主流であるように思います。むしろ使っている人々の方がiPodの音質クオリティに冷静だなぁと。そんな中でのモデルによる音質差の考察やインナーイヤホンへの飽くなき探求心をみるにiPodユーザーの皆さんの更なる音質を追求する姿勢は、ピュアオーディオユーザーと本質的なアプローチは変わらないように感じました。
さて、現代は再生音楽を楽しむ上で各々が色々な選択肢を選ぶことが出来る時代です。(以下、不等記号で各オーディオ分野がマーケットに占める優先傾向について、個人的に感じている印象を表してみます。)

・等身大のハイエンドピュアオーディオ
     (音質/音楽性>>>>>価格/住空間と利便性)
人によっては更に・・・(所有ステイタス>>>>>音質/音楽性>住空間/利便性)
・コンパクトな箱庭ピュアオーディオ
     (音質/音楽性+美意識/住空間>>>>>価格/合理性)
・ミニコンポやラジカセ
     (価格/スペースファクター>>>>>音質/品質)
・携帯音楽プレーヤー
     (携帯性/利便性/行動的ライフスタイル>>>>>音質)
・PCオーディオ
     (合理性/PC連携/省スペース>>>>>音質/情緒的側面)
・ハイレゾ系ネットワークオーディオ
     (音質/合理性/省スペース>>>>>物質所有/アナログ情緒的側面)


注:異論反論はあるかと思いますが、再生音楽に於ける音質/音楽性にプライオリティを置くか、非可逆圧縮音源への妥協などで、音質以外の要素を優先するかの違いを表してみました。他に自作趣味や「理論や技術的興味>音楽」というオーディオへのアプローチもありますが、このサイトの趣旨ではないので割愛します。

既存の価値観でこれらの上下関係を論じる容易ですが、リスナー各々のライフスタイルに於ける音楽への関わり合い方によって、再生装置に何が向いているかの最適解は違ってきます。要はそれぞれの要素にとって、大切な部分の優先順位が異なるということです。私はどう音楽と付き合うかの選択肢は色々あって良いし、また「音質」を追求することは大切ですが、多くの人が音楽とどう関われるか?のほうも同様に大事なことだとも思います。多人数にとって個々の音楽に触れる機会がある事の価値は、質を追求する以前の大前提だと言うことです。

その上で、趣味の世界ですからこれらのいずれかにフォーカスして音楽を追究するのも良いですし、複数のスタイルを同時に享受するのもリスナーの自由。私はピュアオーディオと携帯音楽プレーヤー並びにお手軽なバジェットオーディオが決して対立する存在とは考えていません。それを十分踏まえた上で記事に書かれている「対決」の部分を正しく要約するとどうなるでしょうか?

【単品CDプレーヤー同士でのでの音質対決】
・MARANTZ SA-11S1(CDレイヤー) < Mark Levinson No.390SL(CDレイヤー)
・MARANTZ SA-11S1(SACDレイヤー) < Mark Levinson No.390SL(CDレイヤー)

注:マランツの中級SACDプレーヤーがMark LevinsonのハイエンドCDプレーヤーに負け、ハード再生能力の前にフォーマットの差が逆転した。但しその差は僅差。

【携帯音楽プレーヤー同士の比較】
 第4世代iPod(4G)>iPod shuffle>iPod nano WAVで比較)
 第4世代iPod(4G)>SONY NW-HD5 (MP3の320kbpsで比較)

【iPodとマークレビンソンの対決】
 iPod Shuffle<第4世代iPod<No390SL
N0390SLMark Levinson No.390SL

注:何故かiPodとマランツSA-11S1の比較はされていません。記事上ではiPodの健闘に焦点を当てて、主観的に善戦・僅差と表現されています。

【24bit/96kHzのPC音源(デジタル)とMark Levinsonの対決
e-onkyo24bit/96kHz音楽データを⇒Panasonic Let's noteONKYO SE-U55GX(TOS/光デジタル出力)⇒Mark Levinson No.40SL/DAC部 > Mark Levinson No.390SL(CD部)

今回は無敵を誇ったCDプレーヤー、マークレビンソンNo.390SLがついに負けてしまう。これがもうあからさまに、どうしようもなく、完膚なきまでに、はっきり白黒付いてしまうのだ。ここまで負けると何か清々しく、気分も晴れ晴れ。やあ、今日はビールがウマイなご同輩! というくらいに差が付いた。

大差で・・・とありますが、これはミスリードを狙った言葉のトリックといいますか、どうみても中身はマークレビンソン同士の対決だと思うのですが?。単体DAコンバーターとしてNo.390SL(約140万円)より上位クラスのNo.40L(約600万円)に、PCから24bit/96kHz入力をしたのですから歴然たる差が出て当然です。16bit/44.1kHz入力対決でも大きな差が出るでしょうし、どっちか片方が24bit/96kHzなら尚更です。(ちなみに記事中にNO.40SLという言葉が頻繁に出てきますが、これは同社の最高級メディアコンソールNo.40Lの間違いでしょう。)
N040LMark Levinson NO.40L メディアコンソール

【24bit/96kHzのPC音源(アナログ)とMark Levinsonの対決】
e-onkyo24bit/96kHz音楽データを⇒Panasonic Let's noteONKYO SE-U55GX(アナログRCA出力)⇒Mark Levinson No.40SL/DAC部 > Mark Levinson No.390SL(CD)

