箱ピュアBlog製作用の母艦もといPCとして、これまで使ってきたのは2011年始に購入したASUS UL20FT-2X034V。プライベートなWeb制作用パソコンとしては1999年より通算5代目となります。

初代 1999-2003 SHARP Mebius PC-PN10 Intel Mobile Celeron 300MHz Win98⇒Win98SE
PC-PN10

2代目 2003-2011 Panasonic Let's note CF-T2AW1AXR Pentium M900MHz WinXP
レッツノートcf-t2

3代目 2004-2009 HP d325 SF/CT Athlon XP 2400+ 2.00Ghz WinXP
HP_d325_D330

4代目 2009-2014 HP Compaq d330 SF Pentium4 2.66GHz WinXP (中古)
HP_d330_dc5000

5代目 2011- ASUS UL20FT-2X034BK Celeron Dual-Core U3400 Win7⇒Windows10
ASUS UL20FT

6代目 2017- ASUS VivoMini VC65-G108Z Intel Core i5-6400T Windows10
ASUS VivoMini VC65


ガジェットに必要以上に愛着を持つ箱ピュア管理人ですので、こう並べると自分の黒歴史内では壮観なのですけれども、余所様から見ると選択肢が割とお馬鹿としか思えない低スペック機がずらぁりですわね・・・(^◇^;)。そもそもあまりスペックにこだわらない見かけ重視のお馬鹿さんですのでこうなったのですけれど、HP機では外観すらおざなりで、単に中身の割に安かったからといぅポリシーの無さ。ピュアオーディオではカタログスペックと音質(表現力)の相関性はほぼ無関係くらい乏しいと思うのですけれど、PCはスペックこそが絶対的な戦力で他要素はお飾りみたいなものですから、演算性能にこだわらないってのは全く以て非合理的な思想だというのに。。。(苦笑)


ちなみに昔から全艦アニメキャラの名前を付けているのは公然わい・・・じゃなくて・・の秘密です(*゜∀゜*) こんな中でも後述する新しい6代目のASUS VivoMini VC65-G108Zは、導入時点で初めてのまともな最新鋭ミドルスペック(ミドルハイクラス?) デスクトップ母艦になりますので、ここは兎に角ルンペンブログタリアーティストとしての作業性向上に大変な期待をしているのでございます♪


ASUS UL20FTは度重なる改修のおかげで、2017年始までなんとか無理くり6年引っ張りました。当時から低スペックネットブックのなかではややマシなCULVモバイルノートという位置付けでしたけれども、ASUSの独自仕様で33%オーバークロック可能なのが救いでした。Celeron U3400 1.06 Ghzを1.41Gで常時運用することが出来、Zenbookシリーズの中でもAtom機なんかはと違い、見た目と裏腹にそこそこマルチに使えるモバイルノートではあります。
UL20FT_Windowsエクスペリエンス
ただ、運用3年目くらいから周りと比べてそろそろWeb表示が体感で遅くなってきたような印象もあり、2014年にSSD化とデュアルメモリ4GB→8GB化、16年にWindows10にアップグレードなど、効果的な改修が運良く続いたお陰で結果的に6年持ちこたえた感じですけれども、2017年となってはもうさすがに時代遅れ感が否めません。でもまぁ無償でWindows10にアップグレードできたのは本当に大きかったです。Windows10はWindows7と比べて基本動作が軽いですので、これで今後の運用可能期間をそれなりに延長する事が出来ました。冷凍サンマのような眼差しでビルゲイツのメガネに感謝したいです♪

これまでASUS UL20FT-2X034Vに施した改修は以下になります。

 ・2011 内蔵Intel無線LAN IEEE802.11b/g/n ⇒ b/g/n+UX WiMAX対応モデム に換装
 ・2011 メモリ増設 Micron(ELPIDA) 2GB+Transcend 2GB デュアル(合計4GB) DDR3 PC3-6400
 ・2014 メモリ増設 Transcend×2 4GBデュアル (合計8GB)
 ・2014 HDD Seagate 320GB 5400rpm ⇒ SAMSUNG SSD EVO840 250GB
 ・2016 OS Windows7 Home Premium 64bit ⇒ Windows10 Home 64bit
 ・今後の予定。UL20FT 互換バッテリーへの交換(6年持った純正バッテリーがかなりへたってきたので)

そもそもASUS UL20FTは、2010年当時の箱ピュア製作母艦だったHP d330と、サブノートPanasonic Let's note CF-T2(共にWindowsXP )の老朽化に伴い、主力母艦を導入する前の繋ぎとして、護衛艦のリプレイスを先にする形で導入したのですが、意外と使い勝手と性能が良くてそのまま母艦化してしまったという経緯だったりします。※トラブルつきまとうWindowsパソコンは本来、最低でも2台を平行して運用するのが基本だと思ってます。とは云え、ルンペンブログタリアーティストとして、よくもまぁこれだけ基本スペックの低いモバイルノートを主力として6年も使い続けたねって、自分で云うのもあれですが、ぶっちゃけ予算の都合から母艦の新規導入をずるずる引き延ばしただけの、ブログタリアにあるまじき体たらくなのでございまする。。。(^◇^;)


現状、ASUS UL20FTで抱える問題点ですけれども.........

