オーディオ御三家って何それおいしいの?(爆)
オーディオ御三家のパイオニアはいずこへ?

以上のようにパイオニアはなんとか今でもピュアオーディオ製品を細々と出し続けていますが、2007年のプラズマテレビからの撤退以降は事業縮小が続き、遂に2014年、音響・映像・AV事業を船井電機に売却交渉・・・という没落身売り話が出てくる事態に!この冬、春にとある日本の超有名オーディオメーカーがピュアオーディオから撤退するとの噂がTwitterで囁かれてましたが、あれってもしかしてPIONEERの事だったのかしら?

Funaiそれにしても船井電機ですか、、、VHSビデオデッキで有名になった輸出中心の家電ジェネリックオーディオメーカーで、DVDプレーヤーやレコーダーのOEM供給が中心、オーディオビジュアル機器としては悪いけどイメージが底辺の三流ブランドですわよね〜(遠い目)。(注:OEM製造元としては大手企業です。あくまで日本国内に於けるコンシューマーでの地位とブランドイメージの話。)。当然、家電ヲタの管理人宅にはフナイ製品なんて一台もありませんからね〜っ♪なんて偉そうに宣うつもりが良く見たらありんした(滝汗)⇒[FM地デジアンテナ DXアンテナ US100Aの性能について。]DXアンテナは今はフナイの子会社ですので、ある意味フナイ製品と言えるかも。そんでもってこのニュースが2014年5/15日に出て、7月中を目処に交渉妥結を目指していたそうですが、しかしなんとこちらの蓋を開けてみると・・・
最終的にオンキヨーと事業提携する事が6/24日に決定しておりました!急展開にびっくりしすぎて開いた口が塞がらない(゜Д゜)という。
(ニュースサイトではないので情報が遅い、もとい遅筆管理人の体調次第なのは今更ですが許してくりゃれ・・・)
オンキヨーとパイオニア
パイオニアがAV機器事業を売却、オンキヨーと共同運営へ

資本・業務提携という形の、もう株式売却による事実上の事業譲渡になりますけれども、ONKYOはなかなか商売上手ですし、長引く不況の直中でも継続してコンシュマー向けの新製品展開を続け、ポータブルからピュアオーディオまで一貫して設計生産をしつつ、2012年にはTEAC/TASCAMと互いに株式10%ずつの資本・業務提携を結ぶなど、昨今のビジネストレンドを逃さないセンスと勢いがあります。

技術力はあれど決め手に欠け、販売PRセンスがズレ気味で長らく低迷していたPioneerブランドがこれで復活できるかも!?なんて淡い期待を抱いてみたり。半分の51%が香港の投資ファンド、ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア社なのが気になるっちゃ気になりまけれども。。。(香港とか中華系のあの手の方々って怪しくないの?ねぇ、怪しくないの?w)
ONKYO TX-8050
photo credit: Wolfgang Lonien via photopin cc
それにしても、オンキヨーが事実上パイオニアのAVオーディオビジュアル事業をまるっと吸収するような形での事業提携になる訳ですが、一昔前なら巨人パイオニアが中堅ONKYOを飲み込むならいざ知らず、立場が逆転してオンキヨーに経営支援して貰うようになるとは、ほんと時代は移り変わるものですね。。。ちなみにブランドとしての"Pioneer"はそのまま残るそうです。経営統合しつつも設計開発事業をきっちりと分けている、デノンマランツやJVC/KENWOODのような形を踏襲するという事でしょう。(Exclusiveブランドや別会社のTADもそのまま残して欲しいですd(^_-)。)

オンキヨーは大阪地盤の中規模製造業で、昔から高額なハイエンドオーディオ機器には余り手を出さないメーカーです。普及価格帯のピュアオーディオ機器を上から下までしっかり揃え、尚かつ一般向けのミニコンポからホームシアター製品についても家電量販店に一通り並ぶラインナップを揃えるなど、マニア層のみならず一般向けにも一定の知名度とシェアを地道に築き続けてきた中堅ブランドです。