全く勝負にならなかった。このフォーマットの違いがもたらす音質の差は、再生装置の価格差を超えてしまうらしい

お・・・・・!!!これはフォーマット云々以前に、高音質で知られるオンキヨーのPC用USBデジタルオーディオプロセッサーONKYO SE-U55GX(後継機がSE-U55SX2)のDAコンバーター(24bit/96kHz)及びアナログ段の音質 VS Mark Levinsonの一体型CDプレーヤーN0390SLのDAC(16bit/44.1kHz)のアナログ段対決ですね。
SE-U55EX
ここで判るのは僅か2万円程度のSE-U55GXのDACとアナログ出力が、マーク・レビンソンのCDプレーヤーの音質を上回る程よくできている(らしい)という事です。フォーマットの違いはありますが、これはDACとアナログ段の性能無しには語れない比較です。本来ならば試聴CDからリッピングした16bitデータをSE-U55GXで再生し、No.390SLの音質と比較して参考データにすべき所でしょうが。

実際にONKYO SE-U55GXの音質が大差でマーク・レビンソンを上回っているとすればちょっとどころではなくびっくり♪ 俄然欲しくなりました(笑) 私は時々e-onkyo musicの24bit/96kHzクラシック音源をDL購入し、Let's noteに入れた音源を同じオンキヨーのUWL-1から再生したりするのですが、Windowsメディアプレーヤー経由の音質的な制約もあるのか大した音はしません。(元がCD等WAVの場合はWaveSpectraを使ってます)一応非圧縮での2.4GHzデジタル伝送なのですが、無線転送の弊害で転送中に大幅劣化してるのかもですが・・・。

僅か2万円程度のUSBサウンドデバイスであるSE-U55SXとe-onkyo musicで購入したオクタヴィア・レコードの24bit/96kHz音源が、所有する同音源のSACDハイブリッド盤iconを上回るとしたら? 否、No.390SLを大きく凌駕する(らしい)のですから、同社のC-1VLCEC TL-51ZARCAM CD72T、或いは上でNo.390SLにやや劣るが僅差とされたマランツの40万クラス以下のSACDプレーヤーを上回らないはずがありません♪

と、ちょっとここで冷静になって考えてみる。24bit/96kHzといえば、SACDと規格争いをして破れ、既に過去の物になってしまったDVD-Audioで主に使われていたフォーマットです。DVDオーディオは音質的にSACDに比べて劣ると言われ、同一音源比較に於いて専門家から事ある毎に不利であると散々指摘されていたように思うのですが・・・。

また、DVDオーディオソフトを実際に持っているかどうかに関わらず、DVD-audioの再生に対応したユニバーサルプレーヤーやDVDプレーヤーをお持ちの方も多いと思うのですが、24bit/96kHzの音源が、再生装置のクラスをひっくり返すほど凄いという話は聞いたことが無いというか、むしろ、SACDと同じで廉価なDVDプレーヤーではその音質のメリットが発揮しにくいというのが定説だったような???

正直なところ、この最後の比較部分を読んだときに、私の中でのiPodへの期待感や、記事に煽られちゃうぞ〜♪ってな部分が一気に瓦解したというか、読者の結論を誘導しようと試みる別のバイアスがあるのかな?という不信感に変わってしまいました。比較対象に使ったソフトはglobeのglobe2 pop/rockicon一枚のみのようなので、該当CDの音質にそもそも違いがある・・・良くあることですが24bit/96kHz音源とはマスタリングが違うとかそんな事だったりしないのかしら?との疑問も。

深読みしすぎかもですが、トリッキーな記述をしたり、高級機種対決でのSACDフォーマットの音質優位を敢えて否定しながら、24bit/96kHzのUSBサウンドデバイスの音では手の平を返し、上位フォーマットはハードを超えると絶賛したり、本来PC系の人達が嫌うはずの主観的で大袈裟な比喩を多用してバイアスをかけ、PCオーディオ優位論に誘導しているというか、結果を判りづらくしているように感じてしまうのです。或いは記事本題と殆ど関係ないSONYのライバル機種を持ち出してまで、ここまでiPodを持ち上げるのには、何か他に理由があるのかしらと。。。

まぁ、私と違って徹底的に検証しているであろうプロの方の書いた記事ですし、本心が何処にあるのか判らない大袈裟でうさんくさい比喩表現には身に覚えがありすぎて、おまえもな〜と言われそうなので、あんまり人のことはとやかく言えませんけれど〜♪(爆) つーことで最後に個人的結論。前にも話題に出しましたけど、ここはやはり記事中でiPod側の接続用に使われたクリスタルケーブル(CrystalCable)が欲しいです(爆)オランダ製で導体に銀と金使用。なんでも戦闘機用に開発された物をオーディオ用に転用したとか。。。

それからまともな音質のUSBデジタルオーディオプロセッサーが一台欲しいですし(注:オンボードタイプより外付けの方が高音質なんですよね。)、実際にこれでハイエンドCDプレーヤーを超えられるのでしたら、オンキヨー製品大好きですのでSE-U55SX2買ってしまうかも(笑)
《Update2013/08/13》

ピュアオーディオRANKING←くだらん理屈はいいからクリックするのじゃっ♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!