一番は、最近の画像と各種スクリプトが多用されたウェブサイトの表示が遅い。広告やスクリプト画像の多いニュースサイトや楽天市場とかYahoo!Shoppingとか、ページ毎の表示が完了するまでに10秒くらいかかります。Amazon.co.jpですらワンテンポ遅れる。それに伴う作業性の悪化。タブを沢山開いた際、開いたウェブサイト側に問題があるとしばしばフリーズしたりする。クリーンインストールで幾許かマシにはなるのですが、許容できるほどにはレスポンスが改善しません。作業用のトリプルディスプレイでの表示がやはり根本的問題で、ノート本体のモニタだけでしたらここまで気になるほど重くはないのですけれども、デュアルにするともう割と辛い。SSD化で基本動作が速くなっても、Celeron U3400の内蔵GPUがもう現代ウェブサイトの重さには無理ゲーなのでしょう。

AREA スパイダーH SD-U2VDHって使い物になるの!?@ノートPCでトリプルモニタ・・・ ぱ〜と7

トリプルディスプレイのためにUSBディスプレイアダプタを使用していることを以前に書きましたが、DisplayLink内蔵チップ用ディスプレイドライバは、ファームウェアが更新される度に動作が徐々に重くなってしまう問題があり、UL20FT上で快適に使用するために初期(製品同梱)のドライバを敢えて使い続けていたのですけれども、これが流石にWindows10では使えません。Windows10にアップデートした後には最新ファームウェアを使用せざるを得なった結果、USBディスプレイアダプタ側の表示でマウスカーソルがガビガビもたついたり、3画面表示中にPCの動作がもっさりするという状態に。。。残念ながら軽作業以外でのトリプルディスプレイでの運用は現状厳しくなって参りました。


Webサイト製作は3画面で数十のタブを同時に開きながらになるのですが、ショートカットキー使いまくりで個人的に 使いやすいIE11での作業中が厄介なのです。特にLivedoorBlogの管理画面で入力中にブラウザが落ちまくり。それがATOK sync でかな入力している時に頻発するという・・・。どうもクラウド経由で推測変換候補を出した瞬間に落ちるよ〜な・・・orz LivedoorBlogの管理画面は、落ちても直前の作業がブラウザに自動バックアップされているので助かりますけれども。

その他にもWindows10にしてからIE11の表示にまつわる原因不明のエラーが多発。これもたぶんGPUの能力不足が発端みたいで、作業ブラウザをChromeにした場合は動作安定します。Chromeならまだ何とかいける。。。Windows10を再度OSのみクリーンインストールしたらIE11も治るかもですが。。。ねぇ。
IXOS 109
ファンが五月蝿い。目の前50cm、モニター前のデスクど真ん中に置いてあるので仕方がないのですけれども、内蔵ファンの音がシュワワワキーン♪って地味に五月蝿いです。イライラします。購入当所は音質がマイルドで、ここまで気になる程には五月蝿くなかった気がするのですけれども、ファンってどうしても経年劣化するものですからね。アイドリング時はまだそれなりに静かですけれど、近頃は軽作業ですらCPUが100%前後でぶん回っているケースが多くなってしまい、相対的に五月蝿い。可能であれば同サイズの静音ファンか、無ければ新品パーツに換装したいところです。

という事で、これ以上、ASUS UL20FTをブログ製作用の母艦として今後も使い続けるのは事実上不可能と判断。これを機会に新規で最新の新造母艦を導入し、ASUS UL20FTは本来の役割であった筈のモバイルノート護衛艦に戻って貰うことにあいなりました。あくまで母艦サポート用のサブノートとしてバックアップ的にあつかう場合、2017年現在、とりあえず、まだまだしばらく現役続行可能な性能はなんとか維持していると思いまする。

巨大なデスクトップPCでまだ消耗しているの?
ミニPC ASUS VivoMini VC65を敢えて選んだ理由


ピュアオーディオBlogランキング←長い...自分で書いてて長いお(^^;)
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加