私はジャズに疎いので(かなりコンプレックス)、自分のブログでジャズについて語ることはあまりないのですが、昨晩観たNHKハイビジョンで、ニューヨーク在住のシンガーソングライター兼ピアニストである矢野顕子さんの日常生活について110分の特集番組が組まれていて、思わず最後まで見入ってしまいました。(注:2004年春に放送された番組の再放送です。)


内容はジャズミュージシャン矢野顕子の普段の生活をありのままに切り取ったドキュメンタリーで、特に何かのテーマがあるわけではないのですが、ちょっと変わった彼女の日常の中のこだわりの時間と空間を垣間見させてくれる、矢野顕子というミュージシャンの等身大のライフスタイルとリズムに触れることの出来る大変興味深い内容でした。
普段のコーヒーショップやグローサリーでのお買い物、キッチンに飾る切り花選び、女性らしいアートなこだわりがいっぱいの手紙の書き方など、彼女の音楽の持つチャーミングな魅力は、こんな日常の側面からも垣間見ることが出来ます。ピアノの調律を待つ間、猫と一緒にMacBookに向かったり、娘さんの坂本美雨(父:坂本龍一)と一緒の自宅のシーンでは、人前で風変わりでチャーミングな女性を装っている矢野顕子の目つきが変わり、普通のお母さんオーラになっているのが何気にシュール(爆)


そして、自宅以外にお金を貯めて手に入れた郊外のあばら屋。子供の頃からの夢で、すきま風が入ったり虫が入ってくるようなあばら屋が欲しかったそうです(笑) 農機具置き場のようなボロボロのバラックの内装を、ウッディな作曲スタジオに改装、真ん中には、さり気なく倉庫よりも高価であろうスタインウェイのグランドピアノが置かれているところがなかなか素敵♪ そんなお気に入りのプライベートスタジオで彼女がスイートな声でハミングしながらピアノに向かう作曲スタイルは、見ていて大変興味深いものでした。


実はオーディオマニアとして特に面白かったのが、番組内で彼女の新しいオーディオシステム選びをドキュメントした事です。10年来自宅で使っていたブックシェルフタイプのKRKスタジオモニタースピーカーの音が気に入らず、ついついヘッドホンでばかり音楽を聴いていた彼女。昔作っていた音楽にはこれで良かったけれど、マッシブすぎて今の自分には合わないと愚痴ってました。型番不詳、フォーカルの黄色い逆ハードドームトゥイーターのモデル。この時外していたスピーカーケーブルは多分モンスターケーブルXPHPかNMC。


彼女が訪れたニューヨークのオーディオショップでは、B&Wオンリーの試聴室で自分のCDを再生します。サイドラックにはARCAM(アーカム)SONY、あとMarkLevinsonらしきもの?が置いてありました。b&wn805その試聴室でトールボーイタイプのB&W CM4と(たぶん)とNautilus 805の音を聞き比べていたのですが、その時の矢野顕子さんの表情に注目。ノーチラス805を聴いているときは凄いしかめっ面です(爆)。感想としては、こっちは新しい音、良い音なんだけど別の次元みたいな事を言われてました。それで、結局彼女が購入したのは遥かに廉価なB&W CM4。N805からセレクターをCM4に戻すと思わずにっこり♪ スタジオでの自分の音は覚えているけれど、こちらはその音が出てる。スタジオと全く同じ音である必要はないけれど、録音時の音のニュアンスがちゃんと出ているのはこっちとの事です。←皆さんこの点に注目(笑) 私も事ある毎に書いていますが、オーディオは上位モデルで高価であれば必ずしも良いというものでも無く、用途によって、好みによっても選択肢は自ずと変わってくるものです。


B&W CM4あくまで私の想像ですが、番組画面越しの音質の違いからして、Nautilus805は高解像度でクリアだけれど悪く云えば空気感が冷たいきつい音。それに対してCM4にはより豊かな低域と箱鳴りの甘さも合わさり、アコースティックなライブ感が感じられたのではないでしょうか。残念ながらCM4は既に販売が終了したモデルで、現在は中古等で手に入れるしかありませんが、現在最もニュアンスが近い後継モデルとなるとB&W CM7になると思われます。先日発売されたばかりのCM7は、既に各方面で評価の高いB&W CM1のトールボーイタイプであり、世界的ヒットに品薄入荷未定状態。特に拘りがなければCM7の方がトータルでCM4を凌駕する質感とクオリティだろうと思いますが、ただ、出来れば矢野顕子ファンの方は、是が非でも、海外在庫か中古を見つけ出してでも、B&W CM4のオーナーになられては如何でしょうか?私なら絶対にそうします(笑) ご本人が自宅で聴いているサウンドを共有できる悦楽、これこそプライスレスです♪

B&W CM1 "英国発 新世代ピュアホームモニター"
B&W CM1、CMシリーズが割と突然に国内販売終了・・・(@_@;)

B&W CM7他にも、オールMacintoshの豪華な試聴室でハイエンドなマッキンサウンドを体験されていましたが、彼女曰くこれはきっとオーディオマニアの方が好まれる別世界の音で、自分はシュークリームの皮と中身を作る方なので、そこにストロベリーをトッピングしたりソースをかけるのはまた別の趣味。これはお皿からして違う。学校から帰ってきたばかりの子供には聴かせられない音。等々の爆弾発言をされていました(^^;)、いや、実際もっともな話ではありますが、オーディオにずぶずふ嵌っている管理人としましては、色々な意味で耳が痛いところでございます・・・(苦笑)


その後自宅に届いたCM4をNHKのスタッフと女性2人でやっとこ開梱し、重さに苦しみながらもなんとかセッティング(どうやらフローリングベタ置き)。その間もスピーカーの空箱で愛猫ぷうちゃんと遊ぼうとしたり・・・なかなかお茶目な方(笑) 猫ちゃんは猫ちゃんでスピーカーに興味津々の眼差し♪これ、絶対削ってやろうという顔でしたが、矢野さんが粗相をしないよう言い聞かせているところがまた頬笑ましくって◎。同じく新調したスピーカーケーブルは、色と太さを見た感じMonsterCableのZ1(超推測)をシングルワイヤリングっぽい。


他に矢野顕子さんがご自宅で使われているコンポーネントはKRKの時と同じものを流用。古い(90年前後くらい前のモデル?)SONYのプリメインアンプにCDプレーヤーがCDP-222ESD。SACDプレーヤーがSONY SCD-XB9でした。彼女はSony Musicの専属アーティストですが、案外リーズナブルなオーディオ機器を使われてますね。やたらとハイエンド機器を使われている皆さんは反省しましょう(滝汗)

⇒【楽天市場

そして、新しいCM4が奏でる音に矢野さんニヤニヤしながら一言「家の中でこんな良い音が聴けるなんてまるでお店やさんみたい♪」


うーん、この番組、録画してなかったのでまた再放送してくれないかしら?お願いNHK。BS2の「矢野顕子LIVE〜30年間 ずうっと気持ちいいわたしです」も一緒に。矢野顕子ファンのみんなリクエストしてくれ〜♪ (注:番組を録画せず、見終わった後の記憶に頼った記述ですので、言葉の意訳及び細部に間違いがある可能性をお断りしておきます。)
《Last modified 2017/10/17》
矢野顕子オフィシャルホームページ
矢野顕子SONYホームページ
坂本美雨ブログ ニクキュウ ブロローグ

ピュアオーディオBlogランキング←クリックして欲しいの♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
JAZZ に参加中!