フェライトコアフランス車と音楽と雑貨の日々の管理人さんに、ピュアオーディオの音質向上対策として高周波ノイズ吸収用のフェライトコア(フェライトクランプ)をオーディオ以外の全ての家電製品に使う方法を教えていただきました。フェライトコアはご存じの通り、電源および信号ラインのEMI・・・電磁放射ノイズ成分やコモンモードノイズ、電源ラインを流れる高周波ノイズを吸収するノイズフィルターとしてOA機器の各種ケーブル等で他用途に採用されています。各種オーディオケーブルに限らず電源ケーブルUSBケーブル、LANケーブル、ディスプレイケーブル、HDMIケーブルなどフェライトコアを一体成形したコードを採用した製品は沢山ありますが、今回使うのは単体のフェライトコアを各種コードにクランプして自由に使うことが出来る各種汎用フェライトクランプ。これをオーディオ機器の電源ケーブルや周囲の電化製品へ使用する方法は古くから知られていますが、今回はより徹底的に対策してみようという趣旨で大量使用テストをしてみます。

フェライトコアを使用する際の基本的なポイントは、オーディオ機器そのものにではなく、同じ電源ラインに並列に存在する他の家電製品やコンピューター製品に使用することです。特に電磁ノイズを多く放射するコンピューターやインターネット関連機器、インバーターやモーターを内蔵したエアコン、冷蔵庫、各種照明、テレビなど、常時通電して使用する機器の電源ラインや信号ラインへ重点的に使用する事により、家庭内を流れる商用電源の高周波ノイズレベルを低く良好に保つことが出来るようになります。管理人宅では既にフェライトコアを10ヶ所以上で使用していたのですが、使用場所がいくつかピント外れだったり、本来対策すべき場所がいくつも未対策のままだったりしましたので、今回更に30個ほどのフェライトクランプを追加注文し、存在する全ての電気機器に対して漏らさず徹底対策を図ってみることにしました。

《既にフェライトコアを使っていたポイントのメモ》

サイズ大(NF-72S)
  パナソニックお掃除ロボットエアコン
  書斎パソコン関連機器用電源タップ
サイズ中(NF-02LG)
  CREEK/EMF SEQUEL2 電源ケーブル
  クラビノーバ電源ケーブル
  メインシステム ビジュアル系統用電源タップ(AT-NF34)
  共用アンテナVVF線
  無線LANルーター
  VoIPアダプタ
  HP d325デスクトップPC 電源ケーブル×2
サイズ小(NF-01LG)
  電話線の大元、書斎の蛍光灯×2
(元々フェライトコア一体型になっているOA機器・AV機器付属ケーブル等は含まず)


ざっと探しただけで13個。見えないデスクやラックの裏などを探すともっとあるかも。何だかんだと既にこれだけ使っていたことに自分でも驚きでした。今回はこれらに加えて常時通電している家電製品を中心に20個ほどの中型フェライトコアを追加してみす。

 フレッツVDSLモデム
 電話機 本体
 空気清浄機3台×3
 15m屋内LANケーブル×2
 サブノートパソコンPCオーディオ等の電源タップ×2
 書斎パソコン関連機器用電源タップに追加
 サブシステム電源ボックス CSE CX-63A
 キッチン電灯(球型蛍光灯)
 Electrolux EIH1628
 冷蔵庫
 炊飯器
 電動シュレッダー
 電話子機
 VDSLモデム-無線LANルータ間のLANケーブル