ピュアオーディオでは早くからデジタルアンプの実用化にも取り組み、プリメインアンプ、セパレートアンプ、SACD/CDプレーヤー、海外勢に圧されて今となっては少なくなった自社設計のスピーカー生産もしっかりと続けています。(残念ながら2012年に国内工場生産からは撤退。)ただ、映像機器には弱いというか、テレビや映像録画再生機等のビジュアル分野にはあまり進出して来なかった、文字通りの純然たる音響メーカー。言ってみればブランドイメージによるステイタスよりも、コストパフォーマンスの高さと実用的な音質、マニアックになりすぎずにユーザーのニーズを細かく捉えるセンスで勝負してきたメーカーです。
パイオニア
それに対しPIONEERは、同社が規格を主導したレーザーディスクにも代表されるように、音響と映像機器について一通り何でも揃っている、世界をリードする大規模な総合AV機器メーカーでした。2008年に大幅な赤字を計上しつつ不採算のプラズマテレビ事業から撤退し、虎の子のDVDプレーヤー/DVDレコーダー事業も新製品開発が止まりフェードアウト気味。あれほどシェアを独占していた筈のPC用光学ドライブ事業もシャープと合併。ピュアオーディオも鳴かず飛ばず、収益の主力はもう残るカロッツェリアブランドのカーオーディオ事業だけという、現在の長期不況を象徴する撤退に次ぐ撤退戦を余儀なくされている状況。商売の上手さと技術的な品質の高さが反比例してしまう典型例かも知れません。

特にPioneerのプラズマテレビ事業撤退は、世界の映像技術と高品質を求める消費者とってとんでもないマイナスだったと思います。実際、私は7年前のPioneerのプラズマテレビPureVision を今も使っていますが、これの上位機種であるKUROを超える画質の家庭用液晶ディスプレイは、未だに店頭で出会えていません・・・つるぺた4KよりKUROの方が遥かにリアルじゃんw

ONKYOとPIONEERをこう見比べると、同じ音響メーカーでも、双方のブランドが得意としてきた分野と顧客層って実は余り被っていないのですね。PIONEERはプロ用機器やフロア型のTADのハイエンドスピーカー、Exclusiveに代表されるハイエンドオーディオ機器をフラッグシップに掲げた上で、中〜低価格機器も一通りの音響機器をきっちり全て揃えてくるメーカーでした。それとAVアンプ、ホームシアター系には低価格機から高級機まで常に業界をリードしつつ一通り揃っている。TADやExclusiveって、日本の一流企業の社長室にこそ似合う的な、わっちなんかは少々後退りしてしまう重厚な風格がリスナーを圧倒させてくれます。


それに対してONKYOはミニコンポ〜ハイコンポ、低価格〜中価格帯のピュアオーディオ、そして普及価格帯の小型ブックシェルフスピーカーを得意とするメーカーです。ミニコンポの分野は低価格一体型から高級ハイコンポまでは圧倒的にONKYOが強いと思いますし、ピュアオーディオ事業の展開も近年はオンキヨーの方が上手です。スピーカーについては被っているようでいて、良くラインナップを観るそんなに被っていない。

PIONEERのピュアオーディオスピーカーで残っているのは、オンキヨー製品と被らないハイエンド向けのTADは別にしても、2006年に発売されたピュアモルトスピーカー@アル中御用達(冗談ですw)のS-A4SPT及びS-PM300と、2012年に新発売された、TADのエントリーモデルとも云えるハイレゾ対応S-CN301-LRがかろうじて片隅に残っている印象があるくらい。他のラインナップは事実上ホームシアター向けのスピーカーですし。しかしこう探してみると一応スピーカーも下から上まで揃ってはいたのですね。。。私のようなオーディオマニアですら存在感が希薄に感じるんですが、カロッツェリア(とある愛車で使用中〜♪)の派手な鳴り方と目立ち方とは正反対・・・(^^;。

ヘッドホンはパイオニアに歴史がありますが、高収益が見込めるDJ向けヘッドホン事業についてはONKYOに譲渡しないらしいです(^^;。オンキヨーはポータブルオーディオの分野では新参ですけれども、2013年からiOS向けにONKYO HF Player(管理人も使用中♪)を用意しつつ、オーディオマニア向け高音質ヘッドホン/イヤホン、TEACとの最初の共同開発製品となるポータブルヘッドホンアンプDAC-HA200 (TEAC HA-P50)などに虎視眈々と進出しはじめています。《この2機種、同じようでいてオペアンプなどの細部のチューンがそれぞれ異なり音の味付けが違います♪》、ここ最近のONKYO/TEACのデスクトップ小型オーディオ機器とポータブルオーディオは、どれも意欲的な製品且つ価格を超える品質が取り柄ですので、皆さんも良かったら聴いててみて下さいませませd(^_-)

パイオニア、DJ機器事業も売却へ 金額600億円規模=関係者

まとめ。結局、パイオニアは虎の子のDJ機器事業部も手放す方向で検討している模様です。中の人達の今後を考えると手放しに喜べないところもありますが、ブログ主的には、箱ピュアのオーディオとビジュアル機器で色々とお世話になっていきたONKYOとPIONEERという二つのブランドが統合することを、割とビクビク・・・じゃなくてワクワクしつつも前向きに捉えたいと思っています♪

ピュアオーディオBlogランキング←PIONEERの再生に期待しつつクリックしてみる♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!