箱庭的ピュアオーディオシステムの紹介@2011 Summer。手始めは書斎にあるサブシステムBの紹介からいってみま〜す。

箱ピュアブログを始めた2005年はこ〜んな感じだった筈ですが、
TL5100Z/タグマクラーレン60i
2005年秋頃はこうなりましが、後でONKYO A-1VLのセットは別の場所に移動し、
a-1vl&dv-545

2008年頃にはこんな風になって、
arcam-tagmclaren-audiopro

2009年は"Audio Style"で何も報告しないままでこんな事をしていて、
EPOS_EMF_ARCAM_CD72T

2011年の今はこんな感じに。6年間で全部入れ替わってます・・・(๑´ڡ`๑)。
CREEK CLASSIC SOUND SYSTEM
画像では良く判りませんが、1枚目のスピーカーはスウェーデンのオーディオプロ Image11。4枚目はImage12。入れ替わった機器はそれぞれ別のシステムへ移動になりました。

サブシステムBは"クリーク"で知られるイギリスのCreek Audio社を中心に組んだ文字通りの箱庭的ピュアオーディオシステムです。ここ2年、クラシックの音楽再生に関して一番稼働率が高いのがこれ。BGMとしても長時間聴き疲れしませんし、こうやってブログエントリを書いている時も後ろで音楽を流しています。NHK-FMを聴いているのも大抵はこのシステムか車の中です。

DENON TU-1500NFMチューナーのDENON TU-1500Nは左側のデジタルピアノの上にあります。サブシステムBは2009年に療養でBlogを休止する少し前に現在の形になっていたのですけれども、当時のゴタゴタでレビューを書けないまま時が過ぎてしまいました。2年越しになりますがあらためて2011年現在の組み合わせを紹介してみたいと思います。

◆スピーカー (スウェーデン) audiopro Image12
◆CDプレーヤー (イギリス) CREEK CLASSIC CD
◆プリメインアンプ (イギリス) EMF Audio Sequel2
◆FM/AMチューナー (日本) DENON TU-1500N
◆FMアンテナ (日本) DXアンテナ Digicatch US100AW

◆スピーカーケーブル (スウェーデン) Supura CLASSIC 2.5H
◆RCAケーブル/CDP (日本) ISODA HA-08PSR
◆RCAケーブル/Tuner (アメリカ) STEREOBOX HDSE

◆電源ケーブル/CDP 新光電機工業 無印(PureVision 付属品)
◆電源ケーブル/AMP (日本) CHIKUMA WISDOM AC
◆電源ケーブル/Tuner (日本) OYAIDE L/i15dpc
◆壁コンセント (日本) Panasonic WN1318

◆インシュレーター/CDP (アメリカ) J1 project SP35HR/4P
◆インシュレーター/AMP (日本) audio-technica AT6098
◆インシュレーター/SP (日本) ONKYO AS-258
◆オーディオボード (日本) ABA(サンシャイン) A-40 

《注:工事中はリンク切れ若しくは暫定リンクにしています。今後のエントリで補完予定です。》


ほぇ〜、、、純ヨーロピアンのオーディオシステムのつもりでいたのですが、箇条書きにしてみるとメチャクチャ和洋折衷じゃないですか〜っ!(滝汗) まぁそれでも出てくる音は正真正銘のヨーロピアンサウンドだとは思ってます。うちのシステムで一番クラシカルでヨーロピアンテイストなサウンド・・・・・それも英国風味。音質の良さではメインシステムサブシステムAには敵いませんが、適度な音楽性と耳当たりの聴きやすさでは一番かも。ウォーム且つナチュラルで響きの良いアコーステックな音質です。現状では稼働率ナンバーワンのシステムになっています。
《Last modified 2015/8/12》
箱庭的ピュアオーディオシステムの紹介@2011 Summer
EMF Audio(Creek) Sequel2 プリメインアンプ レビュ〜その1

ピュアオーディオランキング←誰もクリックしてくれないよ〜(^^;♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加