子機とかシュレッダーなどいくつか関係なさそうなところもありますが、なにせフェライトコアの数が多いので悪しからず。ピュアオーディオ機器には直接使わないのがセオリーと書きましたが、サブシステムAの電源ボックスCSE CX-63Aと、サブシステムBのプリメインアンプ(CREEK SEQUEL2)の2ヶ所には、聴感上フェライトクランプを入れても良さそうな感じでしたので暫定的に使ってみました。その他の25個は同じ屋内配線内での並列的なコモンモードノイズの遮断目的。3つは直接関係ないインターネット回線用です。尚、電源コードが細くてフェライトコアをターンできる場合は2回ターン(一回巻き)。ACアダプターの細いコードなどは3〜4回ターンさてせます。ターンさせることによってインピーダンスが増しノイズ減衰効果を高めることが出来ますが、対応できる周波数はターンの巻き数に応じて低い方へ下がるそうです。→北川工業による説明 注:太い電源コードをターンして内径の小さなフェライトクランプで無理矢理クランプしようとすると、ケーブルの被覆を傷付ける場合があり、漏電事故や故障の原因になりますので注意して下さい。
フェライトクランプ
この次点で合計約30個。まだ照明などで未対策の部分がありますけれども暫定的に音出しをしてみます。直ぐに感じたのは高域方向の歪み感が減退してデッドな感じの音質になったこと。間接音として拡散していた音がフォーカスし、音像の密度感が上がります。生真面目だがモニター的で正しい音と言えるかも知れません。音色が暗くなる反面、背景が静かになって聴感S/Nが改善したように聞こえます。音のバランスは低域方向にシフト。うちのオーディオは低域が浅い(私の好みのアクセサリーを積み重ねるとそうなりがち)のが欠点なのですが、ずしんと重い低域が出るようになって少しびっくり。高域方向はデッド気味なのですが立ち上がりが速く切れ味鋭い音。そのぶんオーケストラのヴァイオリンの切れ込みやボーカルのサ行がきつくなる傾向も垣間見えます。

しかし良いことばかりでもありません。問題点は音楽性・・・躍動感が大幅に失われる点です。私がオーディオ機器に第一に求めるのは音楽性ですから、このデメリットはかなり痛い。加えてウィーンアコースティックのように独特の箱鳴りと逆相成分が混ざり、柔らかくふわりと広がる音場感が持ち味のスピーカーの場合、そのテイストが大きくスポイルされて普通のスピーカーのような音になってしまいます。喩えるとPMCのスピーカーのクオリティをやたら落としたみたいな音質になってしまう。なんだか今まで私が選んできた機器のアイデンティティを見事に否定してくれる感じです(滝汗) 響きが失われてしまうので、先日導入したレクストRS-SQUAREの効果もあってもなくても大差ないような微妙な感じになります。今回はテストしていませんが真空管アンプの美音(歪み)などもかなり失われる気がします。要するに歪み感も含めてバランスをとって響かせているシステムでは、その歪みが取り去られることでつまらない音になってしまうのです。

【感じられた効果】
・聴感S/Nが大幅に改善し、それに伴い背景の小さな音も明瞭になる
・歪み感が減退する
・低域方向の質感が向上し沈み込みが良くなる
・直接音の音密度が高くなる
・中〜高域の立ち上がりが改善しハイハットなど音のキレが良くなる
・モニターライクな高音質


【デメリット・副作用】
・躍動感・・・音楽性が下がる
・オーディオ機器の持つ色付け、個性が失われる
・音場の残響感、響きが減退する(歪みの元でもある)
・中高域のキレが良くなるため、サ行の吃音が明瞭になるのと、
 ヴァイオリン等のキレが良すぎてややヒステリック気味になる。


実のところ、この音質傾向はオーディオ機器の電源ケーブルへ直接フェライトコアを使用した場合と全く一緒でした。歪みっぽさが耳につくオーディオ機器の場合、その機器の電源ケーブルへフェライトコアを直接使うことで、限定的に聴感上の歪み感を取り除く効果を得る事が出来ます。反面、副作用として音がつまらなくなる、響きが失われるなどのデメリットもありますから、慎重にヒアリングしつつ最低限の数を使うのが基本。使いすぎると上記のような副作用が時にメリットを上回ってしまう事に。。。

今回は同じ屋内配線上、同一ブレーカーラインで並列に存在する家電製品の多くにフェライトクランプを装着したのですが、メインのオーディオシステムの上流側の分岐にはプラズマテレビや空気清浄機があり、下流側の分岐には、2系統のサブシステムとPC2台&OA機器、更に別の空気清浄機も存在します。そのほか2部屋分の蛍光灯も同じ子ブレーカーに連なる屋内配線です。こう書くとかなりデジタル機器関係のノイズが多い劣悪な環境のような気もします。ですので徹底的なフェライトコアによるノイズ遮断はかなり有効ではないかと踏んだのですが、残念ながら聴感上はあまり好みではない方向に行ってしまいました。そしてオーディオ機器の電源ケーブルへ直接使用しなくても、同一屋内電線上にある通電中の電化製品へ並列使用するだけでも聴感上は同じ変化になってしまうみたいです。あんまり関係ないと思っていたのでかなり意外な結果でした。もちろん使うポイントで影響力の大小が違ってくるとは思いますので、そのあたりはケースバイケースという事になります。

並列型簡易電源ノイズフィルターをいくつか試してみたテスト

翌日、音楽再生中に我慢が出来なくなって取り付けたフェライトクランプを全て取り外しました。面白いのは、一個ずつ外していくことで徐々に音色が明るく、響きが豊かになっていくのが感じられたことです。このキンキラの明るさは本来歪みに由来する音なんでしょうけれども、こちらの方が私好みの音質ですので仕方ありません。フェライトコア一個の有り無しだけではブラインドでは絶対に判別できないような微妙な違いを感じ取る・・・程度の印象差なのですが、30個は流石にやり過ぎだったのかもですね・・・。結局元々あった13個以外の追加分を全て外してしまったのですが、なぜか元の音には戻らない・・・orz。まだフェライトコアで付加されたバイアスが1/3位残ってしまっているような。。。これはこれで悪くない程度のほんのりした影響ですけれども。これってクランプしたコードが帯磁したって事のかなぁ。アコーステッィクリバイブのRD-1でケーブルを消磁したら治ったりしてw 治ってもまたそれとは別にRD-1によるキャラクターが乗るんですけれどね・・・。なんだか今まで使っていた13個もこの際外してみたくなったのですが、まぁ放っておけば経時変化で気にならないレベルまで元に戻るか、耳が慣れて判別不能になるとは思うので気長に待ちますか。。。

core_xpd18mk2おまけ。フェライトクランプによる音質ですが、実はコレPSオーディオの電源ケーブルの音色に似てる・・・というか殆ど同じ傾向です。メインシステムで使っているPS AUDIO XPD1.8 MK2電源ケーブルのレビューはこちら

響きとか明るさとかは苦手で、デッドでモニターライクで生真面目な音が好きな人はフェライトクランプを沢山使うと好みの音になって狂喜乱舞できるかも。あと高域より低域の重さ重視の人にもお薦め。それらとは別に耳が悲鳴を上げるような歪みっぽい高音を出す機器にはかなり有効です。とりあえず聴ける音にするには直接電源ケーブルへフェライトコアを噛ます、、、これは管理人が昔から取っている方法。その他にはLANケーブルやパソコン本体、モデム、エアコン、冷蔵庫、蛍光灯、インバータ式の諸々等には精神衛生上w適宜使用した方が良いかと思いますので、副作用が出ない程度に程々に使うことは推奨しておきます。

ちなみに今回箱ピュア管理人が"フェライトコア"を大量購入したのはYahoo!オークションです。ここだけの話、パッヶージ入りでばら売りされている市販の10分の1くらいの値段でした。すけさんがヤフオク!経由を教えてくれなければ普通に購入してしまうところでした・・・(滝汗) (2017年追記:近年ではAmazon.co.jpや楽天市場などでもバルク品を安価で入手できるようになってます。)
《Last modified 2017/1/22》

ピュアオーディオRANKING←凶電界エントリにテポドンクリック♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!